プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道へ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

日本ふるさと沈没


『日本沈没』のパロディとしては筒井康隆の『日本以外全部沈没』(※)が有名ですが、もうひとつのパロディが今年の初夏に出ました。それがこの『日本ふるさと沈没』です。

※映画化され9月に公開されるそうです。見たいような、見たくないような。

この本は21人のまんが家による競作集で、見る人が見れば超豪華な顔ぶれだそうですが、"いわゆる"メジャーな作家ではない人が多いので、見ない人(私のような)が見ると「あっそー」という感じです。

ちなみにその21人とは以下です。

READ MORE

俺のラーメン道の原点

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

日本-韓国

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

水道橋・麺一筋

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ちびとぼく


また猫まんが(※)ですいません。でもAmazonがススメてくるんですよね、猫まんがを。それに乗っかって買っちゃう方も買っちゃうほうですが(;^_^A

※過去に『きょうの猫村さん2』『猫ラーメン』を紹介したことを指している。

この『ちびとぼく』はAmazonで見た表紙絵の猫キャラ(これが「ちび」)のちょっとキモカワイイ感じが気に入って買ったんですよね。もちろん読者の評価が高い(※)のも後押ししたんですが。

※Amazonのコミックに対する読者評価は概して高めになっているので、必ずしも信用できないのですが。

READ MORE

横浜で横浜ラーメン

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ほうかご探偵隊


倉知淳は大好きな作家です。特に『星降り山荘の殺人』は端正な本格ミステリで、私の中では日本ミステリオールタイムベスト10とまではいかなくともベスト20には確実に入る大傑作です(※)。

※これを読んでいない方は幸せものです。これからこんな大傑作が読めるんですから。

が、何しろ寡作で。デビュー後11年間で10作しか作品を出しておらず、しかもそのうち長編は4作のみ。なかなか長編の新作を読むことができません。

というわけで、これまで子供向けということで敬遠していた『ほうかご探偵隊』を、古書店で見つけたのを契機に読むことにしました。

で、早速飛びつくように読み始めたのですが、途中で「ん」となりました。というのも、こんな記述があったからです。

READ MORE

だーるー麺を食べた帰りに

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

映画『花田少年史』

最近近所にシネコンができたので家族で映画に行く機会が増えました。日本映画界のためにも、家族の幸せのためにも大変いいことであると私は思うのであります。(と、なぜか演説調)

しかも、完全予約制なので確実に座れるのがいいです。さらにさらに、インターネットからだと座席指定までできるのでとっても便利。

今日は嫁さんと上の娘を連れて話題作『花田少年史』を見に行きました。

READ MORE

十万分の一の偶然


横溝正史、江戸川乱歩に続く、ミステリーの巨匠シリーズ第三弾。今回は松本清張です。

昨今の派手なミステリを読んでいると、時々松本清張の作品のような、探偵がこつこつと地道な捜査をするミステリが読みたくなります。

この『十万分の一の偶然』は週刊文春の81年「傑作ミステリーベスト10」の5位になった作品です(※)。

※当時は国内/海外の区別のないベスト10でした。

READ MORE

だーるー麺

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

大阪ハムレット

この時期は例年あまり本が読めません。

∵①お盆連休だから。
  ∴a.私の読書プライムタイムである通勤時間がない。
    b.姪っ子たちが遊びに来るのでその相手をしなければならない。
∵②嫁さんがエアコンを中々入れてくれないので、暑くて本を読む気になれない。
∵③本人の気持ちがだらけてしまう。

上記の事情に加えて今年は連休中に取り組んだ本が3冊続けて途中で挫折(※)という不幸にも見舞われ、このブログのメインテーマである「本の紹介」のネタがネタ切れとなってしまいました。

※①『女信長』(佐藤賢一):この作者とはどうも相性がよくない。デビュー作『双頭の鷲』に続いて2度目の挫折である。作者の文書がこちらの感性と合わないこと、『女信長』に限って言えば、肝心の信長に魅力を感じないことなどが挫折の原因。②『日本沈没 第二部』(小松左京+谷甲州、小学館):冒頭からずっと一貫して日本復興に関する政治がらみの話ばっかりで、期待(=「さまよえるユダヤ人」状態になった日本人が世界各地でどのように日々の暮らしを立てているのか?その絶望と希望は?などを読みたい)外れ+会話が極端に少ない文章は情感に乏しく、まるで長大なあらすじを読まされているよう。③『オタク・イン・USA』(パトリック・マシアス、太田出版):そのノリに付いていけず。

困ったなと思っていたら、トイレで読んでいた森下裕美さんの『大阪ハムレット』を読み終わったので、それを紹介することにします。

READ MORE

神田古書店街に行く

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

緑衣の鬼


理由はよくわからないんですが、乱歩の作品が無性に読みたくなり、近所の古書店に行って乱歩の作品を3作買ってきました。

その3作品とは『緑衣の鬼』『蜘蛛男』『幽霊塔』。その中で最も本格ミステリに近いと思われる『緑衣の鬼』をまず手に取りました。

『緑衣の鬼』は子供の頃ポプラ社の乱歩全集を読み漁った時に読んでとても面白かった記憶があります。それを大人になった今読んでどう感じるか、それも興味津々です。

「解説」を読んで初めて知りましたが、『緑衣の鬼』はミステリファンの中では超有名な海外の古典的名作を下敷きにしているようです(※)。その古典的名作はもちろん読んでいますが、世評に反して一向に面白くなくがっかりしたことを記憶しています。『緑衣の鬼』を選んだのは、その古典的名作への再チャレンジという意味もありました。

※『緑衣の鬼』を真っ白な状態で読みたい方は、この「解説」(乱歩自身の「自註自解」も含め)は読まないほうがいいでしょう。

READ MORE

文具天国


<= 『文具天国1』の写真がなかったため、『文具天国2』の写真を使っています。ご注意ください。

先日紹介した『猫らーめん』のそにしけんじの作品。ホントは『猫らーめん2』が読みたかったのだけれど、当分出そうもないので同じ作者の旧作で妥協した次第。

でも、妥協すべきではありませんでした。『猫らーめん2』を待つべきでした。

タイトルや表紙絵から想像がつくように鉛筆、消しゴム、ボールペン、コンパス、定規などの文房具が人間のように意志をもって行動するという設定のギャグまんがです。

READ MORE

万福児


最近お笑い系コミックをアマゾンで次々と購入していたらアマゾンからこの本をおススメされました。表紙絵がちょっと不気味なのでかなりためらいましたが、読者の評価が高かったのでエイヤで買いました。

で...。

正解でした。

ぼくが今はまっているコミックは『あたしンち』(けらえいこ)と『きょうの猫村さん』(ほしよりこ)ですが、その2作に迫る出来です。

舞台はなんとお寺。主人公はそのお寺の住職の子供で幼稚園児の福志。ちょっとキモイ系キャラだし、かなりわがままですが、可愛いところもあってなかなかナイスキャラです。

READ MORE

イン・ザ・プール


一風(いや、二風も三風も)変わった精神科医が、常識はずれの、とても精神科医とは思えない治療を施しながら、結局は患者を癒していくというお話5編からなる短編集。

とにかく主人公の精神科医・伊良部の行動が破天荒。カウンセリングとか精神分析というのは意味がないからやらないと言うのはまだしも、注射フェチで看護婦が患者に注射するのを見て興奮したり、患者の病気を面白がったり、患者をナンパしようとしたり、患者と一緒に建造物に不法侵入しようとしたり...。もう、きりがない。後は本を読んでお確かめください。

患者はそんな伊良部にあきれながら、徐々に伊良部のペースに巻き込まれ、最後は癒されていく。半端な筆力なら不自然でとても読めたものではないだろうが、「ありえねー」とは思いつつも、それほど不自然さは感じず、無理なくすーっと入ってくる。たいした筆力である。

READ MORE

自分を何と呼ぶ?

ブログを書くとき悩むもののひとつに一人称の選択があります。

今は「僕」ないしは「ぼく」を使うことが多いですが、年齢とちょっとマッチしないような感じで、おしりがちょっとむずむずします。

かといって「わし」じゃ逆の意味で年齢とマッチしないし。

「私」でもいいけれど、なんか気取っているような感覚がつきまとって、これも若干落ち着きません。

「俺」じゃはすっぱすぎるし、「自分」じゃヤンキーみたいだし。

他に一人称として使えるものには何があるだろう?

「拙者」? 「それがし」? まさかね。

「当方」? これじゃビジネスライク過ぎる。

思い切って「じっちゃん」で通してみるか? 「じっちゃんはXXしました」「じっちゃんはこう思う」ってな感じで。やっぱりちょっと気持ち悪い。たまに使うのはいいかもしれないが、これでのべつ幕なしやられたら読者も気持ちわるいだろう(慣れれば問題ないという見方もあるが)。

娘がよく使うのは「うち」だが、これではますます年齢から離れてしまうし、男が使ったら気持ち悪い。

「わい」「わて」を関西者でもない者が使うものは気が引けるし、関西者とてブログでこんな一人称を使わないだろう。

ビートたけしみたいに「おいら」で行くか。うーん、はすっぱすぎて、まじめなこの私には似合わない。

「小生」は硬すぎる。「朕」じゃ天皇陛下だ。「われ」「余」は古臭すぎる。「ミー」じゃ"イヤミ"だ。

うーん、やっぱりピタッとくるのはない。これまで通り「私」と「ぼく」「じっちゃん」を併用していくしかないかな...。

そうそう、なるべく一人称を使わずに済ませるって手があるかもしれないな。今度試してみよう。

Never Let Me Go

今注目の、日本生まれで英国籍の作家(両親は確か二人とも日本人)カズオ・イシグロの最新作『わたしを離さないで』(原題:Never Let Me Go)を昨日から原書で読み始めました。

電車の中(それも往路だけと決めている)で少しずつ読んでいますので読み終えるのに1ヶ月はかかるでしょう。(挫折しないで)読み終えたら感想を披露いたしますので、乞う御期待!

今のところ主人公の子供時代のいじめのことがかかれていて、いいとも悪いともフツーって感じですね。ま、当たり前ですよね、まだ20ページくらいしか読んでないんだから、感想言うの早いって。いじめに関しては、へえイギリスでも日本と同じようなことがあるんだって、これもフツーの感心のしかたでした。

『眼の誕生』に屈す


科学書好きな私なのにどうも生物学関係だけは鬼門のようだ。なぜならば、途中で挫折する率がかなり高いからだ。

記憶にあるだけでも『ダーウィン以来』『フィンチの嘴』『ワンダフル・ライフ』『生命40億年全史』『種の起源をもとめて』『ゲノム23の物語』を葬り去っている。いずれも名作の呼び声高いものばかりである。なのに。しかし、こうして並べて見てみると進化系の本が多い。

そこで逆に最後まで読み通せた本を調べてみたら、進化系の本もないではないが、それ以外の分子生物学や生物化学系の本の方が多い。一律に生物学の本といっても、私と相性のよくないのは進化系の本のようである。

この『眼の誕生』も進化系である。鬼門である。一抹の懸念が残る。だが...。

世評もすごく高いし、うちの会社の上司(かなり上の人)が絶賛していたので、今度こそはと思って読み始めた。

まず1章を読んでみた。面白くない。2章も同様。動揺が走るが「ま、この辺は前説だから。がまん、がまん」と言い聞かせて3章へ。

3章のタイトルは「光明」。眼に関係のあるタイトルだからいよいよ本論へ入るかと期待したが、これも前説に終始。「次には面白くなるだろう、次には面白くなるだろう」とわが身を鞭打って読み進めたが、4章になっても5章になってもさっぱり本論に入らないし、面白くもならない。

もう本は全体の2/3近く、200ページ以上読み進んでいる。通常なら数十ページも読んで面白くなかったら、どんなに評判のいい本でも投げ出すところなので、ここまで我慢したのは稀有である。「今度ダメだったら進化系生物学の本は二度とよめないかも」という気持ちがあったのに加え、「ブロクにぜひ感想を載せたい」という気持ちが働いたからだろう。

しかし、我慢もここまで。第6章に入っても調子が変わらないのを見て、とうとう投げ出した。「ここから本論になって俄然面白くなるのかも知れない」とは思いつつ、「最後まで読んでも面白くなかったら」という恐怖の方が結局打ち克ってしまった。

ごめん、今回もダメでした(ッ_ _)ッ どうかおゆるしを~

この本を面白く読んだ方、教えてくださいませ。第6章以降は面白くなるのでしょうか。そもそも第6章以前も面白く読まれたのでしょうか。だとしたら、どのように面白かったのでしょうか?

ゲド戦記

スタジオ・ジブリの最新作『ゲド戦記』を見てきました。

インターネットで、既に観た方の感想を見るとイマイチ評判がよくないのでどうかなあと思っていたのですが、そのために過大な期待を抱かなかったのもよかったのかもしれません、とても面白く見ることができました。

とにかく展開がスピーディで一秒たりともあきさせません。意図的なのかどうなのか(前者だとは思うのですが)舞台設定や人物に関する説明を極力抑えているため、「この人誰?」「これいったい何?」「これどういう意味?」と頭の中が?マークで一杯になり、ミステリアスな興趣が盛り上がります。最後の方は別として、こんなに先の展開が読めない映画は珍しいです。

READ MORE

秋津でラーメン&ありがたいブログ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

生きる


藤沢周平さんの衣鉢を継ぐと言われる乙川優三郎さんの直木賞受賞作品集です。

「生きる」「安穏河原」「早梅記」の3つの中篇が収められています。3つともすばらしい作品ですが、何といっても一番印象に残ったのは表題作の「生きる」です。

五十路を迎え、これまで順風満帆な生活を送ってきた又右衛門の生活は藩主の死を契機に暗転します。

一方ならずお世話になった藩主のあとを追って追腹を切るつもりだった又右衛門ですが、さまざまな事情もあって「お家のため」とその気持ちを抑え込み、「生きる」ことを選びます。

その後の又右衛門を待つものは容易にご想像がつくと思います。

READ MORE

逆襲獄門砦

◆映画のデータ◆
  製作年: 1956年(昭和31年)
  製作国: 日本
  配 給: ?
  監 督: 内田吐夢
  出 演: 片岡千恵蔵、月形龍之介、高千穂ひづる
  ⇒"goo映画"のデータはこちら


じっちゃんの選ぶ日本映画ベスト10に入る名作『飢餓海峡』(『砂の器』と並びミステリ映画の2大名作です。ホント、ほれぼれするようないい映画です)の名匠・内田吐夢の時代劇。

代官の圧政に耐えかねた農民が反乱を起こすって話です。どうも、ウィリアム・テルを換骨奪胎しているようで、ウィリアム・テルのあの有名なシーンとそっくり同じシーンが出てきます。んでもって、主人公の猟師(片岡千恵蔵)の名前が照蔵(^_^;

READ MORE

元祖一条流がんこ 八代目

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

猫ラーメン


アマゾンで猫村さんを買ったら、この本を「おすすめ」されてしまい、ついつい買ってしまいました。まったく、アマゾンの思うつぼです(*´ー`)

タイトル通り猫がラーメン屋をやるってお話です。猫村さんはストーリー漫画(長編)ですが、こちらは4こま。したがって、より気楽に細切れに読めるのが魅力。おトイレ本として最適です。

猫がラーメン屋をやるって設定からしてハチャメチャなんですから、起きる出来事もハチャメチャ。「ありえねー」と突っ込みながら思わず笑ってしまいます。

買う前は表紙の絵やタイトルなどからシュールでちょっとキモイ系の笑いかもなーと思っていましたが、読んでみるときわめて真っ当な笑いでした。ちょっとカン違い気味で、時々猫の本性を表してしまう大将(=猫)が可愛いく、ホロリとさせられる場面もあって、老若男女安心して読めるギャグまんがになっています。

難点を言えば、後半になるとややギャグがマンネリ気味になるところでしょうか。でも、だからこそ安心して読める(=水戸黄門みたいに)とも言えるかも知れません。また、猫村さんほどの「深み」を期待してはいけません。

いずれにしてもまた2巻目が待ち遠しいコミックができてしまいました。2巻目はいつ出るのでしょうか。

【じっちゃんの評価:★★★☆】

寒い

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。