プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"False Impression"-または『ゴッホは欺く』


 

Jeffrey Archer / St Martins Mass Market Paper(2006/11/28)
Amazonランキング:884位
Amazonおすすめ度:


名画を巡るミステリというとどうしても『ダ・ヴィンチ・コード』を思い浮かべてしまいますが、『ダ・ヴィンチ・コード』が絵画自身とその背景に潜む謎を核としたミステリだったのに対し、こちらはそうではなく、ゴッホの名画「耳を切った自画像」(写真後掲)を巡る争奪戦をテーマにしたミステリになっています。

主人公はあの世界的美術オークションハウス・サザビーズを辞めたばかりの若き女性美術コンサルタント・アンナ。これに対する敵役は悪徳銀行家フェンストン。フェンストンが「耳を切った自画像」の持ち主から汚い手で名画を奪い取るのをアンナが防ごうとします。

二人の攻防戦はニューヨークを基点にロンドン、ブカレスト、モスクワ、そして東京(!)と世界狭しと繰り広げられます。そこにアンナを狙う女殺し屋クランツ、フェンストンの悪行を暴こうとしてアンナを追いかけるFBI捜査官ジャックが絡んでサスペンスを盛り上げます。

さて、東京が出るからには日本人の登場人物もと期待しちゃいますよね(一方でヘンな奴が出てこないかという心配もありますが)。

READ MORE

スポンサーサイト

久々の尾瀬あきら-『オンサイト!』





オンサイト! (1) (2) 
尾瀬 あきら / 講談社
各¥540

尾瀬あきらは、ずいぶん前のことですが、出世作の『夏子の酒』を読んだことがあります。兄の死をきっかけに蔵元を継ぐことになった夏子が幻の酒造りに挑むというお話。和久井映見主演でTVドラマ化もされました。ひとりの人間がさまざまな困難に出会いながらその夢を実現していく・・・・こういう根性もの的サクセス・ストーリーは私大好きでありますし、しかも主人公の夏子が可愛くてかっこよくて、私、すっかりはまったものです。TVドラマの方の和久井さんもよかったなあ。ぽっちゃり系の女性が好みの私としましては、あの方は理想的な女性でして。

この『オンサイト!』も根性もの的サクセスストーリーです。テーマはフリークライミング。道具を使わずに手足だけを使って山壁を登るスポーツです。

そのフリークライミングに挑むのは内気でひ弱な小学校6年生の少女麻耶。麻耶がフリークライミングに惹かれるきっかけは、ちょっとできすぎの感じがしないでもありませんが、うまく工夫されていて違和感がありません。そして彼女がフリークライミングにのめり込んで行く理由もきちんと用意されていて、ここんところ尾瀬あきらさんうまいなあと感心します。

READ MORE

しょうがとパイナップルと・・・・

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

最近読んだ本

最近読んだ本でレビューを書いていないものがたくさんあります。ご存知の事情で忙しいこともあるのですが、どうしても紹介したいという本がないのも一因ではあります。そこで今日は、4月以降に読んだ(途中放棄も含む)本をリストアップしてみます。ただし、ブログでレビュー済みのものと複数巻構成の途中巻のものは除きます。


『写楽―江戸人としての実像』(中野三敏、中公新書)★★★

写楽の正体については江戸時代の有名な文人・斎藤月岑の『増補・浮世絵類考』に阿波候の能役者・斎藤十郎兵衛であると書かれています。本書はそれを信頼することから出発し、それを補強する資料を挙げつつ緻密な論考を展開して、やっぱり写楽は斎藤十郎兵衛であることを実証しています。非常に興味深い内容でしたが、残念なのは気持ちが湧き立つようなところがないこと。


『日曜の夜は出たくない』(倉知淳、創元文庫)★★★

私の好きな倉知さんの作品。猫丸先輩というキャラ立ちばっちりの探偵役を据えたミステリ連作短編集。ひとつひとつの作品はイマイチこれはというものがありませんでしたが、最後の、それまでの短編を串刺しにしてしまうアイデアがすごい。


『チャンスがやってくる15の習慣』(レス・ギブリン、ダイヤモンド社)★★★

なかなかいいことを言っていて感銘しましたが、以前読んで非常に感動した『小さいことにくよくよするな』と重なるところが多く、また内容的にも『小さいこと』の方が厚みがあります。


『犬は神様』(山本容子、講談社)★★

版画家が自分の飼い犬について書いたということで、自分も犬を買っている身として期待したのですが、内容に厚みがなく期待はずれでした。


<以下途中放棄本(画像なし)>
『明治天皇 1』(ドナルド・キーン、新潮文庫)
-これを放棄したのは私の方に責任があるかも。もう一度ゆったりした気持ちで再読してみたい気も。

『統計学を拓いた異才たち 経験則から科学へ進展した一世紀』(デイヴィッド・サルツブルグ、日本経済新聞社)
-統計学は好きなので期待していたのですが、どうも最初から展開がもたもたしていて。

『動機』(横山秀夫、文春文庫)
-横山秀夫は過去2作(それも世評の高いもの)を読んでいますがいずれもいまひとつでした。今回仲直りのつもりで読みましたが、最初の2作品を読んだところで「こりゃダメだ」と。横山秀夫とはこれでサヨナラですね。

『名探偵たちのユートピア』(石上三登志、東京創元社)
-世評が良かったので読んだのですが、議論の掘り下げが足りなくてがっかり。

『山が見ていた』(新田次郎、文春文庫)
-新田次郎のミステリ短編集ということで期待したのですが、2編読んだところでまったく面白くなくて。

『赤朽葉家の伝説』(桜庭一樹、東京創元社)
-長~いあらすじを読まされているような感じ。もう少しで面白くなるかもしれないと我慢して読んだのですが、一向に面白くならず、半ば近くまで読んだところで放棄。

究極のトリック?!-『ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ !』


深水 黎一郎 / 講談社(2007/04/06)
Amazonランキング:1615位
Amazonおすすめ度:



最初タイトルにある「ウルチモ・トルッコ」って何の意味だろうと思ってたのですが、ウルチモ=ultimo=ultimate(英語で「究極の」)、トルッコ=trucco=trickだろうと想像が付き、語感からイタリア語だろうと当たりをつけ、オンライン辞書で調べてみたら案の定イタリア語で「究極のトリック」という意味であることが分かりました。こうして見るとやっぱり英語とイタリア語って似てるんだなあと当たり前の事実に改めて感慨を覚えました。

「究極のトリック」とは大きく出たもんですが、タイトルで宣言している通り読者を犯人に仕立て上げることができたら、あながち大ぼらでもありません。読者=犯人というのは確かに「究極の」意外な犯人ですからね。

読者=犯人に挑戦したミステリは数こそ少ないですがこれまでにもないことはありませんでした。しかしながら(私もいくつか読んだことがありますが)どれも読者が心底「自分が犯人だ」と思えるようなものではありませんでした。そのことは本書の作者も本書の中で言及しています。そして、この『ウルチモ・トルッコ』はそうではないと高らかに宣言しています。期待せずにはいられないではありませんか。

その結果はどうだったでしょうか。

READ MORE

ドイル版西部劇?!-『緋色の研究』


コナン・ドイル, 日暮雅通 / 光文社(2006/7/12) ¥500
Amazonランキング:12179位
Amazonおすすめ度:


※画像は翻訳版ですが、実際に読んだのはこのサイトで無料で入手できる英語版です※

ご存知、ホームズものの記念すべき第一作。ホームズ・ファンにはたまりません。

ホームズとワトソンが初めて出会って意気投合し、あのベーカー街221B番地に共同で部屋を借りて同居生活を始めます。ワトソンとの初めての出会いでホームズはいきなりかまします-「あなたはアフガニスタンに行っておられましたね(You have been in Afghanistan, I perceive.)」。もう第一作からすでにあの有名な、依頼人を見ただけでその素性を言い当ててしまう推理を披露しているんですね。これだけでもうファンはハートをわしづかみにされてしまいます。

本書は二部構成になっていて、第一部が殺人事件編(事件発生から犯人逮捕まで)、第二部は過去に遡って殺人のきっかけとなる事件を描きます。

READ MORE

初めての「圧力鍋」

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ペンギンが歌い踊る!-『ハッピーフィート』

ハッピーフィート
ちょっと前になりますが、アカデミー長編アニメ映画賞を取って話題の『ハッピーフィート』を妻、次女と一緒に見てきました。

見終わった感想は「アニメもここまで来ちゃったか」というものです。ていうか、もうこれまでのアニメの定義から外れている感じ。ご承知の通り南極に住む皇帝ペンギンが主人公のアニメで、ペンギン以外にも南極の動物たち、トウゾクカモメ、ゾウアザラシ、セイウチ、シャチなどが登場しますが、もうどれもが毛の一本まで本物そっくり。本物の動物たちが人間同様情感たっぷりに演技して一本の映画を作り上げたって感じ。CGだからと言ってしまえばそれまでですが、豚が主人公の実写映画『ベイブ』の製作者にして続編『ベイブ/都会へ行く』の監督でもあるジョージ・ミラー(※)のこだわりが感じられる仕上がりとなっています。
 ※『マッドマックス』の監督でもあります。

ストーリーはTVで宣伝しているのでご存知かも知れませんが、簡単に紹介しましょう。

この物語における皇帝ペンギンの世界は歌が上手に歌えることが最大の価値基準という設定。ところが歌上手の夫婦の間に生まれたマンブルは大の音痴。そのかわり、心がウキウキしてくると勝手に足が動いてタップダンスを踊ってしまいます。マンブルは天性のダンサーだったのです(これがタイトルの由来)が、歌が唯一のペンギン世界ではまったく認められません。かえって、ヘンなペンギンということで仲間からも大人たちからも爪はじきにされてしまいます。そして、ついには異端のダンスを若者たちに広めようとしていると長老たちに睨まれてしまい、帝国からの追放処分を受けてしまいます。

READ MORE

祝優勝!常葉菊川

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。