プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語学習モノの強い味方現る!

無料で英語のeラーニング(ネットを通しての通信教育。詳しくはこちら)ができちゃうすごいサイトが登場しました。

そのサイトはiKnowというサイト。教材もすごく洗練されていて、これが無料とは信じられないくらい。Google検索で最初このサイトにたどり着いたときは、怪しいサイトかと疑ったくらい。でもご安心あれ。とっても良心的なサイトです。それが証拠に、AllAboutでもこのように紹介しています。

一番すごいのは初級から上級までの教材がそろっていること。特に上級の教材は中々手に入らない(お金を出しても)ので貴重です。 ちなみに上級者向けの教材では、語彙学習とディクテーションが中
心です。

語彙学習では同じ単語が繰り返し繰り返し、これでもかと出てくるのに加え、英語から日本語、日本語から英語の選択問題(4択と8択)、日本語を見て英語のつづりを入力する問題などあの手この手で迫ってきます。記憶の定着のためにとてもいい方法だと思います。TOEIC、TOEFL、大学受験、留学、ビジネス、旅行など目的別にメニューが用意されているのも憎い配慮。

英語を勉強されている方はぜひ一度お試しください。 iKnowのアドレスはこちら

これさえあれば、『えいご漬け』とか『えいご道場』なんていう有料の教材はもはや無用の長物かな。

ちなみにMixiのようなSNS機能も持っています。私はまだ使っていませんが。
スポンサーサイト

英検1級合格体験記⑮:2次試験準備で使った参考書たち

※前回の合格体験記はこちら



前回までで1次試験編は終了、今回からいよいよ2次試験編です。2次試験編初回の今回は2次試験の準備で用いた参考書をご紹介いたします。

READ MORE

英検1級合格体験記⑭:本番の戦略を立てる3(リスニング問題編)

※前回の合格体験記はこちら

前回は1次試験の筆記問題の本番戦略(受験テク)についてご紹介しました。今回はリスニングの本番戦略(受験テク)です。今回はさくさくっと質実剛健でいきましょう。写真もないし(;^_^ A

READ MORE

英検1級合格体験記⑬:本番の戦略を立てる2(筆記問題編)

※前回の合格体験記はこちら

英検1級1次受験コツさて、前回は問題の時間配分と目標得点を考えました。今回は問題ごとの戦略(解き方)を考えます。いわゆる「受験テクニック」のたぐいです。

何かを受験する際に最も重要なのは「合格できるだけの実力をつけること」であることは論を俟ちません。その実力に全く欠ける時には受験テクニックなど屁のツッパリにもなりませんし、一方合格ラインをはるかに超える実力がある時は受験テクニックそのものが必要ないでしょう。しかし、(私のように)実力が合否すれすれにあって1、2点の差が重みを持つときは、受験テクニックを考えておくかおかないかが合否を分ける可能性があります。「テクニックなんて」という方もあるかもしれませんが、合格のためには尽くせる手を尽くすべきと考える私は受験前に「受験テクニック」の検討も行いました。

READ MORE

英検1級合格体験記⑫:本番の戦略を立てる1

※前回の合格体験記はこちら

1次時間配分配点40前回までで1次試験に向けての私の勉強法についてはすべて紹介しましたが、これら各分野ごとの勉強(=実力養成)以外に私がやったことがあります。それは、本番試験における戦略を立てることです。戦略といっても大したことはなく、各分野・問題ごとの時間配分、目標点数、取り組み方などをあらかじめ考えておくという程度のことですが、これを事前にやっておくとおかないとでは結果に影響すると思います。

[1]時間配分
英検の試験は出題パターンが明確に決まっていますので、時間配分をあらかじめ考えておくことができます。これをやっておくと、問題を解くのにどれだけの時間の余裕があるのかないのか、どの問題に時間をかけてどの問題にかけるべきではないのかが明らかになりますので、やっておいて損はないでしょう。

READ MORE

英検1級合格体験記⑪:リーディング&リスニング編

※前回の合格体験記はこちら

さて、一次試験対策についてもいよいよ大詰め。リーディングとリスニングを残すのみとなりました。というわけで(・・・どういうわけだ?)、今回は出血大サービス! リーディングとリスニングのマル秘じっちゃん勉強法をまとめて紹介しちゃいま~す!

・・・なんて、ホントのところを言うと、この二分野に関してはあまり書くことないんですよね。だって、リーディングとリスニングの基本戦略がこうだもの。

★リーディング
 ・特別な勉強はせず、過去問・予想問題に取り組む。 
 ・通勤時に電車の中で原書を読む。
★リスニング
 ・特別な勉強はせず、過去問・予想問題に取り組む。
 ・通勤の駅往復(徒歩)時にipodでpodcastのニュースや番組を聴く。

  ※ 戦略の詳細については過去記事「英検1級合格体験記⑤受験勉強の戦略を
    立てる」
を参照。

ともに「特別な勉強はせず」ですからね。まあ、というのも、この2つについては過去の蓄積でどうにかなるだろうという思惑があったんですよね。

ちなみに過去の蓄積というのを羅列式に紹介しておきましょう・・・・。

READ MORE

英検1級合格体験記⑩:英作文編

※前回の合格体験記はこちら

前回から1ヶ月近く空いてしまいましたね。いかんですね。でも、その間いろいろありましてですね・・・って弁解してるヒマに早く本題に入ったほうがいいですね。

今回は英作文編です。この体験記の「⑤受験勉強の戦略を立てる」で「1次試験は、1にボキャブラリ、2にボキャブラリ、3、4がなくて5に英作文」と、第2重点攻略目標とした英作文です。

さて、その英作文についての基本戦略を再確認しておきましょう(戦略の詳細は過去記事「英検1級合格体験記⑤受験勉強の戦略を立てる」をどうぞ)。

★英作文
 ・参考書による勉強は『和文英訳の修業』の冒頭の基本文例500を覚えるところまで。
 ・後は実践的勉強に専念。すなわち、過去問・予想問題をたくさんこなす。

さて、これがどうなったでしょうか?

『和文英訳の修行』の例文暗唱は予定通りまじめにやりました。『Pass単』同様Excel単語帳方式です。それではその単語帳というか例文集の一部をお見せしましょう。

READ MORE

英検1級合格体験記⑨ボキャビル編その4

※前回の合格体験記はこちら

ボキャビルの話は前回までで主要なところは終わっていますが、まだ若干書き残していることがありますので、今回それを補ってボキャビル編を終わりにしたいと思います。

実はボキャビルにあたって使った参考書はこれまでにあげたもの以外に何冊かあります。まずはそれをご紹介しましょう。

なかでも最も役に立ったのはコレです(↓)。

Marvin Terban / Scholastic Reference(2006/07)
Amazonランキング:9799位
Amazonおすすめ度:

READ MORE

アフター英検1級 ~リスニング力強化中~

X Minus OneDragnetMystery Theatre

英検1級に合格した瞬間喜びとともに感じたのは「こんな実力で『英検1級です』なんて言っていいもんだろうか」という戸惑いめいた感慨です。

基礎力(語彙、文法)、インプット力(リーディング、リスニング)、アウトプット力(ライティング、スピーキング)・・・どれを取ってもまだまだ満足できるレベルからは程遠い実力ですが、中でも特に強化の必要性を痛感させられるのはリスニング力です。

実力的にはライティング力やスピーキング力の方が酷いとは思うのですが、これらは今の状況では使う場面がほとんどないため切実な問題となりません。それにライティングやスピーキングは自分の能力の範囲で表現できることを自分のペースで表現すればよい(思ったことを的確に表現できないもどかしさはあるにせよ)のに対し、リスニングは相手が相手のペースで話してくることを理解することが求められます。

READ MORE

英検1級合格体験記⑧ボキャビル編その3

※前回の合格体験記はこちら

2回にわたって『Pass単』による単熟語の記憶法について紹介しました。これが私のボキャビルの基本ですが、振り返ってみると、私のボキャブラリ増強の基本方針はこういうものでした。
------------------------------------------------------------
★ボキャブラリ
 ・『Pass単準1級』と『Pass単1級』を用いた単語帳(Excel版)方式を継続。
 ・余力があればもう1つ、2つボキャビル本をやる。
------------------------------------------------------------
2つ目に「余力があればもう1つ、2つボキャビル本をやる」というのがありますが、今回ご紹介するのはその2つ目の方針に関わるものです。必ずしも「余力」があった訳ではないのですが、結局やることになりました。『Pass単』だけではちょっと心配だったことに加えて、単語の勉強がすっかり面白くなってしまったこともあって。やることを決めたのは試験本番まで1ヵ月足らずの5月半ば。まさに泥縄ですが、『Pass単』が本命なので、こっちは中途半端で終わってもいいやというくらいの気持ちでした。

さて、『Pass単』以外にボキャビル本をやるとして、問題は「どのボキャビル本をやるか」ですが、この時も参考にしたのは「先達の教え」でした。すなわち、この体験記の第2回でご紹介した、英検1級合格者の方々のブログです。そうして目に留まったのが次の2冊です。


Murray Bromberg, Melvin Gordon
/ Barrons Educational Series Inc(2000/09)
Amazonランキング:2853位
Amazonおすすめ度:



Samuel C. Brownstein, Mitchel Weiner, Sharon Weiner Green / Barrons Educational Series Inc(1997/03)
Amazonランキング:244位
Amazonおすすめ度:


この2冊は今回の受験で大変お世話になった英検1級&TOEIC950点突破でキャリアアップをめざすBlogというブログで推薦されていたものです。早速アマゾンで調べてみたらなかなか評判がよろしい。ということで、すぐに購入いたしました。

そしたら親切なアマゾンさんのことですので、すぐさまさまざまな洋書ボキャビル本を推薦してくれました。その中から次の2冊を選んで購入しました。

READ MORE

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。