プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方巡業後半を総括する・その3

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

地方巡業後半を総括する~今度もプチオフ会つき~その2

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

地方巡業後半を総括する~今度もプチオフ会つき~その1

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

9月10月に読んだ本をまとめて紹介

ほんとうは地方巡業後半(札幌・仙台)の話を書こうと思ったのですが、最近その種の話ばっかりで、このブログの本来のテーマである「本のレビュー」をまったく載せていません。そのことに気が差して、急遽予定変更して本のレビューを書くことにいたしました。

でも、本のレビューが停滞していた理由のひとつに、どうしてもレビューしたいって本がなかったってこともあるんですよね。というわけで、一冊だけのレビューではもたないので、9月以降に読み終えた本をまとめて紹介いたしましょう。すでにレビュー済みの本(『イニシエーションラブ』 『霧の壁』 『真剣』)は除きます。

では、一番バッター『ソウルで新婚生活』から行きましょう。

『ソウルで新婚生活。―新妻ヨーコちゃんの韓国暮らし』(たがみ ようこ、大和書房)★★
・・・韓国へ嫁いだ作者が4コマ漫画を交えながら面白おかしく綴るエッセイ集。それなりに楽しめますが、小栗左多里さんの『ダーリン』シリーズに比べて観察眼もユーモアも切れに欠ける感があります。

READ MORE

地方巡業後半初日(速報)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

地方巡業後半スタート!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

「ふなっぺぇ」食べました

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

地方巡業前半を総括する~プチオフ会もありました~

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

きょうも京都

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

京都にて

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

名古屋そして大阪

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

地方巡業開始!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

英検1級合格体験記⑨ボキャビル編その4

※前回の合格体験記はこちら

ボキャビルの話は前回までで主要なところは終わっていますが、まだ若干書き残していることがありますので、今回それを補ってボキャビル編を終わりにしたいと思います。

実はボキャビルにあたって使った参考書はこれまでにあげたもの以外に何冊かあります。まずはそれをご紹介しましょう。

なかでも最も役に立ったのはコレです(↓)。

Marvin Terban / Scholastic Reference(2006/07)
Amazonランキング:9799位
Amazonおすすめ度:

READ MORE

伝説の剣豪に出会える・・・『真剣』


海道 龍一朗 / 新潮社(2005/11)
Amazonランキング:95976位
Amazonおすすめ度:


古本屋で見かけたとき飛びつくようにして買いました。というのは、タイトルに「上泉伊勢守」の名前があったからです。上泉伊勢守信綱は新陰流(※1)の創始者にして「剣聖」と呼ばれる剣の達人であり、剣豪小説や歴史・時代小説を読んでいるとしょっちゅう耳にする著名人ですが、その割には彼を主人公に据えた小説がないからです(※2)。作者の海道龍一朗というのは初めて耳にする名前ですが、この作品で2003年にデビューした新進時代小説作家のようです。
  ※1 新陰流は柳生宗厳に伝えられて、ごぞんじ柳生新陰流となります。
  ※2 この本を読んでから調べたら、池波正太郎の『剣の天地』が上泉伊勢守を
     扱っていることがわかりました。こちらも読もうっと。

最初に言っちゃいますが、これ傑作です。こんな傑作(2003年発表)を存在すら知らずなかったんですから、見逃している傑作の数はどれほどあるのだろうと恐ろしくなってしまいます。

READ MORE

ミステリ版『心の旅路』?・・・『霧の壁』

霧の壁霧の壁
フレドリック・ブラウン, 田中小実昌訳
創元推理文庫(1960/12) ¥200

祖母の死体を"発見"した「ぼく」は警察に電話をかけながらショックで記憶喪失に陥ってしまう。・・・そこから「ぼく」の真実探しの"旅"が始まる。いったい祖母を殺したのは誰なのか? もしかしらた自分なのか?・・・そんな「ぼく」の前に記憶喪失という「霧の壁」が立ちはだかる。別れた妻、腹違いの兄、会社の同僚、祖母の弁護士、殺人課の刑事・・・彼らに対する「ぼく」の執ような聞き込み調査がその「霧の壁」を少しずつ切り崩していく。そして。ついに「霧の壁」の向こうから驚愕の真実が現れてくる。祖母を殺したのは誰だったのか? 「ぼく」は記憶を取り戻すことができるのか?

この本のじっちゃん流紹介文です。どうです、面白そうでしょう。手にとって読みたくなりませんか? 

フレドリック・ブラウンは『発狂した宇宙』『火星人ゴーホーム』『未来世界から来た男』といったSFで有名ですが、ミステリ作品もたくさん残しています。というか著作数だけで言えばミステリ作品の方が遥かに多く、ミステリの方が本業なのかも知れません。

フレドリック・ブラウンは何よりも読者を楽しませることを最大の目的にした職人的作家で、重厚さには欠けるものの楽しさのあふれた作品をたくさん残しています。SFでもミステリでも奇抜な着想の作品が多いのが特徴です。

READ MORE

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。