プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な魅力-『片眼の猿』


道尾 秀介 / 新潮社(2007/02/24)
Amazonランキング:1109位
Amazonおすすめ度:


一週間のごぶさたです。英語の勉強&仕事(※)が控えているので今回は手短にいきます。
 ※英検1級の勉強を本格的に始めたとたん仕事も忙しくなって、ちょっとメゲメゲです。

私めのご贔屓・道尾秀介さんの長編第5作目です。今回も『シャドウ』に続きシリーズものではありません。

ひとことで言って不思議な作品です。殺人は出てきますが、トリックも軽めですし、この作品のメインテーマではありません。この作品の主眼は別にあって、ちょっと説明しづらいのですが、よくこんなことを考えつくものだと感心してしまうたぐいのものです。ちょっと島田荘司さんの作品を彷彿とさせますが、島田さんの作品に比べるとかなり軽妙洒脱です。

主人公は私立探偵。といっても、シャーロック・ホームズや金田一耕介のようないわゆる"名"探偵ではなく、かと言ってフィリップ・マーロウのようなハードボイルド的私立探偵でもありません(どちらかと言うと後者の方が近いですが)。我々の住むリアルな世界にいる、浮気調査などを専門にする私立探偵です。この探偵が極めて特異な能力の持ち主なのです。それも「え、コレっていったい何? マジ? 何でこんな能力があるの?」--そう思うようなたぐいの。その何とも言えない不思議感がこの作品を支えるメインのアイデアです。

READ MORE

スポンサーサイト

再び、The "Road to EIKEN-G1"へ


このブログを始めた当初、本のレビューとともに"Road to EIKEN-G1"(英検1級への道)というシリーズを時折掲載していました。もちろん、記事を書くだけではなく実際に英検1級を目指して勉強していました。ところが、そのうちブログが面白くなってきたこともあり、英検1級に対する熱がやや冷め、"Road to EIKEN-G1"の記事掲載もあえなく休眠となりました。

その後も英検1級に向けての勉強を止めたわけではなく、細々と続けてはいたのですが、実際に受験するわけでもなく無目的にダラダラと勉強している中途半端な状態を続けるのはよくない、いっそのこと受験をすっぱりと諦めるか、さもなくば実際に受験するかどちらかにすべきと考えた次第です。で、結局清水の舞台から飛び降りる気持ちで6月に行われる英検1級に申し込みをしました。

受験を決めたからにはできることなら合格したいし、少なくともそれに向けて最大の努力を払っていきたい。よって、英検1級の受験完了までの数ヶ月間は、これまでブログに向けていた情熱のかなりの部分を受験勉強に向けていくことになると思います。最近は2日に1度のブログ更新を目標にしていましたが、今後は恐らく1週に1度か2度程度の更新になると思います(※)。
 ※それ以上の頻度で更新されていたら、英検の勉強がきつくてさぼっているとお察しください(笑

さらには、コメントいただいた方へのレスも遅れがちになるかも知れませんし、皆様のブログへの訪問もこれまでのようにはできなくなるかと思います。場合によってはROMになりきって身を潜めることになるやも知れません。その節は事情をご斟酌いただき、ご容赦いただければとお願いする次第です(シ_ _)シ

そして、まことに勝手なお願いと承知しつつ、当ブログに対してこれまでと変わらぬご愛顧と応援をいただけたら幸いです。

なお、"Road to EIKEN-G1"の記事の再開はいたしません。深く静かに潜行していこうかと思います(^v^) もし万が一合格したらその時はご報告したいと思います(・・・・合格しなかったら?!)。

解禁!りんご酒&いちご酒

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

史上空前のミステリ?!-『天帝のはしたなき果実』


古野 まほろ / 講談社 ¥1,680
Amazonランキング:22212位
Amazonおすすめ度:


「めくるめく知の饗宴、物狂おしいまでの超絶技巧。メフィスト賞、いやノベルス史上空前の本格ミステリ」(帯の惹句より)。新本格の仕掛け人にしてメフィスト賞の創設者宇山日出臣氏の言葉とあれば、読まずにはいられないでしょう。ましてや、冒頭に『虚無への供物』の登場人物・奈々村久生の言葉が引用されていることからもわかるように、あの超名作『虚無への供物』へのオマージュとして書かれているとなればなおさらです。

で、実際読んでみて「史上空前」というのは間違いありません。『虚無への供物』のオマージュというだけあって『虚無への供物』との類似点もいくつかあるものの相違点も多いですし、「史上空前の」ミステリといえば真っ先に思い出す清涼院流水や麻耶雄嵩、殊能将之、あるいは京極夏彦、さらには大御所・小栗虫太郎の作品ともまったく違っています。違っているだけでなく、「史上空前」という形容詞にふさわしい仕掛け(良し悪しは別にして)がいくつもあります。

そういう意味でこの本を読む価値は大いにありです。しかし、しかし。ミステリとしての、いやそれ以前に物語としての出来は・・・・残念ながら疑問といわざるを得ません。

READ MORE

すごい!-『こうちゃんの簡単料理レシピ』


相田 幸ニ / 宝島社(2006/04/14)
Amazonランキング:285位
Amazonおすすめ度:


こうちゃんの簡単料理レシピ2
こうちゃんの簡単料理レシピ3

ある日妻が私にこのようなことを言いました。「今、普通の人なんだけどぉ、まあちゃんとかいう人がぁ、ブログで料理のレシピを書いててぇ、評判になっているんだよ。すっごくおいしんだって。テレビにも出てるんだよ」。へえと思った私は早速ネットで検索してみましたが、どう検索してもそれらしいブログは見つかりません。変だなあと思いつつも、しかたないのでその場はあきらめたのですが・・・・。

そんなことがあったすぐ後、日課になっているアマゾンのブラウジングをしていたら、トップセラーリストの中に『こうちゃんの簡単料理レシピ』なる本があるのが目に飛び込んできました。「うん? こうちゃん? 料理?」---ピン!と来た私は妻に聞いたのでした。「ひょっとしたらこの間言ってた『まあちゃん』て『こうちゃん』じゃないの?」と。返って来た返事は・・・・もはや再現するまでもありませんね。私は妻のために躊躇なくアマゾンの「購入」ボタン(※)をクリックしたのでありました。
 ※正確には、言うまでもなく、「購入」ボタンなんてのはありませんが。

で、『こうちゃんの簡単料理レシピ』であります。

READ MORE

ココア酒とトマト酒も仕込んでみた

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

iPodにハマって

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

シャーロック・ホームズを原書で①-『冒険』


Arthur Conan, Sir Doyle / Wordsworth Editions Ltd(1997/09/01) ¥525
Amazonランキング:73927位
Amazonおすすめ度:


『シャーロック・ホームズの冒険』を原書で読み始めたのが昨年の7月。9ヶ月弱でようやく読みきりました。写真は今一番売れ筋のものを掲載していますが、実際読んだのはこれではありません。最初は『The Original Illustrated "Strand" Sherlock Holmes』なるホームズもの全作品を集めた本で読み始めました。ところが、そのうちWebにこんなサイトがあるのに気づきました。なんとここではシャーロック・ホームズの全作品がタダで入手できるのです。しかもオリジナル・イラスト付き。ホームズものの著作権が切れているからこそできる芸当なのですが、それにしてもいい時代になったものです。このサイトの存在に気づいてからはこのサイトを印刷したもので読むようになりました。

前置きはこれくらいにして本題に入りましょう。

READ MORE

小栗さんの突撃英語勉強ルポ-『英語ができない私をせめないで!』

先日広島へ出張に行った際に、折角なので半日お休みをもらって安芸の宮島に行って参りました。世界遺産の厳島神社、古い町並み、ロープウェー山頂(弥山)から見る瀬戸内の島々、対岸の広島の風景・・・・とてもすばらしいところでした。それに関する紀行的無駄話はまた今度ヒマな時にでも気が向いたら・・・・ということで、今回は溜まっているレビュー待ちの本から一冊紹介。


小栗 左多里 / 大和書房(2006/04) ¥650
Amazonランキング:173161位
Amazonおすすめ度:


『ダーリンは外国人』シリーズの小栗左多里さんの英語学習格闘記。

小栗さんはご存知のとおり旦那さまがアメリカ人、つまり英語のネイティブ。ところが小栗さんご自身はほとんど英語が話せません。なぜって・・・・「彼が日本語ペラペラだから」。そして、そんな状態であることにそれまでは疑問を持たないでいたのですが・・・・。ある日トニーさん(=ネイティブの旦那さん)から「そろそろ海外に住むことを真剣に考えないか」と言われて、「海外に住むには英語は必須」と英語学習を決意します。それから小栗さんの英語との格闘の日々が始まります。

小栗さんは本書の中で「すいません、ふつうこういう本って話せるようになった人が書くものですよね・・・・」とあやまっておられますが、あやまるこたーない、そこが本書のいいところなんです。自分と同じようなレベルの人が英語上達のために悪戦苦闘する姿が等身大で描かれていて共感をもてますし、また役にも立ちます。英会話学校に行ったものの値段の高さに比べての質の低さに呆然としたり、英語の勉強を始めたのはいいが上達の遅さに挫折したり、つい怠け心が出てサボったり。手作り感満載です。

さて、英語の勉強を決意した小栗さんの当初の実力はどんなものだったんでしょうか?

READ MORE

血湧き肉躍るローマ版三国志-『ハンニバル戦記』


塩野 七生 / 新潮社(2002/06) ¥380
Amazonランキング:4500位
Amazonおすすめ度:


ローマ人の物語 (4) ― ハンニバル戦記(中) 新潮文庫 ¥460
ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) 新潮文庫 ¥420

急速に成長するローマと、北アフリカの大国カルタゴとの激突(ポエニ戦役)を描く『ハンニバル戦記』ですが、いやあ面白かった、燃えました。吉川英治の『三国志』の興奮がよみがえりました。もっとも二国間の激突なので『三国志』より『項羽と劉邦』に擬する方が適切かも知れませんが。

3巻中特に面白いのは、アレキサンダー大王に次ぐ名将と言われ、本書のタイトルにもなっているハンニバルがカルタゴの将軍として登場する中巻-第二次ポエニ戦役からです。

ハンニバルは、大軍を率い象(!)も連れて(※)アルプス越えをし、北からイタリア本土に攻め込むという常識はずれの戦法を取ってローマ人の度肝を抜きます。これによりローマは、イタリア統一後始めて本土を他国に侵略されるという屈辱を味わいます。天才的な戦術家であるハンニバルは向かうところ敵なし、イタリア半島を蹂躙して、ローマにまで攻め寄ります。
 ※カルタゴ独特の戦法で象を現代の戦車のように使う。

そして、窮状にあるローマの救世主としてひとりの名将が登場します。ハンニバルとともに古代の名将ベスト5を選べば必ず入るといわれ、カエサルとともにローマ史に燦然とその名を残す名将スキピオです。

READ MORE

「おほみこともちのつかさ」へ行く

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

人生観が変わるほどの衝撃-『時間はどこで生まれるのか』


橋元 淳一郎 / 集英社(2006/12)
¥693
Amazonランキング:997位
Amazonおすすめ度:


「時間とは何なのか」ではありません。「時間はどこで生まれるのか」です。時間は「在る」ものではない「生まれる」ものだということを暗示しています。このタイトルからして刺激的で、時間に関する新しい理論の展開が予感されます。そしてその予感は「当たり」でした。

正直言います。私はこの本の論ずるところが半分も理解できませんでした。しかし、にもかかわらず、この本の論考は面白くかつ刺激的で、その結論には衝撃を受けました。いえ、「衝撃」では生ぬるいかもしれません。震撼させられ、呆然とさせられました。そのくらいものすごい時間の概念が提示されます。

今、難しくてよくわからなかったと書きましたが、難しいのはその概念(※)が難しいからで、著者の筆力に問題があるわけではありません。
  ※最新の物理学、相対論とか量子論とかって、もう頭で想像することすら難しい概念てあります
   よね。例えば、空間に時間が加わった四次元空間=時空とか、非ユークリッド空間とか、不確
   定性原理とか、確率論的実在(シュレディンガーの猫)とか。そういうのを、そんなことは知
   らない他人に説明する難しさを思ってください。しかも、著者がこの本で提示するのはそれ以
   上に異様な概念なのです。

READ MORE

続々・元祖天満宮へ行く

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

続・元祖天満宮へ行く

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

元祖天満宮へ行く

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

冷すな温めろ!-『心もからだも「冷え」が万病のもと』


川嶋 朗 / 集英社(2007/02)
Amazonランキング:38086位
Amazonおすすめ度:


タイトル通り「からだやこころの"冷え"が現代人の健康を蝕んでいる。だからからだやこころを温めなさい」と主張する本。

からだの冷えが万病の元になっているとする医師としては石原結實氏が有名ですが、孤軍奮闘の感の石原氏に援軍が加わった形。石原氏はからだの冷えについてのみ論じているのに対し、この本の著者の川嶋氏はこころの冷えについても論じているのが新機軸でしょうか。ただ、その主張は昔からある「病は気から」を言い換えているだけのようにも見え、それほどの新味は感じませんが。また、石原氏は「水をあまり飲むな」と主張するなどちょっと過激なところがありますが、それに比べると川嶋氏の方が穏健なので、一般に受け入れやすいかも知れません。

現代人は冷蔵庫やコンビニの発達で冷たい飲み物を取る機会が増え、それによって内側からも冷やされ、一方冷房の発達により外側からもガンガン冷されています。これによりさまざまな病気が引き起こされていると著者は主張します。

READ MORE

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。