プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家にお掃除ロボットがやって来た!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

すぐ身近にある冤罪の恐怖-『左手の証明』

左手の証明
小澤 実 / ナナ・コーポレート・コミュニケーション(2007/06)
Amazonランキング:20997位
Amazonおすすめ度:


痴漢事件で逆転無罪 四三歳の男性に東京高裁判決 この二年を返せ(朝日新聞)
「痴漢行為」逆転無罪 東京高裁「警察のずさん捜査」(毎日新聞)
「痴漢」逆転無罪 「第三者の可能性」(読売新聞)

昨年(3月9日)こうした見出しが各紙を飾ったことを皆さんは覚えておられるでしょうか。私は鮮明に覚えています。通勤途中のごく平凡なサラリーマンが、女子高校生に痴漢と間違えられて警察に突き出されてしまい、逮捕・勾留の挙句一審で有罪宣告を受け、その後ようやく控訴審で逆転無罪を勝ち取ったという事件です。

この事件を知って、世の男性諸氏は私同様震撼する思いだったのではないでしょうか? そして、この事件に限らず近頃こうした「痴漢冤罪」事件をよく目にします。

「以前は冤罪事件と言われても、別世界の出来事のように感じていた。ところが、ある日『痴漢冤罪』という言葉を眼にした。驚愕した。冤罪はひとごとではなく、すごく身近にあった」

これは、今回紹介する『左手の証明』の著者・小澤実さんの言葉ですが、まったくその通りです。もし、自分が身に覚えのない痴漢行為で逮捕されてしまったら・・・・。家族は、仕事は、自分の名誉は? ああ、考えただけでも恐ろしい。

私自身『痴漢冤罪』事件があることを知って以来、電車の中ではできるだけ痴漢に間違われないような工夫をするようになりました。若い女性にはできるだけ近寄らない、手は下に下げずにできるだけ上に上げておく、空いた手はつり革を掴むなどして遊ばせておかない等。笑うなかれ、本人は真剣なんです。

それはともかく、そもそもどうしてこういう事件が起きてしまうのか。被害者のサラリーマンはなぜ痴漢と間違われたのか? なぜ警察でも検察でも一審でも潔白を証明できなかったのか? 家族はこの間どのような気持ちで過ごしていたのか? 勤め先の反応は? どのようにして最終的に無罪を勝ち取ったのか?・・・・いろいろな「?」が涌いてきます。そんなわけで、この事件を扱った本-『左手の証明』(小澤実)を書店で見かけた時は、こうした「?」を解き明かすチャンスと、迷うことなく手に取りレジへと運びました。

READ MORE

英検1級合格体験記②おススメ「合格体験記」

※前回の合格体験記はこちら

前回「受験にあたっては、既に合格されている方の合格体験記が大変参考になりました」と書きました。私の体験記を始める前に、まずはそれら参考になった合格体験記(ブログ、HP)をご紹介しましょう。これから私が書くへぼな合格体験記よりもよほど参考になるかも知れませんからね。

●定番編●
まずは英検1級を受ける人ならたいていの人が利用するであろう有名なサイトから。

英語を学ぶすべての人へ
サイトの謳い文句に「TOEIC全国1位、英検1級、TOEFL287点の作者が、効率的な英語学習法、資格試験攻略法を紹介しています」とあります。その謳い文句どおり、英検に限らず英語の学習法について書いたサイトであり、その情報量は半端じゃありません。英検1級については「資格試験攻略法 > 英検攻略法」というカラムに記載されています。学習法のみならず、当日の心構え、受験テクニックも書かれていて大変参考になります。また、カラムのひとつである「語源で覚える英単語」は単語の勉強をする上で役立ちました。なお、2004年度に英検1級の1次試験がリニューアルされています(注1)が、それには対応していません。

  注1:2004年度英検1級1次リニューアルの内容
   《筆記試験》
    (1) 英作文が、英文レター形式から課題英作文となり、語数が200 語と倍増。
      配点は28 点となり、筆記試験の中で35%の配点比重となる。(従来は11%)
    (2) 英文要約問題は廃止。
   《リスニング試験》
    (1) 新たにReal Life問題が追加。
    (2) インタビューの回答形式が、筆記から選択肢になる。
    (3) 筆記で答える長文リスニングは廃止。

READ MORE

英検1級合格体験記①体験記始めます

★2007年度第1回英検で1級に合格した私、じっちゃんの合格体験記です。これから英検1級に挑戦する方の参考になれば幸いです★

私、じっちゃんは、2007年度第1回の英検で1級に合格することができました。(⇒その様子はこちらの記事で) 初めての挑戦での合格でした。また、受験準備に際してはスクール等には一切通うことなく完全な独学でした。私もそうでしたが、独学で受験準備される方にはさまざまな不安がつきまといます。そうした不安を、この体験記が少しでも払拭することができればと身の程知らずなことを考えております。

受験にあたっては、既に合格されている方の合格体験記が大変参考になりました。それらの合格体験記がなければ、少なくとも初めての挑戦で英検1級に合格することはできなかったでしょう。惜しみなくノウハウを提供してくださった諸先輩方には心から感謝しています。それにしても、こうした合格体験情報を手軽に入手できるようになったのも、ネットおよびネットを使ったツール(特にブログ)の発達のおかげです。まったくいい世の中になったものです。

こうして曲がりなりにもブログを運営し、ネットの恩恵に預かっている私としましては、英検1級に合格したからには、惜しみなく合格ノウハウを教えてくださった諸先輩方へのご恩返し、並びに日ごろお世話になっているネット技術へのお礼の意味でも、合格体験記を書かずにはいられません。それに、「合格体験記書いていいですか~?」という問いかけに28もの「いいとも!」(=拍手)をいただいたことでもありますし。というわけで、身の程知らずとは承知しながら、図々しくも生意気にも合格体験記を書いてしまおうと思います。

さて、とは言ったもののの、どこから始めましょうか。そうですね。まずは、私がどんな成績で英検1級に合格したかを(恥ずかしながら)披露するところから始めましょう。

READ MORE

一家に一冊!-『みんなで国語辞典』


「もっと明鏡」委員会, 北原 保雄 / 大修館書店 ¥998
Amazonランキング:316位
Amazonおすすめ度:


「国語辞典なら間に合ってるよ」というあなた、そんなあなたでも、もう一冊手元に置くべき秀逸な国語辞典が出ました! そして、息子が娘が孫が甥が姪が知り合いの子どもが入学するので国語辞典を贈ろうと思っておられるあなた、是非この国語辞典も候補にお加えください!

その最新の国語辞典-『みんなで国語辞典!』は、普通の国語辞典には絶対載っていない新語・流行語・俗語・若者言葉・業界用語等などを取り上げ、しかもその語釈や用例を一般人が書いているという超ユニークな国語辞典。

・・・・とこう書くと、私の言ったことを真に受けて、ホントに入学祝いに贈ってしまっちゃうような人が出現するといけないので、ここで断っておきますと、この本、厳密な意味の国語辞典ではありません。「なら何だ」と言われるとなんとも答えに困ってしまいますが、普通の国語辞典では取り上げられていない新語・流行語・俗語・若者言葉・業界用語等をネタにした笑える雑学本てところでしょうか。でも、私は心底補助的な国語辞典としても立派に使えると信じます。「見出し-表記-語釈-用例-類語-補注」と体裁も内容も国語辞典の要件を満たしてますし、語釈その他も一般人が作ったものといえ、ふざけたり、パロったりしているわけではなく、きちんとしたものになっています(普通の国語辞典に比べて生き生きとしていて返って感心するくらい)。

もともとこの本は、大修館書店が『明鏡国語辞典 携帯版』を新装発刊した際にそれを記念して、国語辞典に載せたい言葉・意味・用例を広く一般から募集したことから事を発しています。その際全国から集まった作品は何と11万を超えたそうです。その中からユニークなもの面白いもの約1,300作品を収録したのがこの『みんなで国語辞典!』というわけです。

で、実際中身はどんなんなっているのでしょうか。

READ MORE

英検1級・2次試験の結果出ました(その2)

その1で書いたように、今日英検のHPで2次試験の結果発表がありました。

READ MORE

英検1級・2次試験の結果出ました

先ほど英検のHPで2次試験の結果発表がありました。

READ MORE

模様替えしてみました+若干の追伸

当分テンプレートは変えないつもりでいましたが、気が変わって変えてみました。変えてみるとやっぱり気持ちがリフレッシュしていいですね。

ちょっと気に入らないところもあるのでカスタマイズしたいのですが、大変そうなのでぼちぼちやります。

P.S. 
ところでハリポタの最新作見てきました。本当はその感想を書きたかったのですが、残念ながらできません。隣の席で中学生(ないしは高校生)の男の子ふたりづれが上映中ずっとおしゃべりを続けていて、冷静に映画を観ることができなかったので( iдi )

デジタルでは測れない人の気持ち-『好きになってはいけない国。』

「好きになってはいけない国」--誰がどこの国について言っているのでしょうか。それがすぐ分かった方はなかなか鋭い方です。私はすぐ分かりました--と言っても、本のジャケットという大きな手がかりがあってのことですが。

思わせぶりはやめましょう。それは・・・・。

READ MORE

2次の発表は18日

今英検のHPで確認したら、インターネットでの英検2次結果発表は7/18の夕刻になるそうです。どきどきして待ちたいと思います。といっても合格確率は約10%(自己推定)なので、あまり期待せずに待ちたいと思います。結果が出たらまたご報告します。

終わりました

英検1級2次試験からただいま帰って参りました。

疲れました。こんなに疲れたのは久々。準1級の2次試験以来でしょうか。控え室で待っている時のドキドキ感は圧倒的で、用意したスピーチ原稿(その数21)を復習しようとしたのですが、緊張のあまり頭の中が真っ白になってなかなか思い出せない始末。焦りました。それに比べて周りの皆さんの落ち着いて見えること。まさに石川啄木の「友がみな我よりも偉く見ゆる日よ」の世界です。

しかし、不思議なもので面接の時間が近づいてくると、開き直ってきたのか、気が落ち着いてきて冷静になってきました(気のせいかも)。

そしていよいよ面接。

知らない方に面接の手順を申し上げますと・・・・。

①部屋に入ります。面接官が2人(1人はネイティブ、1人は日本人)とタイムキーパーが1人が待っています。
②軽い挨拶の後、導入の自由会話が1分間あります。ここで自己紹介したり、簡単な質問の受け答えをしたり。(これは採点の対象になりません)
③スピーチのトピックが5つ並んだカードを渡されます。
④その中から1つトピックを選んでスピーチの構成を考えます。トピックの選択とスピーチ組み立てに与えられる時間はたった1分。
⑤選んだトピックで2分間のスピーチをします。
⑥その後面接官によるQ&Aが行われます(3、4分間)。
⑦これが終わると軽く挨拶して部屋を出ます。

以上です。さて、私のできはどうだったでしょうか?

指定された5つのトピックの中には、残念ながらと言うか、案の定と言うか、準備してきたトピックにピッタリのものはおろか、近いものすらありませんでした(21も用意したのに!)。ここで頭が真っ白になりかけたのですが、何とか気を取り直して、スピーチができそうなトピックを1つ(正確には覚えていませんが、「環境に関する最近の過熱気味の報道は環境問題にいい影響があるか」といったようなものでした)どうにかこうにか選んで(ここまで30秒近くかかったと思います。目標は10秒だったのですが)、続いてスピーチの組み立てに。ここでも気が焦って、ろくな組み立てができないままスピーチに突入。

当然のことにながらスピーチはもうしどろもどろ。それででも、何とか2分間スピーチをやり抜きました。

そしてQ&A。鋭い質問が矢継ぎ早に浴びせかけられます。ここでもしどろもどろになりながら、何とかかんとか回答。もう発音も文法もあったもんじゃありません。そもそも意図が伝わっているかも怪しいくらい。合格体験記によると、このQ&Aはあっという間に終わったという方が多いのですが、私の場合は「まだ終わんないの?」という感じでした。

もう最悪一歩手前の出来でした。「最悪」ではなくその「一歩手前」というのは、想定していた最悪の事態である「沈黙の時間が数十秒流れる」というのはどうにかこうにか避けられたから。とにかく時間一杯なんらかのことをしゃべることができました。

面接が終わってから3時間くらい経つのですが、いまだにお腹が痛いし、頭は興奮状態にあります。

こんなんでしたので、合格の確率は1割程度でしょうか。ゼロではないのは、今も申し上げたように沈黙の時間を作る羽目にはならなかったから。

とにもかくにも終わりました。今はもうゆっくり休みたいです。

オシマイ。

いよいよ明日

英検2次試験もとうとう明日となってしまいました。試験場は神田駅近くの神田外語学院。集合時間は10時15分です。せっかちな性格で遅れることの嫌いな私は9時30分には行くつもり。

これまでは想定問題のスピーチを作ってそれらをひたすら練習していましたが、その中からお題が出るとは限らない(というか出ない可能性の方が大きい)ので、今日は過去問をお題にしていくつか本番形式(事前練習なしのぶっつけ)でやってみました。結果は惨憺たるでき。たいていがしどろもどろでまともなスピーチになりません。しかも2分の持ち時間を1分半とか1分しか使えない始末。ひどいのになると、1、2行しゃべってあとは詰まってしまうものまで。ちょっと落ち込んでしまいました。本番形式の練習をするのがちょっと遅すぎたかも知れません。

でも前日に落ち込んでいては合格はとても望めないので、そこで気持ちを切り替えて「立派な内容をしゃべる必要はない。幼稚な内容でもいい、少々お題から外れててもいい、しゃべれることをとにかくしゃべって2分間を埋めること」と自分に言い聞かせました。そしたらその後の2題はどうにかこうにか2分間話しきることができました。ちょっと(ほんのほんのちょっと)自信を取り戻したところで練習打ち切り。その後お風呂に入って、今風呂上りのビールを飲んでいるところです。

「もうなるようにしかならない、今さらじたばたしても始まらない、落ちようが合格しようがそれがお前の実力」と割り切って明日は試験に臨みます。

悩ましいのは明日もう一度本番形式の練習をすべきかどうかということ。失敗してまた落ち込むのはやだし、とはいえ練習不足なのは否めないし。まあ、明日の朝の気分次第で考えます。(恐らく練習することになるでしょう・・・・)

英検1級2次まであと1週間


三田 紀房 / 講談社(2003/10/23)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:


1次試験の合格も決まり、2次試験も1週間後と迫ってきました。2次試験の会場は神田外語学院。準1級の時(国立にある一橋大学でした)に比べるとちょっと遠いなあ。

2次試験に向けては、想定トピックに対するスピーチ原稿を作って練習しています。どんなトピックを想定しているかは試験が終わるまでナイショにしておきますが(明かしちゃうと出なくなりそうなので)、旬な話題を中心に21のトピックを選びました。今はそのスピーチ原稿を暗唱しているところ。

この中から出てくれるとうれしいんですが、確率は低いだろうなあ。全然違うトピックが出題されたら対応できるかちょっと不安。そういうのにも耐えられる練習をしといた方がいいだろうけど、どうやればいいか見当がつきません。やっぱ強靭な英語力をつけるのが本筋でしょうね。

ところで英検1級の準備と並行して息抜きの意味も兼ねて『ドラゴン桜』を読んでます。阿部寛主演のドラマは全部観ましたが、原作はこれが始めて。いや~ドラマも面白かったけれど原作はそれ以上に面白いですね。しかも受験勉強のコツが満載。それもイチイチうなづけるものばかり。読みながら額を叩いたり膝を打ったりしてます(←古ぅ~)。作者はどこでこういうネタを仕入れたんだろうと感心してしまいます。受験勉強だけでなくあらゆる勉強の参考になります。もちろん英検受験の参考にも。超おススメですよ~。
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。