プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜回り先生


夜回り先生こと水谷先生というのは少年少女の非行・薬物・自殺問題に取り組んでおられる先生で、深夜繁華街をパトロールしていることから「夜回り先生」と呼ばれている。先生自身つらい少年時代を経験し、リスト・カットしたこともあるという。

...てなことは私も知っていましたが、水谷さんの著書を読んだことはなく、NHKで放映されたという特集もTBSのドラマも見ていません。でも、ずっと気になる存在でした。

そんな時あるブログで先生の著書がまんが化されていることを知り、早速Amazonで第一巻を購入しました。

土田世紀というまんが家は知りませんでしたが、デッサンのしっかりしたリアルな画風でなかなかの筆力とお見受けしました。

このまんがは全3話で構成されています。テーマがテーマだけに3話とも胸が締めつけられるようなお話しばかりです。救いのある話もあれば救いのない話もあります。キレイごとだけでなく、救いのない話をもきちんと正視して描いている姿勢に好感を持ちました。

READ MORE

スポンサーサイト

『邪魅の雫』が届いた


Amazonに予約していた京極夏彦さんの京極堂もの最新作の『邪魅の雫』が昨日届きました。京極堂ものはすべて読んでいて、大好きなシリーズですので(そういう方は多いと思いますが)、これから読むのが楽しみです。

※京極堂シリーズは現代のミステリーシーンに屹立する大傑作シリーズだと思っています。

読んだらレポートします。でも、今回もすごく分厚いので(;^_^A 、今週末に読み終わるかどうか。

謎001


「おっ」って思うタイトルでござんしょ。書店で見かけたら「なんだろぉ?」って思わず手にとってみたくなりますよね。

これ、ミステリ短編傑作集のタイトルです。うまいですよね。人を惹きつけますもんね。現に私めはまんまと惹き寄せられて、珍しく書店でソッコー購入してしまいましたもん(ふつう新刊はAmazon)。これ、『謎002』『謎003』・・・と続くんでしょうね。

日本推理作家協会は毎年その年に発表された短編ミステリの傑作選を講談社文庫で出しています。例えば1994年の『真犯人は安眠中 ミステリー傑作選27』など。

この『謎001』は70年代・80年代・90年代それぞれの傑作選の中から、作家がお気に入りの作品を選ぶというもの。ミステリーファンとしてはよだれが出そうな企画ではありませんか。

今回の選者は僕もごひいきの東野圭吾さん。ますます期待が高まります。

READ MORE

ツレがうつになりまして


諸般の事情で「うつ」には関心があって、うつ関係の本は結構読んでます。この作品はだんなさんがうつになったまんが家の妻が、夫との闘病の日々を描いたものです。うつについて実体験をまんがで描くというのは珍しいので、書店で見かけて飛びつくように買いました。

Amazonでの評価を見ると「うつの人が読むと症状が悪いほうに振れる」なんていうのもいくつかあり、恐る恐る読みました。

読んでみた結果は、「これで悪い方に触れるかなあ」というもの。もっとも、症状が深刻な方はちょっとしたことで影響を受けられるのかもしれません。

内容的には可もなし不可もなしといったところ。実体験に基づいているのでそれなりの迫力がありましたし、まんがというメディアの威力も感じましたが、全体的にイマイチ突込み不足な感じがしました。

READ MORE

ブログのコメント

ブログにコメントを投稿してからシマッタと思ったことありませんか? 僕はしょっちゅうあります(※)。その気はなくてもブログの管理人さんにちょっと失礼な内容や表現になっていたり、ひどい誤字脱字があったり、単におマヌケなコメントだったり。

※そもそもなんでこんな記事を書いているかというと、さっきコレをやってしまったばかりなので。
後からコメントを編集できるようになっている場合はいいのですが、そうでない場合は、もう取り返しがつかず、時が過ぎ去るのを待つだけとなります。あるいは、恥を忍んで管理人さんに削除をお願いするか。

そもそも投稿前によく確認すればいいじゃんとおっしゃるかもしれませんが、投稿する時は「結構シャレたコメントじゃん」なんて悦に入っていたものが、後から読むと...ってのもあるのでね。

というわけで、私の失礼な、ないしは間抜けなコメントがあった場合はお許しくださいませ。

初めて吉本新喜劇を観る

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

間違えられた男

間違えられた男
ヒッチコックの映画だというので楽しみに観ました。主演も大好きなヘンリー・フォンダだし。

ヘンリー・フォンダ演じる男が強盗事件の犯人として警察に連行されます。タイトルから察せられるようにもちろん誤認です(そもそもヘンリー・フォンダが悪いことするはずない)。

その後取調べから逮捕、拘留までの過程が特にドラマティックな展開もなく淡々と描かれます。ここまでで放映時間のおよそ半分が費やされます。単調で退屈しますが、後半に来るドラマの布石だろうと我慢します。

弁護士が雇われ、裁判の準備が始まります。無実を証明するための証人さがしが始まり、ようやく面白くなってきます。

ところがそこから物語はヘンな方向に動き始めます。アレアレ、こんなんなっちゃうの。どうしてよ。ちょっとイヤな感じがしてきます。

<<以下ネタバレはしていませんが、ストーリー展開をある程度書いていますのでご注意ください>>

READ MORE

赤い指


東野圭吾さんの最新作です。以前から買おうかどうか迷っていましたが、昨日出張の途中で寄った古書店に置いてあったので、飛びつくように買いました。

帰宅後すぐに読み始め、読み始めたらとまらなくなり、まんが以外では"超"久々の一気読みをしてしまいました。

いや~うまいですね。東野さんはデビュー当時からうまい作家さんでしたが、最近そのうまさにますます磨きがかかってきた感じです。

この『赤い指』は、昨年大変話題になり直木賞他各種の賞に輝いた『容疑者Xの献身』に似たテイストの作品です。ただ、『容疑者X』に比べるとやや小粒です。

息子の犯した罪をかばおうとして両親は奇想天外な手を思いつきます。彼らが重ねる嘘を名刑事と評価の高い刑事が暴いていきます。

この名刑事は言動がかっこいい上に推理力も抜群で、もう絵に描いたような名探偵。両親の嘘を見抜く道筋=推理が理路整然としていて凄く、いちいち腑に落ちます。名探偵が登場する本格ミステリのテイストをたっぷり堪能できます。

この名刑事とコンビを組む刑事との関係もこの小説のキモです。罪を犯した家族もさまざまな"家族の悲劇"を背負っていて泣かせますが、ふたりの刑事もまた家族関係に深刻な悩みを抱えていて、それが切なく胸に迫ってきます。

それだけに、それぞれの家族に訪れる2つのラストは感動的で救われます。作りものめいているという批判が聞かれそうですが、僕は素直に感動しました。

ミステリファン、特に東野さんファンは必読です。

【じっちゃんの評価:★★★★】

続・子どもたちは夜と遊ぶ


"続"っていっても『子どもたちは夜と遊ぶ』の続編てわけではありません。前回末娘の感想を掲載したのに対し、今回はオヤジ(私)が感想を書いたってだけです。

今回は最初に結論を言ってしまいます。

この本、読んでてイタイです。読み続けるのがつらくなります。でも、読み始めたら途中でやめることはできません。イタイけど面白いのです。

読み続けるのがツライのにやめられない。その葛藤が読み手の中に強い緊張感を呼び起こします。そういえば前作の『冷たい校舎の時は止まる』もそうでした。若いのに作者は読者の心をわしづかみにして離さないテクニックを自家薬籠のものとしているようです。

この作品はある大学(恐らく一流の)に通う大学生たちの周辺で起きる無差別連続殺人事件を描いたもので、『冷たい校舎の時は止まる』よりも本格ミステリに近づいています。

READ MORE

歴史は夜作られる

歴史は夜作られる
 ◆映画のデータ◆
  原 題:History Is Made at Night
  製作国:アメリカ
  公開年:1937年
  監 督:フランク・ボーゼージ
  出 演:シャルル・ボワイエ、ジーン・アーサー他



この週末に日本映画の『雨月物語』(1953年)とアメリカ映画の『歴史は夜作られる』(1937年)をビデオで観ました。

前者は日本の誇る世界の巨匠・溝口健二の代表作ですが、僕には正直そのよさがわかりませんでした。これまた名作中の名作と言われる黒澤明の『羅生門』を見たときと同じ戸惑いを覚えました。ともにベネチア映画祭の受賞作というのも、ぼくの違和感へとつながるものがあるかもしれません。

見る目がないと言われれば返すことばはありませんが、これを評価する人と僕とでは映画に求めるものが違うのでしょう。美しい映像とか優れた日本的様式美と言われれば、確かにそうかなとは思いますし、外国人がこれを見て衝撃を受けるのもわかるような気がします。しかし、僕が映画に第一に求めるのはそういうものではなく、エンターテインメント性であり、その点『羅生門』も『雨月物語』も僕のこころには響きませんでした。

その点その後で観た『歴史は夜作られる』は芸術性のほとんどない娯楽映画ですが、エンターテインメントとして大いに楽しめました。

READ MORE

中村美里ちゃん

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

73光年の妖怪


ショート・ショートの名手で星新一にも大きな影響を与えたフレドリック・ブラウンのSF長編です。

フレドリック・ブラウンのSF長編と言えば、『発狂した宇宙』『火星人ゴーホーム』が有名です(※)が、この『73光年の妖怪』も傑作との呼び声が高い作品です。

※いずれも大変な傑作です。SFや奇想天外な小説がお好きな方はぜひご一読を。

しかし、前2作と異なり『73光年の妖怪』は入手困難な状態が続いており、僕は楽天市場で何とか手に入れました。

ブラウンのSFは純粋なSFというよりもSFという設定を借りた奇想小説という感じですね。『73光年の妖怪』で解説の厚木さんもおっしゃっていますが、日本で言えば山田風太郎さんのような感じでしょうか。(ちょっと違うか)

READ MORE

だーるー麺の店へ(ブックセンターいとう経由)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

私を離さないで(Never Let Me Go)


8/9に読み始めた
『わたしを離さないで』(原題:Never Let Me Go)の原書を約1ヶ月がかりで読み終えました。前にも書きましたが、今注目の、日本生まれで英国籍の作家(両親は確か二人とも日本人)カズオ・イシグロの最新作です。

この本の紹介をするのは難しいです。何を言ってもネタバレになりそうで。「黙って読んでみてください。凄い小説ですから。オシマイ」で済ましてしまってもいいのですが、それも芸がありません。

そこで、できるだけ、これから読む方の興をそがないように気をつけながら紹介してみましょう。何の予断もなくこの本を楽しみたいという方は“続きを読む”はクリックしないでください(※)。

※Amazonの記事やブログの書評なども読まないこと。

本格的なレビューに入る前に、一言だけ。この本は日本で言えば「純文学」ってことになるでしょうが、エンターテインメント(それもミステリの要素がたっぷりある)としても大いに楽しめます。

いつもとは違って今回は最初に“じっちゃんの評価”を出しておきましょう。

【じっちゃんの評価:★★★★】

READ MORE

犬のお散歩

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ライブドア監査人の告白

大分出張から帰って参りました。

出張で何といっても楽しいのはその土地土地のおいしいものを食べられることですね。大分といえばカボス、関サバ、関アジ、大分ラーメン(?!)(※)。関サバは食べられませんでしたが、関アジのお刺身を食べることができました。大変おいしゅうございました。カボスも焼酎にたっぷり絞り込んで飲ませていただきました。カボスは日本のレモンなんていいますが、そのおいしさはレモンの比ではございません(もちろんカボスが上!)。

※ガイドブックを見てもタクシーの運ちゃんに聞いても、大分ラーメンというのは無いとのこと。大分で食べられる九州ラーメンは主として久留米ラーメン系か博多ラーメン系になるそうです。

ラーメンはどうしたって? ラーメンは9/9の『「なんつッ亭」に行く』の記事に書いた「出張先でラーメンが食べられる条件」の③が整わず行けませんでした。もっとも、前回の出張時に2回も行っていますのでそれで満足せねばならないでしょう。

さて、本題に入りましょう。今回は出張前に読み終えていた『ライブドア監査人の告白』です(※)。
※出張で読んだのは別の本。不思議なもんで、この間まではネタ切れにあえいでいたのに、今やネタがだぶついている状態。なんかこう周期ってもんがあるんですね。

この本を読んだのは、ライブドア事件そのものへの興味というよりも、①このような不正がなぜどのように行われ、②なぜ監査人によって発見されず、③その一方でなぜ検察によって発見されたのかに強い興味があったからです。本書はライブドアの監査人を勤めた人が書いた本ですからかなり突っ込んだ話が聞けるのではないかとの期待もありました。

結論を先に言うと、①②については期待通りの内容、③についてはほとんど突っ込んだ話はありませんでした。が、著者の立場からいってこれはやむをえないでしょう。

この事件ではライブドア関係者だけでなく、著者・田中慎一氏が所属する港陽監査法人からも逮捕者が出ていますが、田中氏は事件に直接関与していなかったということで逮捕されていません。関与どころかライブドアの不正を阻止しようと頑張ったということで、検察から逆に評価されたりしています。

READ MORE

らーめん雫

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

厭魅の如き憑くもの(本編)



9/5に予告編を出した『厭魅の如き憑くもの』のレビュー本編です。

舞台は、古い因習の残る山間の閉鎖的な村。....とこう書いただけでミステリファンの方は、ははーん、横溝正史的おどろおどろしい世界と物語展開を想像されるのではないでしょうか? でも、この作品はそうした読者の予断をいい意味で裏切ってくれます。

その村では神隠しや憑き物が頻繁に発生し、憑き物落し専門の巫女までいます。こう書くと、引いてしまう方もあるかもしれません。私もそうでした。最初のうちは、読みながら「嘘くせー、リアリティなーい」と正直ちょっぴりうんざりしました。でも、作者は民俗学の知識を駆使して(その博識ぶりはすごい)そこにリアリティーを与えていきます。その作者の工夫と筆力に加え、その"嘘くさい"雰囲気にもなじんできたのでしょう、私はいつしか作品世界に引きずり込まれていました。

READ MORE

「なんつッ亭」に行く

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

犬を飼う

谷口ジローの『犬を飼う』を読みました。

谷口ジローといえば、私も読んだことのある名作『「坊っちゃん」の時代』が頭に浮かびます。この『犬を飼う』も、それと並んで名作との呼び声が高い作品集です。

実はこの作品を読むのは2度目なのですが、このところ猫まんがばかり読んでいるので、犬を飼っている自分としては、たまには犬を題材にしたまんがをと思ったしだいです。

読み始めてみると大きな枠組みはぼんやりと覚えているのですが、それ以外はほとんど忘れていて、初めて読むかのように楽しめました。もっとも、名作ですもの、繰り返し読むのに耐えられるのは当然かも知れません。

表題作の「犬を飼う」は年老いた犬(テリアと柴の雑種)と飼い主の最後の1年を描いた作品で、作者の実体験に基づいています。

READ MORE

子どもたちは夜と遊ぶ


この本を読んだのは私ではありません。私の末娘です。

私がミステリ好きなので、娘もミステリ好きになってもらえるとうれしいなと思い、娘にも合いそうな辻村さんの作品を選んで勧めた次第です。

実は辻村さんの作品を末娘が読むのは2回目で、辻村さんの処女作『冷たい校舎の時は止まる』も読んでいます(※)。それが大変好評だったのも辻村さんの作品を勧めた動機です。

※今調べたら、この作品を読んだのはもう一昨年のことになるんですね。時のたつ早さにびっくりしました。ちなみにその時私も★★★★という高い評価を与えています。

で、読み終わった末娘の感想はどうだったでしょうか?

READ MORE

コメント・トラックバックについてのお願い

当ブログではコメント・トラックバックについては管理人による承認方式をとっていません。よって、コメントやトラックバックは即時掲載されることになります。しかしながら、管理人としては当ブログにふさわしくないコメントやトラックバックが掲載されることを望みません。

そこで、以下のようなコメント・トラックバックはあらかじめ避けていただきたくお願いいたします。これに反したものやその他管理人が「これはダメッ」と判断したものは断りなく削除することがありますので、あらかじめご了承願います。

 *当ブログにまったく関係のないもの
 *アダルト的内容を含むもの
 *社会の良俗に反するもの
 *商売気の強いもの
 *他人(含管理人)の誹謗中傷を行うもの
 *他の人(含管理人)に不快な思いや迷惑をかける可能性のあるもの
 *意味や意図が不明ないしはあいまいなもの

<<2006/9/6記。2006/10/14改訂1>>

厭魅の如き憑くもの(予告編)



これ、北海道出張の際に読み始めた本です。ようやく読み終わりました。ってことは6日かかったってことです。それにはいくつか事情がありまして...、ってそんなこと説明しても意味ないので(と言いながら、よくやってますが(;^_^A )、本題に入りましょう。

この作家は初めてです。なんだか古臭い名前なので今までなんとく敬遠していましたが、あるブログで激賞していたのを見て読んでみることにしました。

題名からも伺えますが、ホラーとミステリを融合した作品という触れ込み。けっ、そんなのってホラーかミステリかどっちかが中途半端になるだけだぜ、とハードボイルド、ないしは裕次郎風にキメた私でありますが...。 (つづく)

P.S.
この作品は拾い物でした。ていうかすごいです。久々に衝撃を受けました。ってわけで、軽々しくは紹介できないので、もっかい読み返してから紹介したいと思います。ってわけで、紹介できるのは早くても今週末になると思います。ってわけで、今日は予告編でした。

日本-ブラジル

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

日本-イタリア

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

長い長いさんぽ


この本は仁香さんのブログで知りました。nicologという名のこのブログにはご自分の周辺でのできごとを描いた自作の2コマまんがが載っていて、これが読ませます。絵はプロ並みですし、その可愛らしくて癒し系の絵にマッチしたこれまた癒し系のお話がほのぼのとして愉快で、思わず頬が緩みます。一度ご訪問されることをおすすめします。

さて『長い長いおさんぽ』です。

ペット、特に猫を飼っておられる方は涙なしには読めないでしょう。長いこと生活を共にした猫がお星様になった前後を描いた作品集です。

最初のうちは(西原理恵子+さくらももこ)÷2風の作風でゆず(猫の名前)と作者の交流を面白おかしく描いた作品が並んでいて、クスッとしたり、大笑いしたり、ゆずの愛らしさにほわーっとなったりしながら楽しくすいすいと読めます。

READ MORE

日本-ドミニカ共和国

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

東京へ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。