プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年最後のレビュー-『黒猫館の殺人』

当ブログは年中無休、大晦日も開店しております。正月も元旦から営業予定ですので、よろしく!(ただし、2日、3日は休業予定)

さて、今年最後の記事であります。最後はやはりブログのメインテーマである「読んだ本のレビュー」で締めるべきでありましょう。2006年最後のレビュー対象は新本格のリーダ・綾辻行人さんの館シリーズのひとつです。

綾辻行人の館シリーズは全部読んでいたと思ったのですが、最近になってこの本は「読んでねんじゃね?」ということに気づき、古本屋で購入しました。

「読み始めたら『やっぱり読んでた!』ってなことになるんじゃないか」なんて思ったりもしましたが、"やっぱり"読んでませんでした。まあいいや、この時期に綾辻行人の館シリーズを読めるなんて幸せです。

さて、ではということでレビューを書こうと思ったら、もはや記憶があいまいに。実はこれ読んだの先月のことなんです。ネタがだぶつき状態の中ついついレビューを書くのが延び延びになってしまって・・・・。

ということで、今回はあっさりと行きましょう。

READ MORE

スポンサーサイト

今年読んだ本、挫折した本

タイトルと関係のないお話ですが、昨日の真央ちゃん、よかったですね~。素人が見ても演技は完璧。ひとり図抜けていました。最後の涙もよかった。泣いても笑っても可愛い~。

さて、本題に入りましょう。

今年も残り2日となりました。明日大晦日も記事は書くつもりではありますが、どうなるかわからないので、ひとまず今日、今年の総括をしておきたいと思います。

今年読了した本は140冊強。ほぼ平年並みです。平年並みと言っても2004年以降のことで、それまでは100冊前後でした。なぜ2004年から急増したかというと、2004年から本社に転勤になり通勤時間が長くなったからで。読書もできるし、早起きにもなったし、通勤時間が長くなるのも悪くないかなと思ったりして。

さて、今年読んだ本の中で「じっちゃんの評価」★★★☆以上を獲得した本と途中挫折した本を総括の意味で掲載しますので、ご笑覧を。

READ MORE

お買得!-『たまった「疲れ」が驚くほどとれる本』

疲れがとれる本
『たまった「疲れ」が驚くほどとれる本
―クタクタの体と心がスッキリ回復!!』
(ヘルスケア研究会、永岡書店文庫、510円)


魅力的なタイトルの本でござんしょ? 510円で体と心の疲れが取れるんだっらこんなに安い買い物はありません。

で、一読どうだったかというと、まずまず看板に偽りなしですね。これで「疲れが驚くほどとれる」かどうかは、実践がまだまだなので、保証まではできませんが、少なくともそのためのヒントがぎっしり詰まっています。その数なんと200以上! しかも、そのほとんどがすぐできる簡単なものばかり。まずはお買い得と言ってもいいのではないでしょうか。

それでは、それらの技の中から私が気に入ったものをいくつか紹介しましょう。

READ MORE

こんな犬ほしい-『ウォッチャーズ』

オンライン書店ビーケーワン:ウォッチャーズ 上オンライン書店ビーケーワン:ウォッチャーズ 下
ウォッチャーズ上・下
ディーン・R・クーンツ
文春文庫
ちょっと古い本だからあぶないなと思ったら、案の定アマゾンのリンクにはイメージなし。bk1に行ったらイメージがあったので、初めてbk1のを使ってみました。だからいつもと雰囲気が違うという次第。ただ、残念なことにアマゾンもbk1も在庫切れ。いい本なのに惜しい。というわけで古本市場を覗いてみたら、ありました! しかも各210円とお買得! 「読みたい」と思った方はそちらでどうぞ。

さて、久々のクーンツであります。クーンツを一言でいうと、非常に乱暴かつちょっと失礼な言い方になってしまいますが、あの超売れっ子作家スティーブン・キングを一回り小さくしてSFのスパイスをかけたような作家と言ったところでしょうか。日本での知名度はキングに一歩も二歩も譲りますが、アメリカでは「SF小説からホラー、犯罪、サスペンスなどジャンルミックスした手法で80年代から現在もなおベストセラー作家であり続けて」います(Wikipediaより)。

クーンツはかつて『戦慄のシャドウファイア』『ファントム』などを読みましたがその後読まなくなってしまいました。当時やはり読んでいたキングの作品もその後読まなくなってしまったので、作品の質というよりも、ホラー的な作風が私の好みと若干ずれがあったのでしょう。

それを再び読む気になったのはひさきゅ~さんの強烈な"推し"があったからで。ひさきゅ~さんに言わせると「墓まで持ってく本」だそうです。すごい!

で、先に結論を言ってしまいますと「いや~、ひさきゅ~さん、おもろい本をありがとう! ハラハラドキドキあり、謎解きあり、ロマンスあり、涙あり、笑いありで堪能しました」。

READ MORE

博多にて②(博多ラーメンとお城編)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ヘリコプターを買った話

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

博多にて①(ふぐ編)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

お気に入りがまたひとつ増えました-『お鳥見女房』


楽しみなシリーズがまた増えました。諸田玲子さんの『お鳥見女房』シリーズです。

諸田玲子さんは、何を隠そう、私と同郷、静岡市生まれであります。しかも、私の出身高校の憧れの的だった女子高校のご出身者 今は共学になって昔の栄光は見る影もないとのことでありますが、当時は静岡市の、いえ静岡県の女子高No.1でありました。実は私の初恋の人もその高校でして・・・・。

こほん、そんな話はともかく。

『お鳥見女房』の何がいいって、登場人物もお話も暖かいんですよ~。ほら、私「暗い、汚い、残酷な話」はキライじゃないですか(「そんなの知らない」という方はこの記事参照)。したがって、その逆「明るい、上品な、暖かい話」は大好きなんですよ。『お鳥見女房』はまさしくこの三拍子が揃っています。

主人公の珠世-御鳥見役の女房ですね-がまずいいです。苦労を苦労と思わないで前向きに受け取り、窮地にも冷静沈着、いつも笑顔を絶やさない。すごく前向き。暖かい。う~ん、一言で言えば肝っ玉かあさん。昔テレビでやってた肝っ玉かあさんとは違ってずいぶん美人ですけど。

にしても、御鳥見役ってのはこの作品で初めて知りました。どんなお役目なんでしょう。

READ MORE

広島にて④(第2日目・後編)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

広島にて③(第2日目・中編)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

武士の一分

武士の一分

『武士の一分』観てまいりました。嫁さんと長女が一緒です。

主演のキムタクは熱演でしたし、演技力も大したものですが、全体的な印象はイマイチ。何かチンピラっぽくて、人間的な厚みが感じられません。時代劇には向かない気がいたしました。

初めて見る檀れいさんはよかったです。きれいだし、清楚だし、甲斐甲斐しくも凛々しい武士の女房役にぴったり。

ストーリーは小粒ですね。スケールの大きな話を期待していると肩透かしをくらいます。結末は山田洋次監督おとくいの・・・・オットット、ネタバレになるところでした。私は好きな終わり方です。

【じっちゃんの評価:★★★】

広島にて②(第2日目・前編)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

広島にて①(第1日目)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

広島、そして福岡へ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ラーメン『凪』

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

グレッグ・ルッカの『守護者』(


『耽溺者』が「2005年度本の雑誌が選ぶおすすめ文庫のベスト10」の2位に選ばれるなど(※)何かと評判なグレッグ・ルッカは以前から気になっていましたが、ようやく読むことができました。ただし、今さら翻訳を読むのもシャクなので原書で読んでみました。

※最新情報によれば、今年出版の『逸脱者』も2006年度版の6位に選ばれています。

このシリーズはAtticus Kodiakというボディガードを主人公とするハードボイルド。ボディガードを主人公とするミステリというのは、ありそでなさそで、少なくとも私が読むのは初めて(映画ではありましたよね)。この作品では、中絶反対派から嫌がらせを受けている女性産科医のボディガードを引き受けます。

で、読み終わった感想は、う~んイマイチです。

READ MORE

海堂尊の最新作『螺鈿迷宮』を読む


この本、5日前に読み終えていて早く感想を書きたくてうずうずしてたんですが、京都ネタが詰まっていたので、なかなか書くことができず、京都ネタが終わった今ようやく書けました。

『チーム・バチスタの栄光』『ナイチンゲールの沈黙』で注目の作家・海堂尊の3作目にして最新作。前作からわずか2ヶ月で新作を出すわけで「大丈夫?」って思っちゃいますが、作者によれば「昨年の秋には、原型になる長篇が一応完成していました。それに大幅に加筆修正を行って、今回の作品が完成したんです」とのことです。つまりは『チーム・バチスタの栄光』が出る前には原型が完成してたってことですね。それなら、この出版の早さは納得できます。

前2作とタイトルのつけ方は違うし、登場人物は違うしで、別シリーズなのかなと思ってしまいますが、ご心配なく。白鳥はちゃんと出てきます。しかも、前2作では登場人物の会話にしか登場していなかった、最強の部下"氷姫"とともに。でも、白鳥、なぜか皮膚科の医者してるんですよね。その謎については是非本作をお読みください。

白鳥は出てきますが、主人公(語り手)は愚痴外来の田口先生ではなくて、同じ東城大学医学部の学生・天馬大吉。舞台も東城大学ではなく、前2作でも出てきた、東城大学とも関係の深い桜宮病院。ひょんなことから天馬大吉が桜宮病院に潜入して内情を調査することになることから物語は始まります。

読み終わっての感想は、いや~ここまでやるかって感じ。いえ、白鳥がじゃなくて、作者が。何か、ぶっ飛んじゃってます。

READ MORE

京都へ⑤-じっちゃんのベスト3・その3

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

京都へ④-じっちゃんのベスト3・その2

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

京都へ③-じっちゃんのベスト3・その1

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

京都へ②-じっちゃん妻のベスト3

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

昭和記念公園に紅葉を見に

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

"氷姫"見参!-海堂尊の新作入荷


アマゾンに予約していた『螺鈿迷宮』が本日届きました。

『チーム・バチスタの栄光』『ナイチンゲールの沈黙』の海堂尊の新作で、アマゾンが予約を受け付け始めた時にすぐ予約しました。それくらいこの作者には期待してるんですよね。『ナイチンゲールの沈黙』は正直イマイチだったけれど、この作者は登場人物のキャラ作りが抜群だし、物語作りもうまいので、このあとどんどん大物になっていくのではないかという予感がします。

この『螺鈿迷宮』は前二作にも出てきた桜宮病院が舞台みたいです。主人公は田口医師ではなく、同じく東城大学の医学生・天馬大吉。あの白鳥も出てくるみたいですよ。でもなぜか皮膚科の医師。どういうこと?

それからあの白鳥の部下の"氷姫"がついに登場するそうです。本が届くまで知らなかった。楽しみ~。即刻読まなくちゃ。(今読んでる本はど~なる!?)

古本市場から大量入荷&無線LAN

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

『ローマ人の物語』に再び挑む


いよいよ師走ですね。今朝はやけに寒い気がします。初めてマフラーと手袋が欲しくなりました。11月が暖かかった反動で12月は寒くなるのかなあ。

さて、最近仕事が多忙なせいもあってブログの更新が滞っている間に読み終えた本が続々と溜まってきて、4作品がレビュー待ちとなっています。加えて京都旅行ネタもあるので、もうネタが消化しきれないくらいだぶついている状態。ネタも、ないときにはとことんないんだけどなあ。

今日はがんばってひとつ消化しましょう。塩野七生さんの『ローマ人の物語』です。

『ローマ人の物語』はハードカバーで出たときに読んで1巻目の途中であえなく挫折したという苦い経験があります。でも、その後ずっと気にはなっていて、あることをきっかけに再度チャレンジすることにしました。もちろん今度は文庫版です。

そのきっかけというのは、私がよくご訪問する「たか@ヒゲ眼鏡の探偵小説趣味(古典派宣言)」というブログと「本の山。」というブログで立て続けに『ローマ人の物語』についての記事を目にしたことです。それで「も一度チャレンジしようかな」という気になっていた時に、仙台出張で帰りに読む本がなくなるというピンチに見舞われました。早速書店(仙台ジュンク堂)に飛び込んで復路で読む本を物色していたところ『ローマ人の物語』が目に飛び込んできました。時間もなかったことから躊躇なく購入し、帰りの新幹線で読み始めたという次第。

読んでみると、最初に挑戦したときになぜ挫折したんだろうと思うほどさくさくと面白く読めました。あえて言えば、最後のギリシャ古代史の、特に最初のあたりがちょっと教科書的で退屈かな。でも、その後また面白くなりますので、これから読まれる方はここのところは是非我慢して乗り切ってください。(←エラソー。先輩面~)

READ MORE

カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。