プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Road to EIKEN-G1"休眠のお知らせ

管理人が英検1級を目指す様子を描いて好評連載中の(?)"Road to EIKEN-G1"(英検1級への道)シリーズですが、以下の理由により当分休眠させることにしました。

<休眠の理由>
① 本来このブログの目的である書評を始め他に書くことがたくさんあること
② 当初英検1級に向けての奮闘振りをリアルタイムで記事にする予定だったのが、①の理由+記事作成の苦労から困難になっていること
③ 英検1級へのチャレンジをやめたわけではなく、今でも勉強は続けているが、ブログの方が面白くなったことも一因となって当初に比べてやや熱が冷めていること
...など

このシリーズを楽しみにしていてくださった方(ンな人いないか)には申し訳ありませんが、なにとぞご了解願います。状況or気持ちの変化があったら再開することもあるかもしれません。
スポンサーサイト

三屋清左衛門残日録

久々に藤沢周平さんの作品を読みました。

藤沢さんは好きな作家のひとりです。といってもファンと呼べるほどではなく、これまでに読んだのは以下の6作だけです。あるデータベースによると藤沢さんの著作(小説)は単行本ベースで68作あるそうですから、一割にも達しません。

  『用心棒日月抄』 ★★★★
  『消えた女』 ★★★
  『漆の実のみのる国』 ★★★
  『市塵』 ?(未評価)
  『蝉しぐれ』 ★★★★
  『闇の傀儡師』 ?(未評価)
 
藤沢さんの最高作といわれる『蝉しぐれ』がやはり僕の評価でもNo.1になっています。★5つではなく☆ひとつマイナスした理由は今となっては覚えていません。

今回読んだのは、やはりこれも世評の高い『三屋清左衛門残日録』です。

この作品は主人公の三屋清左衛門が隠居するところから始まります。

隠居前には悠々自適の生活を思い描いていた清左衛門ですが、実際に隠居してみると、藩邸に赴く必要もなく終日一人の客も来ない毎日に、清左衛門は「世間から隔絶されてしまったような自閉的な感情」「異様なほどの空白感」に襲われます。現代の定年退職者とまったく同じですね。思わず苦笑するとともに、おおいに共感を覚えました。

もちろん小説ですから、このまま清左衛門の隠居生活を淡々と描写し続けるというわけにもいきません。

READ MORE

生首に聞いてみろ


本格ミステリファンとしてはずっと気になっていた作品です。何しろ2005年度本格ミステリ大賞受賞作品ですから。

新本格御三家(※)のうち法月綸太郎さんだけはちょびっと肌が合わなくて、これまで「頼子のために」と「雪密室」しか読んでないんですよね。この二作も水準以上のできではあるんですが、傑作と評するまでにはいたっていません。
 ※綾辻行人、有栖川有栖、そして法月綸太郎

肌が合わない理由は自分にもよくわかりませんが、法月さんがハードボイルドにも傾倒していて、本格とハードボイルドの融合的なことを試みていること、それが中途半端に感じられることが理由として挙げられるかもしれません。

でも、この本はずっと気にはなっていたので、北海道出張で読む本がなくなった際に(※)購入し、読み始めました。
 ※7/22の記事「地下鉄(メトロ)に乗って」参照。

で...。

さすが本格ミステリ大賞を受賞しただけあって、本格としての結構はかっちりとしていて隙がありません。終盤における謎解きではパズルがピタッピタッと収まるところに収まっていき爽快感があるとともに、意外な伏線に「あっ、あれが伏線だったのか」と驚かされる快感があります。

READ MORE

僕の読書作法

他の方はどうなのかわかりませんが、僕は複数の本を同時並行で読むのが常です。それも、退屈することが嫌いな人間なので、あらゆるところで読んでいます。徒歩通勤中に、通勤電車で、トイレで、お風呂で、寝床で。

徒歩通勤中は、歩きながら本を読むわけにも行かないので(といいながら、時々やってますが(;^_^A )、CDなどをICレコーダに録音して聞いてます。

通勤電車の中(これが読書の主戦場です)では、比較的重くて集中して読んだ方がよいようなものを読みます。それも2,3冊常に携行して、気分に合わせてとっかえひっかえして読みます。

トイレ(本棚がありまーす)では、コミックスや軽いエッセイ、対談ものなど細切れで読んでもかまわないものを、お風呂ではエッセイものや歴史読み物など、トイレほどではないけれど細切れに読んでも大丈夫なものを。

寝床では、寝つきがよくなるような軽い読みもの、あるいは読んでて眠くなるような学術的なものを読みます。

ちなみに、今現在読んでいる本は以下です。

*徒歩通勤中に
 古典落語入門ベスト(キング)・・・CDをICレコーダに録音したもの

*通勤電車の中で
 生首に聞いてみろ(法月綸太郎、角川書店)
 The Original Illustrated "Strand" Sherlock Holmes(Arthur Conan Doyle)
 三屋清佐衛門残日録(藤沢周平、文春文庫)
 ※もう一冊仕事の参考書

*お風呂で 
 探偵小説四十年(上〉―江戸川乱歩全集〈第28巻〉(江戸川乱歩、光文社文庫)
 
*トイレで
 ケロロ軍曹 (7)(吉崎観音、角川書店)
 
*寝床で
 イン・ザ・プール (奥田英朗、文春文庫)
 うつうつひでお日記(吾妻ひでお、角川書店)

こうして数えてみると随分な数になりますね(;^_^A
ちょっと整理したほうがいいかも。

皆さんはどのような読まれ方をしているのでしょうか?

五つのオレンジの種


ホームズ全集の『シャーロック・ホームズの冒険』5作目。原題は"The Five Orange Pips"。

前回の'The Boscombe Valley Mystery'(日本題「ボスコム谷の惨劇」)は『冒険』初の殺人ものでしたが、こちらは『冒険』初の連続殺人もの。

あるときある人物のもとにオレンジ種が5粒入った封書が送られてきます。するとまもなく、その人物がきまって不可解な死をとげるのです。しかし、その死はいずれも一見事故死のように見えるため、警察は事故として処理してしまいます。

ホームズへの依頼人もそのオレンジ種が5粒入った封書が送られてきた人物。警察に言っても取り合ってくれないためホームズのもとに駆け込んだというわけ。

ホームズはその依頼人を殺人鬼の手から守れるのか?というのが物語最大の興味となります。その興味に加えて、5粒のオレンジ種の意味は?連続殺人の背景にある共通した動機は?そして犯人は?といった謎も加わりますので、結構わくわくします。

で、その"わくわく"に作者はどう応えてくれるでしょうか?

READ MORE

ブログの更新

仕事で新たなるプロジェクトを任せられることになり、仕事量が急増しました。その結果、時間的にも精神的にも余裕がなくなりつつあります。したがって、これまで毎日のように更新してきたこのブログですが、今後はそうも行かなくなりそうです。そもそも、ブログのネタである読書量が減りそうな気配もありますので。

せめて2日にいっぺんは更新したいと思いますが、どうなることやら...( -。-) =3

暖かく見守っていただけるとうれしいです。

「評価基準」をちょっと変更

「じっちゃんの評価」の評価基準をちょびっとだけ変更しました。

●変更点
 ★★★ 水準作 ⇒ 水準作。読んで損なし
 ★★ 時間と金の無駄でした ⇒ 読む価値なしとは言いませんが...
 ★  噴飯モノ ⇒ 駄本

変更した理由は、僕が以前からつけている読書記録の評価と合わせるためです。変更といっても、実質的な変更は"★★"の若干のランクアップのみですが。

これに伴い『聖女の島』の評価を★★から★☆に変更しました。他は変更ありません。

地下鉄(メトロ)に乗って

『流星ワゴン』に続き、タイムスリップものです。そしてテーマも同じく「父と子」。

父が高名な企業家で息子の主人公は平凡な勤め人、高圧的ですぐ暴力をふるう父とそれに反発する主人公、実は陰で主人公に期待している父等々、父と子の関係も『流星ワゴン』と驚くほど似ています。『地下鉄に乗って』の方が発表が早いので、真似をしているとしたら『流星ワゴン』でしょう。少なくとも重松清は『流星ワゴン』を書く際に『地下鉄に乗って』をかなり意識していたはずです。ただ、『流星ワゴン』の場合は主人公(=息子)とその父の関係に加えて、主人公(=父)とその息子の関係も重層的に描かれる点が大きく違います。

この本のタイムスリップの仕掛けは書名にもあるとおり「地下鉄」です。ある日地下鉄の通路に見かけない出口を見かけて、そこを主人公が上って行くと...。ってわけです。また『流星ワゴン』と比較して申し訳ありませんが、こちらの方がタイムスリップの仕掛けとしてはずっとスマートですし、すんなりと入ってきます。具体的な作品名としては、今は萩原朔太郎の大傑作『猫町』しか思い出せませんが、見知らぬ道を見つけて入り込むと地図にものっていない不思議な場所に迷い込んでしまうという、昔からある伝統的な手法の延長ですしね。

この本は札幌出張の往復にかけて読もうと思って持っていたのですが、読み始めたら...

READ MORE

札幌から...

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

北海道

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

乱鴉の島


途中まで読んで「これは傑作になる!」とほとんど確信しました。

READ MORE

現金に体を張れ


 ◆映画のデータ◆
  原 題:The Killing
  製作年:1955年
  製作国:アメリカ
  監 督:スタンリー・キューブリック
  出 演:スターリング・ヘイドン他

  
『2001年宇宙の旅』で映画史上にその名を残すスタンリー・キューブリックの監督2作目。

競馬場の売上強奪の顛末をドキュメンタリータッチで描いてます。犯行計画や準備の様子が丁寧に描かれていているためストーリーに緊密感が醸し出され、サスペンスを盛り上げています。

READ MORE

つばめ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

日本沈没

日本映画最新最大の話題作『日本沈没』を家族と観てきました。

観どころの災害シーンは前作からの特撮技術の進歩が感じられるすばらしさ。自衛隊や消防庁の全面的協力もあってリアリティ満点に仕上がっています。

READ MORE

英検1級実践開始!(その1)

☆最近ブログの記事書く方が優先度高くなって、英検の勉強できてません。やばい。

「英検1級実践開始」ってタイトルに書きましたけど、始めたのってこのブログで「英検1級への挑戦!?」シリーズを始めたときですから、もう1ヶ月半も前のことなんですよね。

「英検1級への挑戦!?」シリーズを始めた時には英検1級に向けての格闘ぶりをリアルタイムに実況中継風にやりたいという野望があったのですが、現実は甘くありません。

早く実際の状況に追いつきたいので、今回は、既にご紹介した「戦略立案編」のその後から現在までの状況を簡潔にご報告したいと思います。

まずは戦略立案編で立てた戦略を要約しておきましょう。

★基本的戦略
 自分の弱点であるボキャブラリと英作文、スピーチに焦点を絞る。
★ボキャブラリ
 『英検Pass単熟語1級』(旺文社)(以下『Pass単1級』)を用いた単語帳方式。
★英作文
 『和文英訳の修業』(佐々木高政、文建書房)をやる。
  #まずは冒頭の基本文例500を覚える。
★スピーチ
 『速読速聴・英単語 Avanced 1000』(松本茂監修、Z会)を用いたDLS法(シャドーイングとリプロデューシング)。
(以上おしまい)

これが今現在どうなっているか。

READ MORE

ビッグバン宇宙論(本編)

7/12の記事「ビッグバン宇宙論(予告編)」のつづき=本編です☆

著者のサイモン・シンは、僕に言わせれば、今や世界一のサイエンス・ライターです。

初めて読んだ著者の作品『暗号解読』にはほんとに度肝を抜かれました。科学書ってここまで面白くなれるのかって。暗号を作る側と解読する側の知的丁々発止にハラハラドキドキ、科学書なのに血湧き肉躍ってしまいました。科学書必須のアイテム「知的興奮」も満載で(どうしてこんな暗号を考えつけるんだろう?etc.)、科学ファンとしては堪えられませんでした。

続く『フェルマーの最終定理』(著者の処女作で、順番から言えば『暗号解読』よりもこちらの方が先の出版)もやはり科学書というのに手に汗握る物語で、かつ「知的興奮」の点では『暗号解読』を上回っています(数学的ロジックの見事さ、美しさ!)。また、真理探究の道の険しさ、高貴さ、美しさに心打たれるものがありました。

「じっちゃんの評価」ではもちろんこの2作は文句なしの★5つ、特に『暗号解読』は科学書部門で堂々の歴代1位、総合部門でも歴代ベスト10に入ってくるであろうというスグレモノ。科学に少しでも興味のある方はこの2作を読まなきゃ「一生の損」でありましょう。

そのサイモン・シンの最新作というのですから読まずにはおられません。

READ MORE

カテゴリ変えてみました

気分なおしにカテゴリを英語に変えてみました。ちょっとカッチョええかな思うて<==なんで関西弁なんやねん!?G=(^。^G)パーンチ

『冒険』4作目にして初の殺人事件発生


ホームズ全集のつづき。今日も無事1編を読み終えることができました。

今日読んだのは『冒険』の'The Boscombe Valley Mystery'(日本題「ボスコム谷の惨劇」)。『冒険』4作目にして初めて殺人事件が起きます。

父殺しの疑いをかけられた息子の冤罪を晴らすホームズの活躍が見もの。ちょっとした手がかりから犯人像を割り出すホームズの推理が見事です。

また、この作品ではダイイング・メッセージが扱われていますが、これはミステリ史上初の例でしょうか? 残念ながらじっちゃんにはそこまで判断する知識はありません。ご存知の方おられたら教えていただけるとうれしいです。

【じっちゃんの評価='The Boscombe Valley Mystery' :★★】

格安!"オリジナルイラスト入りホームズ全集"


何がきっかけだったか忘れてしまいましたが、あるとき急にミステリの原点であるシャーロック・ホームズものが読みたくなりました。どうせ読むなら今さら翻訳ものより原書の方がよかろうと思い、Amazonを検索した結果、『The Original Illustrated "Strand" Sherlock Holmes』なる本を発見しました。

日本にも三書館という出版社から『ザ・XX―全小説全一冊』(XXの中に「漱石」とか「鴎外」とか「太宰治」といった作家名が入る)という作家の全作品(ないしは全小説)を一冊に集めた雑誌サイズの本が出ていますが、この本もシャーロック・ホームズもの全作品を大判の本に集めたものです。

ホームズもの全作品が載っているばかりではなく、発表当時のイラストも全部付いているというのですから豪華なものです。しかも、それで値段が税込み1201円というのですから超お買得ではあーりませんか(※1)。早速購入しました。

※1:この破格の値段にはからくりがあって、つまりシャーロック・ホームズものの著作権が1991年に消滅したんですね。おそらくイラストその他もそうでしょう。

READ MORE

ビッグバン宇宙論(予告編)


『フェルマーの最終定理』『暗号解読』で世の中の科学ファンを狂喜せしめたサイモン・シンの最新作『ビッグバン宇宙論(上下)』を読みました。
詳しく論評している時間がないので、今回は予告編としてほんのちょっとだけ。明日以降にもっと詳しく書きたいと思います。

さすがサイモン・シンでした。ピュタゴラスの時代から現在までの宇宙論の発展を知的興奮に満ちた面白読物に仕上げています。これからの宇宙論入門書の決定版となるでしょう。

前2作には科学読物ってこんなに面白くなるのかと驚嘆させられたものですが、この『ビッグバン宇宙論』...

おしまい。(つづく)

聖女の島

◆本のデータ◆
*タイトル:『聖女の島』(『花の旅・夜の旅―昭和ミステリ秘宝』(扶桑社文庫))所収
*著者:皆川博子
*価格:780円

ごめんなさい。この本はじっちゃんには理解不能でした。

綾辻行人、服部まゆみ、日下三蔵、千街晶之といった錚々たる面々が絶賛している(※1)というのに。

※1:一例:「『聖女の島』こそは、読者から言葉を奪い、読後ただ茫然たる心地に追いやる、数少ない小説のひとつである。そして、本書は読者から選ばれるのではなく、厳然として読者を選び返す類の、稀有な小説でもある」(千街晶之『怪奇幻想ミステリ150選』より)

じっちゃんは皆川さんには選んでいただけない類の読者だったんでしょうね。

かつては炭鉱町として栄えたが今は廃墟と化した孤島。その孤島に、修道会がつくった、非行少女たちばかりを集めた矯正施設があり、物語はその女性園長の視点で描かれます。

その島にひとりに修道女がやってきます。事故で何人か死んだはずの少女が全員そろっているという幕開けから物語の将来が暗示されます。錯綜する記憶、矯正員たちの矯正員とは思えぬ言動、少女たちの不気味な行動、女性園長に迫り寄る狂気(?)、なぜか事態を冷たく傍観するだけの修道女と、読者を疑問と不安と不気味さで包み込みながら物語は"驚愕の"結末へと進んでいきます。

この物語の世界にいったん入り込んでしまえば、甘美と狂気の世界にひたることができるのでしょうが、じっちゃんは最後まで酔っ払いの中にひとり混じったしらふの人間のように取り残されたままでした。

皆さんのおっしゃる「驚愕の結末」も何が驚愕なのかさっぱりわかりませんでした。たぶん悪いのは作者ではなく、頭ないしは感性が鈍いじっちゃんの方でしょう。どなたか、この小説の結末のどこが驚愕なのか教えていただけないでしょうか。

【じっちゃんの評価:★★】

英検1級獲得のための戦略(4):英作文とスピーチ(その3)

☆7/4の記事「英検1級獲得のための戦略(3)」の続きです☆

スピーチの勉強法としてはリスニングを兼ねて『速読速聴・英単語 Avanced 1000』(松本茂監修、Z会)をテキストにDLS法で行うことが決まりました。

では、実際にどうするか? これは王道で行くことにしました。それでうまくいかなければ、やりながら軌道修正します。

王道とは;

READ MORE

出ました満点!『大聖堂』



出ました! じっちゃん初の満点本! \(∇⌒\)☆オ☆メ☆デ☆ト☆ウ☆(/⌒∇)/

いやあ面白い、面白い。大傑作です、おススメです。帯で喜国雅彦が「帯の推薦じゃ、もどかしい! 売り場に立って、片っ端から押しつけたい面白さ!!」と言ってますが、よくわかりますその気持ち。

上中下三巻の大著です(※1)が、よどみなく一気に読みきってしまいました(※2)。「読み出したらとまらない」とはこの本のためにある言葉でしょう。読み終えるのが惜しいと久々に思った読書体験でした。

※1:実は僕の場合原書で読んだので、一巻こっきりでしたが(;^_^A
※2:といっても原書だし、通勤電車の中だけで読んでたので約1ヶ月半かかりましたが。

大聖堂を作ることに人生を賭けた親子二代の物語って聞いただけで、もうわくわくしてきちゃいます。波瀾万丈が約束されてるって感じですよね。

READ MORE

痛快面白本! 

◆本のデータ◆
*タイトル:
"Freakonomics; A Rogue Economist Explores the Hidden Side of Everything"
(訳書:『ヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検する』)   
*著  者:
Steven D, Levitt, Stephen J. Dubner
*出 版 社:
PENGUIN BOOKS (and others)
(訳書:東洋経済新報社(2006/04/28))
*価  格:
£4.99(¥850)(訳書¥1,890)


いやあ、実に痛快で面白い本だった。

READ MORE

わが恋せし乙女

 ◆映画のデータ◆
  製作年: 1946年
  製作国: 日本
  配 給: 松竹
  監 督: 木下恵介
  出 演: 原保美、井川邦子、東山千栄子


『少年期』に続き木下恵介監督作品。

戦後直後の昭和21年の作品で、映像が傷ついていて見にくいところがあるのがちょっと残念。

ストーリーは単純。捨て子として拾った妹が美しい乙女に育ち、兄がその妹に密やかな恋心を抱くというもの。当然のようにライバルが現れ...(以下ネタバレになるため、割愛)

お兄さん役の原保美(NHKのかつての人気ドラマ『事件記者』の出演者の一人)が妹への愛に揺れ動く兄を好演しており、彼の心情は観る者の心を惻惻と打ちます。また、母親役の東山千栄子もさすがの好演。この兄のために流す2度の涙が印象的です。

これに反し、妹役の井川邦子の演技はいまひとつ。兄の気持ちにまったく気づかないように見えるのは意図した演技なのか、演技が下手だけなのか。おそらく前者だとは思うのだが、後者かも知れないと思わせるところが悲しい。

また、兄と妹の子供時代の交流があまり描かれていないために、妹に対する兄の思いの切なさを盛り上げ切れていないのが、この映画最大の難点。惜しい。

【じっちゃんの評価:★★★】

英検1級獲得のための戦略(3):英作文とスピーチ(その2)

☆6/26の記事「英検1級獲得のための戦略(2)」の続きです☆

英作文はこの分野における名著『英作文の修行』に頼ることにしました。では、スピーチはどうするか?

これについては英作文とスピーチについてのスタンスが決まったことからあまり悩みませんでした。

すなわち、英作文とスピーチについてのスタンスが「英作文を優先する」ですから、スピーチについての本格的な勉強は英作文の勉強が一通り終わってから。それまではスピーチの勉強はパッシブでよいということになります。

パッシブなスピーチの勉強というのであれば、非常にいい方法を知っています。

"DLS (Dynamic Listening and Speaking Method)"です。この方法はリスニングにも効果的で、というより、リスニング(=アウトプット)の勉強をスピーチ(=アウトプット)の勉強に橋渡しするものです。非常に優れた方法だと思います。

READ MORE

少年期

 ◆映画のデータ◆
  製作年:1951年
  製作国:日本
  配 給:松竹
  監 督:木下恵介
  出 演:笠智衆、田村秋子、石浜朗


『二十四の瞳』や『喜びも悲しみも幾年月』で有名な木下恵介監督の作品。

これも父と息子の物語でありました。

戦争のさなか、学者でリベラルな考えの持ち主の父と、軍国少年としてその父に反感を覚える少年。

疎開先で父は読書や釣ばかりをしていて家事はすべて母親におしつけている。そのことにも少年は反感を覚える。疎開先の学校では、都会者への反発と、加えてリベラルな父への批判もあって学校の友人が少年へのいじめを始める。近所でも父の評判はよくない。

周囲の軍国的風潮と父の態度との間の板ばさみになって苦悩した少年は母親に訴える。しかし、母親は笑って答える。「歴史がお父さんが正しいことを証明するでしょう」

今の眼から見れば、周囲の軍国主義に影響されて父に反発を覚える少年の苦悩も青臭いし、反戦を高らかにうたうわけではない父のどっちつかずの言動も無責任のようにも思える。

しかし、それはあくまで「今の眼から見れば」であって、歴史的認識を持てば少年の苦悩も父の態度も理解ができる。

そもそも、木下恵介監督は『二十四の瞳』もそうだったが、高らかに反戦をうたったりはしない。軍国主義に染まった世間に対しても決して非難はせず受け入れている。そのことは少年をいじめた友人の戦後の姿の描き方でもよくわかる。だからこそ、戦争への嫌悪と平和を希求する思いが伝わってくるのだと思う。

また、少年が必ずしも軍国主義に染まりきっていないのも少年の苦悩にリアリティを与えている。

ただ、少年役の石浜朗が白皙の美少年すぎ、またあまりに生真面目すぎること、少年へのいじめに迫力がないこと、ストーリーに起伏が少ないことなど、不満も残る。

【じっちゃんの評価:★★★】
カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。