プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流星ワゴン


この本には読む前からかなり入れ込んでました。なんせ『本の雑誌』2002年度ベスト1ですし。大好きなタイムトラベルものですし。

タイムトラベルものってもう傑作目白押しですよね。

北村薫『スキップ』★★★★
 著者の「時と人」三部作の中でダントツに好き。もう切なくて。松坂慶子主演のTVドラマもよかった。

広瀬正『マイナス・ゼロ』★★★★★
 あまり評判になっていないのが不思議かつ悔しい。日本の、いや世界中のタイムトラベルものの最高傑作です。だまされたと思って読んでみてー。

広瀬正『エロス』★★★
 これも同じ著者の傑作。残念ながらアマゾンでは見つかりませんでした。(絶版?)

筒井康隆『時をかける少女』★★★★
 ご存じ、何度も映画・ドラマ化されている名作。胸キュン度では1,2を争います。

宮部みゆき『蒲生邸事件』★★★
 著者の作品だから面白さは保証つきだけれど、タイムトラベル以外に殺人事件、二・二六事件も放り込んでちょっと欲張りすぎの感。その分タイムトラベルものとしての感興はそがれてしまってる感。

ハインライン『夏への扉』★★★★
 言わずと知れたタイムトラベルものの古典的名作。読んだのがずいぶん昔なのでどれくらい面白かったかは正直忘れてしまいましたが....(;^_^A

ケン・グリムウッド『リプレイ』★★★★
 「人生やり直し」ものの大傑作。北村薫の「時と人」三部作、宮部みゆき『蒲生邸事件』、そして今回紹介する『流星ワゴン』は明らかにこの作品に触発されています。

僕が持ってはいるんだけれど読んでいないものの中でも、ジャック・フィニィの『ふりだしに戻る』『夢の10セント銀貨』、浅田次郎の『地下鉄に乗って』があり、これらも傑作の呼び声が高いです。

で、この『流星ワゴン』はこれらの傑作群と比較してどうでしょうか。

READ MORE

スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。