プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的殿堂入り本:本の本編

このブログの本来の趣旨(書評です!)からは少し外れて英語学習(これも副次的テーマではあるのですが)に関する話題が続いたので、ここらで本来の話題を。

僕は書評を書くのも好きですが、書評を読むのも好きで。最近雑誌はあまり読まなくなったので雑誌の書評はめったに読みませんが、新聞・インターネットの書評は(とても)よく読んでいます。書評本も好きで、面白そうなのが出るとつい手が伸びてしまいす。

以下にご紹介するのはかつて僕が読んだ書評本の中でも飛び切り面白かった書評本11本です。おススメです。

※なおこれらはかつてアマゾンに「リストマニア」として投稿したものに+α したものです。

----------------------------------------

名著「小説世界のロビンソン」を改題。取り上げられた本が読みたくなる度No.1。読み物としても面白く、書評を通して著者の人生や人生観が浮かび上がってくる。


20世紀100年のベストセラーを縦横無尽に切った快著。定番の名作でも二人にかかったら形無し。納得のいかない点も少なくないので、そこらあたりを突っ込みながら読めば興趣が増す。
 ※実はこの本のタイトルがこのブログの名前のヒントだったりして。
 ※その後斎藤美奈子さんにもそのものずばり「誤読日記」という著書があることを知りましたが、
  そういうわけでそれはこのブログの名前とは関係ありません。斎藤さんの本もいずれ読んでみたい。

READ MORE

スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。