プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国に父のルーツを探る感動の旅~『あの戦争から遠く離れて』


城戸 久枝 / 情報センター出版局(2007/08/21)
Amazonランキング:677位
Amazonおすすめ度:


中国残留孤児が大きな話題となる前の1970年、独力で中国から日本に帰ってきた残留孤児がいました。その人の名は城戸幹、著者のお父さんです。

日本で生まれ日本人として育った著者(まだ31歳。若い!)は、子供の頃父の過去に関心を持つどころか、むしろ中国のつながりを恥じてそのことから目をそらし耳をふさいでしました。ところが、大学生になってからあることをきっかけに父のルーツに強い関心を持つようになり、ついには中国に留学して父のルーツをたどるようになります。そうしてコツコツと調べた結果をまとめたのがこのノンフィクションです。

この本は二部構成になっていて、前半は著者の父が終戦時に満州に取り残されて中国残留孤児となり、苦闘の末日本の両親の元に帰ってくるまで。後半は著者が父のルーツを探す旅を描いています。どちらも胸迫るものがありますが、特に第一部は胸のつぶれる思いや感動を何度も味わいました。

READ MORE

スポンサーサイト
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。