プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妃は船を沈める

妃(きさき)は船を沈める (光文社文庫)妃(きさき)は船を沈める (光文社文庫)
(2012/04/12)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

犯罪学者・火村英生が探偵役をつとめる「学生アリス」シリーズの最新作。作者の大ファンである私は飛びつくようにして買った。

長編という触れ込みだが、本を開いてみたら、中編2作が並んでいてちょっと失望。2作の中編に密接な関係があるのは確かだが、両編が全体としてひとつの大きな物語を構成しているわけではなく、長編と称するには無理がある。せいぜい言っても「連作長編」だろう。

しかし、そんな失望は作品を読むにつれ消し飛んだ。恐怖小説の名作『猿の手』が思いがけない形で事件の解決に寄与する第一部。突如の地震の発生が物語りの様相を変えてしまう第二部。どちらも、提示される謎、解決に至る道筋が魅力的で、ぐいぐい読まされる。クイーン張りのロジックに基づく推理には相変わらず冴えが見られ、大いに堪能した。

そして登場人物が魅力的なのもこの作品の美点だ。火村、アリスのコンビはもちろん、容疑者、関係者、警察側の人間、いずれも魅力的。ことに両作品に共通で登場する「妃」の人物造形は面白い。

ページ数にして250ページ程度と分量も少なく、サクサクっと楽しく読めて、読後感もいい佳作。

【じっちゃんの誤読的評価:★★★☆】
スポンサーサイト

古代文字解読物語にワクワク?~『ロゼッタストーン解読』


レスリー・アドキンズ,ロイ・アドキンズ
Amazonランキング:60164位
Amazonおすすめ度:


古代文字最大のヒーロー・ロゼッタストーン(ヒエログリフ)解読の物語です。ワクワクしないわけにはいかないでしょう。

私がこの物語に期待したのは次の二つ!

①手がかりが少ない難解な古代文字をいかにして解読したか?・・・技術的側面。本格ミステリの謎解きのような面白さ。
②困難な問題に立ち向かう科学者(考古学者)の汗と涙と友情、ライバルとの鎬を削る争い・・・そして、その先に待つ歓喜!・・・人間ドラマ的側面。

で、読んだ結果はどうだったか!?

READ MORE

英語学習モノの強い味方現る!

無料で英語のeラーニング(ネットを通しての通信教育。詳しくはこちら)ができちゃうすごいサイトが登場しました。

そのサイトはiKnowというサイト。教材もすごく洗練されていて、これが無料とは信じられないくらい。Google検索で最初このサイトにたどり着いたときは、怪しいサイトかと疑ったくらい。でもご安心あれ。とっても良心的なサイトです。それが証拠に、AllAboutでもこのように紹介しています。

一番すごいのは初級から上級までの教材がそろっていること。特に上級の教材は中々手に入らない(お金を出しても)ので貴重です。 ちなみに上級者向けの教材では、語彙学習とディクテーションが中
心です。

語彙学習では同じ単語が繰り返し繰り返し、これでもかと出てくるのに加え、英語から日本語、日本語から英語の選択問題(4択と8択)、日本語を見て英語のつづりを入力する問題などあの手この手で迫ってきます。記憶の定着のためにとてもいい方法だと思います。TOEIC、TOEFL、大学受験、留学、ビジネス、旅行など目的別にメニューが用意されているのも憎い配慮。

英語を勉強されている方はぜひ一度お試しください。 iKnowのアドレスはこちら

これさえあれば、『えいご漬け』とか『えいご道場』なんていう有料の教材はもはや無用の長物かな。

ちなみにMixiのようなSNS機能も持っています。私はまだ使っていませんが。
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。