プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六十肩完治す

2014年10月に突如私を襲った右腕痛(六十肩?)については、これまで何度か経過報告をしてまいりました(1回目2回目3回目4回目5回目)。が、今回が最後のご報告になります。

実は昨日、めでたくもかしこくも、1年半の苦闘の末に右腕痛が完治したのであります。

最初は少し上に上げるだけで激痛が走った右腕でしたが、サーノ博士のTMS理論によった治療方法(わざと腕を痛めつける)という荒療治を続けた結果、やがて(数カ月後?)激痛が走ることはなくなり、日常生活に大きく差し支えない程度には回復しました。その後も少しずつ少しずつ症状は改善していったのですが、それでも腕を上へ上げたときに筋肉が突っ張るような痛みは最後まで残りました。それをいちばん感じるのが、お風呂に入って寝間着に着かえるときでした。

ところが昨晩、お風呂を出てシャツを着ようと腕を突っ張ったときに、なんと何の違和感も感じなかったのです(ビックラポン)。

万歳であります\(^o^)/、ブラボーであります。やっぱりサーノ博士は正しかった。TMS理論は正しかった。信じて続けてよかった。でも、1年半もかかったのは、ちと想定外。

しかし、何はともあれ、めでたし、めでたし。
.☆.+:^ヽ(∇ ̄*)o♪Congratulations♪o(* ̄∇)ノ^;+.☆. 
スポンサーサイト

さんざんな誕生日


今日はわが家のわんこ・クロ丸の8歳の誕生日。誕生日だというのに、昨夕の散歩中ちょっとしたことから右後ろ脚を痛め、びっこを引くようになってしまったので、今日は朝から病院。

レントゲン写真を撮るなどして診てもらった結果、膝蓋骨内方脱臼との診断。何でも、起きて立ち上がろうとした瞬間に発生することもあるくらいで、ちょっとしたことがきっかけで起きることもあるとのこと。昨夕も脱臼するような激しい事故は起こしていないのでナルホドと思う。

とりあえず痛み止めの注射をしてもらい、一週間ほど薬を飲ませて様子をみることになった。その間お散歩もお休み。

太り過ぎなのも原因のひとつだそうで(見た目は痩せているが、体重は理想より数百グラムオーバーとのこと)、並行してダイエットも行うことなった。

散歩の時間になると、本人は右脚をケンケンしながらやって来て、いつものように散歩を催促する(写真)。とても不憫で切なくなるが、心を鬼にして「今日は行けないの」と告げる。

大好きな散歩もできないうえに、この後の食事も減らされることになる。クロ丸にとっては散々な誕生日となってしまった(^▽^;)

ともかくも次の診察までにはよくなっていることを祈るのみ。

決勝戦

 夏の高校野球静岡大会決勝から戻ってまいりました。

 とにかく暑かった。13時試合開始なので11時にはチケット販売開始するだろうと思って(いくら調べてもチケット販売開始時間がわからなかったのだ)、11時前に球場に着いたのに、チケット販売&開門は12時とのこと。11時45分から販売開始したけど、その間炎天下で1時間待つ辛さといったら ……………………………………。

 球場に入ってからも暑い、暑い、ひたすら暑い。試合も熱かったけど。

 ともかくも、母校が勝ったからよかった。

 優勝したら甲子園にも行こうかと思っていたが、あの暑さには耐えられない(昔は平気で耐えてたんだけどね)。現場で観るのとTVで観るのとでは感動が違うのは確かだが、それも考慮してコスパを比較すると……、ね。

 やっぱ自宅でTV観戦することにした。

Smart Lock!



 前の記事で“Android 5.0 Lollipopにアップデートしたのに肝心の「スマートロック」ができない”と書いたが、できました!

「設定」の「信頼できるエージェント」で「Smart Lock」をオンして初めて「セキュリティ」画面に「Smart Lock」が表示される仕組みになっている。ネットで調べてわかったのだが、これでは分からない人が続出するだろう。まあ、ともかくヤレヤレである。

<スマートロックの機能>
 パスワードロックなどを設定していても、特定の場所にいるときや手持ちのBluetooth機器と接続しているときはロックが解除される。また、パスワードロック解除後手やバッグで持ち歩いている間は画面ロックされない。これは超便利!
 なお、アンロックにはスワイプが必須となったが、これは返って便利とも言える。これまでは、ポケットにスマホを入れていると、ロック画面で誤操作することがよくあったから。アンロックにスワイプが必要になれば、誤操作は減る(皆無になる)だろう。

※ 冒頭の画像は、Android 5.0 Lollipopにアップデート後のロック画面。

Lollipop!



 ソフトバンクのXperia Z3向けにAndroid 5.0 Lollipopの配信が開始された。国内各キャリアで初だという。

 かくいう私もXperia Z3のオーナーであり、先ほどアップデートの通知が来た。で、現在アップデート中。OS本体のアップデートだからかなり時間がかかる。アップデートを開始してから10分ほどたつがまだダウンロードは50%に満たない状況だ。

 Android 5.0 Lollipopにはかなりの新機能が盛り込まれているという。特に楽しみなのは画面ロックの使い勝手がよくなること。自宅にいるときや、自分の手やバッグで運んでいるときはパスワードなしでもロックが解除される。アップデートが終わるのが楽しみだ。

【追記】
アップデート完了! 新機能の確認はこれから。なお、お知らせメールにはアップデートに「最大」25分かかると書かれているが、私の場合1時間以上かかった。

【追記2】
最も楽しみにしていた「スマートロック」機能がサポートされていない。それどころかこれまであったBluetoothアンロックもなくなっている。信じられない! もうがっかりなんてもんじゃない。アップデートするんじゃなかった。

【追記3】
「スマートロック」できました! 次の記事参照。

静岡大会決勝へ

 わが母校(静岡高校)が2年連続で夏の高校野球静岡大会決勝に進出した。

 でぼくも明日、2年連続日帰りで球場(もちろん静岡)まで足を運ぶことにした。今翻訳で忙しいのだが、そんなことは言っていられない。

 祈優勝!

キャンパス寄席に行く

当選はがき_convert_20150527072654

 NHKの番組収録観覧に応募すること苦節何十回(詳細不詳)、ようやく『キャンパス寄席』なるものに当選。昨日(5月26日)会場である國學院大學渋谷キャンパスまで足を運んで観覧させていただいた。(冒頭の写真は当選はがき)

國學院正門_convert_20150527072329

 その話をする前に國學院大學。日本でも最も古い私立大学のひとつであり、神道学科があるのはここと三重の皇學館大学のみ。そうした背景や名前の印象から古色蒼然としたキャンパスを想像していたのだが、中に入ってみると、新しい建物ばかり(しもた。写真撮るの忘れた)。ひと言でたとえれば、近代的な総合病院の趣き。後で聞いた話だと数年前に130周年を記念して大規模な改築・改装がされたそうだ。

 しかしそんな中にも「らしい」ものが残っていた。

國學院神社_convert_20150527072503

 キャンパス内にある神社。小さなお社は別として、大学内にこんなちゃんとした神社があるのは珍しいだろう。もちろん、『キャンパス寄席』を観覧する前にちゃんとお参りしておいた。

行列_convert_20150527072621

 さて本題の『キャンパス寄席』の話に移ろう。会場(百周年記念講堂)には開場(午後4時半)の1時間以上前に着いたのだが、もう30人くらいが待っていた。お年を召した方が多く、その中に若い学生がちらほら混じっている。

 外で待つこと1時間、ようやく会場に入る。撮影が禁じられているので、残念ながら写真はない。広い立派な講堂で、椅子もクッションが利いていて座り心地がよい。唯一前の座席との間隔が狭いのが難点か。

 会場で待つこと30分。ディレクターによる注意事項の伝達、拍手や発声の練習などがあってから、いよいよ収録開始。

 その内容は期待をはるかに上回る素晴らしいものだった。漫才あり、落語あり、トークあり、学生のアトラクションあり、そのどれもがクオリティが高く(※1)、3時間あまり大いに笑わせてもらった(※2)。おまけに、番組収録の裏舞台(スタッフと出演者のやり取り、NGの撮り直し、手違いがあった場合の対応など)も見られて、もう言うことなし。

※1 特に漫才はどれも素晴らしかった。中でも、サンドウィッチマンは「さすが」のひと言。笑い過ぎてお腹が痛くなった。
※2 しかもタダ。


 司会やアトラクションを担当された國學院大學の学生さんも、美人イケメンぞろいのうえ、(内心は相当緊張しているだろうが)堂々と出演者と渡り合っており(※3)、「さすが現代の若者」と感心させられた。また、なかには神主志望の女学生もいて大学らしさが出ていた(※4)。

※3 「神道学科があるのは日本ではここと三重の大学のふたつだけなんですか!」と発言したサンドウィッチマン伊達に対して、女子学生が「『日本では』というか、神道があるのは日本だけなので……」と突っ込んでいた。
※4 「女性が神主?」と思ったので帰って調べてみたら、戦前は神主は男性に限られていたが、戦後は女性でもなれるようになったそうだ。


 7時20分終了の予定が若干押して、7時45分に収録終了。いやあ、タダでこれだけクオリティが高い芸が観られるとは。もう癖になりそうである。『キャンパス寄席』には毎回応募しようっと。もちろん、近場でやるときだけだけど。

 ちなみに、『キャンパス寄席』はラジオ番組なので、残念ながら観客の映像は映らない。今回は2本分が収録され、6月27日と7月25日にNHKラジオ第一で放送される。放送時間はいずれも午前10時5分~10時55分。

立ち食いでステーキ



 ちょっと訳あって渋谷に来ている。駅そばに今話題の立ち食いステーキの店があるというので、そこで遅めのランチ。



 平日の午後3時前ということで、並ぶことなくすんなりと中に入ることができた。



 リブロースステーキ。重さは自由に選べて、1グラム5.5円なり。200グラムでよかったのだが、最低300グラムというので、やむを得ず300グラムをチョイス。

 それにしてもすごいボリュームてある。食してみた。うまくはない。「安くて美味しい」を期待していたのだが、それはなかった。値段相応の味である。焼き加減をミディアムで頼んだのに、ほぼウェルダンになっていたのも残念である。

 しかし、ディナーの帝王とも言うべきビーフステーキを立ち食いのファーストフードにしてしまうという発想はすごい。

 今日は夕飯は抜きだな。

ネパール地震被災者への募金

ネパール

 ネパール地震の被災者に対する募金活動をいち早くYahooが開始しています

 東日本大震災の際には各国から数々の好意が寄せられ、日本国民は大変勇気づけられました。そのお返しの意味もこめて、ぼくもささやかながら募金させていただきました。これをご覧のみなさまも、まだでしたら、ご検討をお願いいたします。

 これ以外にも国際赤十字などでも募金できるようです。ネットで検索してご確認ください。

参考url: http://rocketnews24.com/2015/04/26/575334/

『噫無情』

mainpage4.jpg


 昨日(4/25)は夫婦ともども有楽町の帝劇で『レ・ミゼラブル』を観てきた。

 実は先ごろ「都民劇場」(演劇サークル)という観劇会に入会したのだ。入会すると半年で5つの演劇が観られる。それも有名どころばかり。しかもミュージカルだけでなく、新劇や宝塚、歌舞伎などもラインナップされている。会費はちとお高いが、観劇5回分の値段よりははるかに安い(例外を除き追加費用はいらない)。しかも席もかなりいい席が取れる。観劇好きな人はお買い得である(※)。そうそう、自分で演劇をあれこれ探して手配しなくとも、お仕着せでメニューが提示され、「これを観たい」と言えば、勝手にチケットが送られてくるのも、無精者には魅力である。

※1 ただ、ぼく的には、半年で5回というのは多い。半年に2回、いや1回でいいのだが。

 四季劇場のミュージカルを観て感動し、老後の楽しみに観劇を加えるのもいいなと思ったのもあるし、日ごろ四国遍路だの東海道だの板東観音巡礼だの、ひとりでホイホイ出かけていることに対する妻への罪滅ぼしの意味もある。

 さて、『レ・ミゼラブル』である。これが観られるというのが都民劇場に入った動機のひとつだったくらいの憧れのミュージカルである。

 しかし、だが、いや、これは、残念ながら、やや期待外れの結果に終わった。

 通常のミュージカルではなく、すべてのセリフが歌になる、言ってみれば現代版オペラである。そのためセリフが聞き取りにくく、何を言っているのか、どんな話が進行しているのかがわかりずらい。歌はもちろん素晴らしいが、ずっと声を張り上げて歌いづめのため、クライマックスの連続という感じで気を抜けるところがなく疲れる。盛りだくさんの内容を3時間弱に詰め込んでいるため、話の展開が早すぎ、あらすじを観せられているよう。

 これだけ評判のミュージカルだけに、観劇する側のぼくに問題があるのだろうが、ともかくぼくには合わなかった。残念。ただ、最後のカーテンコールにはやはり感動させられた。観客と役者たちの間に連帯感が生まれるのはやはり生の観劇のよさのひとつである。



 帝劇のある有楽町には全国各地のアンテナショップがたくさんある。観劇の前に、そのうちの高知と石川、山形をはしごした。写真はそのうちのひとつ。 
カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。