プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百年の誤読


岡野 宏文,豊崎 由美
Amazonランキング:28770位
Amazonおすすめ度:


日本編に次ぐ海外編。20世紀100年間の世界の名作を、各年ごとに1冊ずつ計100冊、
岡野宏文と豊崎由美がばっさばっさと斬るというもの。

名だたる名作に対する二人の毒舌を楽しみつつも、大いなる物足りなさも感じた。
第一に、二人の評価に差がなさ過ぎる。どちらかが褒めればもう一方も褒める。
どちらかがけなせばもう一方もけなす。しかも、たまに評価が違っても、
丁々発止のやりとりには発展しない。たいてい評価しない側が大声で罵倒し、
もう一方が苦笑してそれを受け流すという展開になってしまう。
これでは二人の対談形式にした意味がまったくない。
北上次郎と大森望という稀代の読み手が、相手の評価をリスペクトしつつも
丁々発止のやりとりを繰り広げる『読むのが怖い!』を見習ってほしい。

さらに言えば、大衆受けしてベストセラーになった作品
(たとえば『ダ・ヴィンチ・コード』など)に対して
評価が低いのは二人の見方だからしかたないとして、
そういう作品を支持した読者をも見下すような言質にはむっときました。

【じっちゃんの誤読的評価:★★☆】
スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。