プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミステリ版『心の旅路』?・・・『霧の壁』

霧の壁霧の壁
フレドリック・ブラウン, 田中小実昌訳
創元推理文庫(1960/12) ¥200

祖母の死体を"発見"した「ぼく」は警察に電話をかけながらショックで記憶喪失に陥ってしまう。・・・そこから「ぼく」の真実探しの"旅"が始まる。いったい祖母を殺したのは誰なのか? もしかしらた自分なのか?・・・そんな「ぼく」の前に記憶喪失という「霧の壁」が立ちはだかる。別れた妻、腹違いの兄、会社の同僚、祖母の弁護士、殺人課の刑事・・・彼らに対する「ぼく」の執ような聞き込み調査がその「霧の壁」を少しずつ切り崩していく。そして。ついに「霧の壁」の向こうから驚愕の真実が現れてくる。祖母を殺したのは誰だったのか? 「ぼく」は記憶を取り戻すことができるのか?

この本のじっちゃん流紹介文です。どうです、面白そうでしょう。手にとって読みたくなりませんか? 

フレドリック・ブラウンは『発狂した宇宙』『火星人ゴーホーム』『未来世界から来た男』といったSFで有名ですが、ミステリ作品もたくさん残しています。というか著作数だけで言えばミステリ作品の方が遥かに多く、ミステリの方が本業なのかも知れません。

フレドリック・ブラウンは何よりも読者を楽しませることを最大の目的にした職人的作家で、重厚さには欠けるものの楽しさのあふれた作品をたくさん残しています。SFでもミステリでも奇抜な着想の作品が多いのが特徴です。

READ MORE

スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。