プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

般若心経の入門書として最適の一冊~『般若心経の本』(Books Esoterica)



 四国遍路では各札所で般若心経を読む。

 読むとなれば、その意味も知りたくなる。「意味なんて分からんでよろしい。ひたすら唱えるだけでよい」という意見もあるが、ぼくとしては意味も知りたい。

 だから、これまで般若心経に関する解説書は何冊も読んできた。定評ある松原泰道さんのもの、妙心寺の住職松原哲明さんのもの、大正期の仏教学者高神覚昇さんのもの、芥川賞作家の玄侑宗久さんのもの、そして瀬戸内寂聴さんのもの。しかし、いずれも隔靴掻痒というのがぼくの感想だ。経文の大意はぼんやりと分かってきたのだが、細かいところがしっくりこない。

 般若心経は言いたいことを100パーセント書いてあるというようなものではない。曖昧な個所、行間を読まなければならない個所がいくつもある。そこのところは読み手ひとりひとりが解釈することになる。だから、上にあげたいずれの読み手も自分なりの解釈を披露することになる。そのこと自体は仕方がないのだが、その解釈がぼくの考えとしっくりこないのだ。何かが足りなかったり、何かが余ったりしてしまう。

 本書もその点では例外ではない。しかし結局それは、ぼくがないものねだりをしているからなのだ。行間は自分で埋めなければいけないし、それぞれが解釈しなければいけないのだろう。いや、そもそも解釈することすら必要でないのかもしれない。さきほど「大意ははぼんやりと分かってきた」と書いたが、それでいいのかもしれない。

 だいいち、そもそも論を言えば、今われわれが手にしている般若心経も原典(Made in Indiaだ、もちろん)そのものではなく、サンスクリット語の原典を玄奘三蔵が漢語に訳したものである。すでに、三蔵の解釈が紛れこんでしまっている。

 本書が他書と違うのは、般若心経に書かれていることの意味や思想を解説するだけでなく、その周辺知識(般若心経の成立過程、仏教経典の中の位置づけ、日本以外での状況、四国遍路との関係など)も書いていたり、現代人との関わりにも言及していたり、横尾忠則など著名人のエッセイが掲載されていたり----要するに、般若心経に関する総合的なガイドブックになっていることだ。写真(それも美しい写真)や図版が多いのもうれしい。そういう意味で、般若心経の入門書として最適な一冊のひとつではないかと思う。
【じっちゃんの誤読的評価:★★★☆】

【蛇足】
 般若心経は、この世の事物や現象はすべて「空(くう)」であり、「空」こそがこの世の本質だと説く。そんな「空」なものに執着してどうなるのだ、その執着を捨てれば楽になると言う(ここには、もうぼくの解釈が入っている)。
 こんな高度な思想が紀元前に生まれていたとは驚きである。ぼくはこの教えで救われました、ほんとに。
スポンサーサイト

英語入門の前に読むコミック版英語入門書~『みちこさん英語をやりなおす』



 アラサーの独身女性を描いたコミック「すーちゃん」シリーズで知られる益田ミリによるコミック版英語入門書。アラフォーのみちこさん(一女の母)が家庭教師に付いて「英語」(「英会話」ではない!)の勉強をするという形で話が進みます。絵柄は線がかなり省略された、いわゆる「ヘタウマ」系で、ほのぼのとしたムードが漂っています。ストーリーもそれに合った「ほっこり」系で、私が好きなタイプです。

 帯に「英語入門の前に読む入門書」とあるように、書かれている内容はごく初歩的なものばかり。先生が前に進もうと思っても、生徒役のみちこさんが、いちいちひっかかるのです。「えっ、そんなところにも?!」というところにもみちこさんはひっかかって、家庭教師を困らせます。

 たとえば、「彼ら」と「それら」が同じ"they"だということにみちこさんはひっかかります----「人間とモノをいっしょくたにするなんて」と。少しあきれつつ家庭教師は言います。「今までそんなことに疑問を持ったことはなかった。そういうものだと思って覚えていた」と。そこでみちこさんはハッと気づいて、こう言います。「勉強ができる人ってのは、小さなことで立ち止まらない人なんですね、きっと」「いちいち『なんで?』『ヘンだ』とか言っていると、どんどん遅れちゃう」と。これは至言だと思いました。学校教育の最大の問題点のひとつを突いているのではないでしょうか。

 さて、このthey問題について家庭教師は上手に答えます。それをここで要約するのは難しいので、どう答えたか興味のある方は本書をご覧になってください。

 ひっかかり、ひっかかり、それでも進んでいく中でみちこさんは気づきます。「英語を学ぶということは日本語を学ぶことでもあるんだな」と。これは私が長年英語を勉強していく中で痛感したことでもあります。特に翻訳では英語力よりも日本語力が重要なくらいです。

 みちこさんは「日本語って失敗できる言語なんですね」と言います。どういうことかと言うと、英語はある程度言いたいことを決めてからでないと口に出せないけれど、日本語はともかく話し出して、途中で軌道修正ができるということです。おっしゃるとおり。

 一方、家庭教師は「日本語ってどういう空気で話を聞いてほしいか選べる言語」だと言います。「今日私は金色の車を見た」と言うときは、「今日」という雰囲気の中で話を聞いてほしく、「金色の車を今日私は見た」と言うときは「金色の車」という雰囲気の中で話を聞いてほしいのだと。これも至言ですね。

 みちこさんがつまずくのは、初歩的な文法だけではありません。冠詞(aとthe)、複数形といった、中上級者でも頭を悩ませる問題も本書では取り上げられています。完全とまでは言いませんが、なかなか秀逸な説明がされていますので、これらの問題に悩まれている方は一読の価値ありです。

 登場人物と一緒になって悩みながら何かを勉強していく。こういうコミックエッセイがもっとあってもいいような気がします。

【じっちゃんの誤読的評価:★★★★】

荒療治開始!~腕痛との戦い第2回戦況報告


 腕痛完治に向けてあの手この手を試みているのですが、ぜんぜんよくなりません(-_-;) そこで荒療治を試みることにしました。

 これまでも、痛みを怖れず以前どおりに腕を動かすことはしており、その限りではあまり痛みを感じなくなりました。ところが、通常でない早い動きをしたり、背中に手を回したりすると激痛が走るなど、完治とは言えない状態にありました。そこで、普通に手を動かすだけでなく、わざと右腕を痛めつけることにしました。そう考えたのは、痛む筋肉=動かしていない筋肉が、動かしていないためにこわばってしまっているように感じたからです。痛くても動かさなくてはいけないのでは?と考えたのです。

 写真のように右腕を後ろに回し、左手で右手をつかんで上に引き上げます。写真ではほとんど上がっていませんが、この位置ですでにもうかなり痛いのです。それをこらえてさらに上に上げると、右の二の腕が突っ張ったようになって激痛が走ります。それ以上続けるのは無理なので、そこで腕を離します。

 右腕を元に戻して肩を動かすと、二の腕の肩に近いところの筋(腱?)がコキコキっと音を立てて動き、電気のようなしびれが走ります。それも痛いことは痛いのですが、心地よくもあり、しびれが収まると、腕がスッとなってなんだか少しよくなったような気がします。

 効いているような気がするので、後ろに右腕を回して持ち上げても痛くなくなるまで、しばらくこれを続けてみようと思います。

Happy 7th Birthday!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

祝センバツ出場決定!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

腕痛との戦い~第1回戦況報告



 腕痛に宣戦布告をしてから、はや2週間あまり。さて、その後の戦況はどうなっているでしょうか?

 症状はある程度改善されました。以前は服の袖に手を通すのにも激痛が走ったのに、今ではそれはなくなりました。しかし、右腕を背中に回そうとするとまだ痛みが走りますし、普通にしていても感ずる鈍い疼痛は残ったままでまったく改善が見られません。まだ局地的な勝利でしかなく、終戦を宣言するには程遠い状態です。

 僕が痛み治療の拠り所としているのはサーノ博士のTMS理論(体の痛みの中には、身体的異常が原因ではなく、精神的なもの=無意識下の中に抑圧されている怒りが原因となっているものがある)です。

 そこで、次の策として、博士の最新著書を読んでみることにしました。以前読んだ『ヒーリング・バックペイン』の原著がアメリカで発行されたのは1991年、20年以上も前の話ですからね。その後発見された知見があるかもしれません。残念ながらサーノ博士の最新著書は邦訳が出ていません。で、原書で読んでみることにしました。

 本のタイトルは"Devided Mind; The Epidemic of Mindbody Disorders"です。日本語に訳せば『引き裂かれた心~心が生む病気の爆発的流行』ってところでしょうか。最新著作と言っても、発行は2006年ですから、10年近く前のことになります。

 ずいぶん分厚い本で、日本語に訳して出版したら上下2巻本になることでしょう。前半をサーノ博士が書き、後半はサーノ博士の理論を裏づける実例や研究について、他の医学者が書いています。で、とりあえず前半部だけを読んでみました。

 前半部を読破するだけで12日もかかったのですが、残念なことに前作にはなかった新しい知見のようなものは得られませんでした。唯一、治療の一環として「痛みの原因になっている『抑圧された怒り』の候補をリストアップして、できるだけ詳しく記述しなさい」とあったので、試みにそれをやってみました。

 自分、家族、親戚、近隣、仕事、その他に分けて、「抑圧された怒り」の原因になりそうなものの洗い出しをしてみましたが、細かい不満はもちろん少なからずあるものの、抑圧しなければならないほどの大きな「怒り」は思いつきません。このリストアップをしてから数日がたちましたが、症状に改善は見られません。やはりピントがずれているのでしょう。

 こうなるともはや新しい手はありません。サーノ博士の理論を信じて、これまでの手法を徹底するしかありません。----と、ここまで書いたとき、新たな可能性に気づきました。そのことについては、まだ試してもいませんので、結果が出てからご報告することにしましょう。
(戦いは続く)

孫その2に会いに行く

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スマホを紛失してしまった話・・・その2

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

孫その2誕生

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スマホを紛失してしまった話・・・その1

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

宮崎あおいに萌えた~『ツレがうつになりまして。』


《NHK BSで放送されたものを録画して鑑賞》
 うつ病になった夫(ツレ)との闘病生活を描く細川貂々のコミックエッセイ2編(僕は第1編だけ読んでいる)をもとにした映画。その後半沢直樹で一世を風靡することになる堺雅人がツレを、宮崎あおいが妻を演じている。

 観る前は、実際のうつ病とのズレ(大げさだったり、誤解があったり)があって、違和感を覚えないかとの危惧があったが、実際に観てみると、1点(※1)を除いて大きな問題点はなく、闘病記らしい多少の美化は感じられるものの、辛かったり、明るい兆しが見えたりという闘病生活が思ったより淡々と抑制的に描かれていて(※2)好ましく楽しく観られた。

※1 うつは、まじめで几帳面な人がなりがちなものだが、それにしても、堺雅人演ずる夫の几帳面さがやや常軌を逸しているように感じられる(退職届を定規を使ってきっちりと書くなど)。実際そうだったのかも知れないが、ここは映画の演出としてもう少し抑えるべきだったように思う。

※2 「うつってこんなものじゃないぞ、もっとつらいもんなんだ。掘り下げが足りない」という声も出そうだが、一般の人に映画として楽しんでもらうには、この程度に抑制することが必要だと思う。


 こういう映画の場合、病気に対する世間一般の誤解を強調して描きがちだが、その点を抑制して描いているのも好感を持てた。夫の兄が夫に対して「これだけはしてはいけない」という(いかにもの)励まし方をしていたのが数少ない例外。でもこれ、夫のお兄さんは気を悪くしなかったのだろうか? あるいは映画のために創作された架空の存在なのかもしれない。

 うつになると自分以外の周囲のことが見えなくなる。だから、周りにとってうつ病の人というのはかなりうっとうしい存在だと思う。その点も映画ではさりげなく描かれていた。

 周りの景色が見えはじめ、周りの人を気づかえるようになったら、うつはよくなったと思ってよい。そのとおりの結末にこの映画はなっている。映画らしい(クサい)演出もあるが、僕は素直に感動した。

 それにしても、宮崎あおいの妻役はよかった。愛らしくて、いじらしくて。その一点だけでも映画を観た価値があった(はぁと)。昨年末、男女は永遠に分かり合えないなんて本を読んだばかりだっだけれど、この世に男と女の両性が存在するってのはやっぱり素晴らしいことだなと思えた(こんな奥さんなんて滅多にいないよ……なんてのは言いっこなし)
【じっちゃんの誤読的評価:★★★☆】

P.S. ふたりが飼っているイグアナがとても愛らしく、自分もイグアナを飼ってみたいと思った。マジで。

不思議なテイストの読書案内~『ドミトリーともきんす』



 科学好きなら、タイトルの「ともきんす」という言葉からあるものを連想するはず。そうそのとおり、『不思議の国のトムキンス』シリーズである。著名な物理学者ジョージ・ガモフが著した科学読み物の名著中の名著だ。

「ドミトリーともきんす」というのは、本書の登場人物・とも子ときん子の母娘が経営する下宿(と言っても、きん子はまだ幼いので、実際に経営しているのは母親のとも子だが)。とも子ときん子で「ともきんす」というわけだが、もちろん「トムキンス」を意識している。

 下宿人は、ユカワくん、トモナガくん、ナカヤくん、マキノくんの4人。これも科学好きなら(あるいは、そうでなくとも)ピンとくるはず。そう、ノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹と朝永振一郎、雪の研究で有名な中谷宇吉郎、植物学者の牧野富太郎である。

 ここまで来れば、この本が自然科学を扱っていることは容易に想像がつくだろう。正確には自然科学そのものを扱うのではなく、自然科学書を扱っている。つまり、自然科学書のガイドブックを漫画でやってしまおうという試みである。

 漫画によるガイドブックというのが他にあるかどうか、僕の乏しい知識では判断がつかないが、きわめて珍しいことは確かだ。果たしてその試みは成功しているのだろうか。

 著者らしい、ひょうひょうとして人を喰ったような不思議なテイストはこの作品でも発揮されていて、それなりに読ませる。しかし、ガイドブックとしてはあまり機能していないように思う。

 下宿人の諸作に加えて『不思議の国のトムキンス』シリーズを取り上げているのだが、ガイドブックのキモである「その本を読みたくさせる」力があまりないのだ。著者が感じ取った各作品のエッセンス(?)を数ページの漫画で表現した後、著者の感想と作品の概要を文字で表すという構成なのだが、内容が薄く、その本の何が面白いのかあまり伝わってこない。

 それとも自分に、この本のよさを理解できるだけの鑑賞力がないのだろうか?--そう思いたくなるくらい巷の評価はきわめて高い。
【じっちゃんの誤読的評価:★★☆】

不機嫌は環境破壊

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

腕痛への宣戦布告

DSC_0066_convert_20141231204739_convert_20150103035930.jpg
 先日の記事で腕痛(60肩?)に悩んでいることを書きました。その後のご報告です。

 発症から3カ月近くたった一昨日の時点で、状況に全く改善が見られません。写真のような形(以上)に腕を上げると、二の腕に「う~っ」とうなりたくなるような激痛が走ります。

 実は以前腰痛に苦しんだことがあります。複数の整形外科医や接骨医にかかっても、腰痛にいいという薬を使っても、ストレッチ体操をしても治らず、最後にすがったのはある本でした。その本に書かれた方法に従ってみると、ものの見事に腰痛が治り、しかも以後再発していません(ごく軽いものは除く)。

 その救いの主がこれ、『サーノ博士のヒーリング・バックペイン』です。


 この本に書かれている理論(TMS理論という)をごくごくかいつまんで紹介しましょう。

 世の中には腰痛や頭痛など、従来の医学では治すことのできない痛みがたくさんあります。これらの痛みに従来の医学が無力なのは、その原因を見誤っているからです。従来の医学はけがや病気、身体的な異常(姿勢のゆがみ、椎間板ヘルニアなど)に原因を求めようとしますが、多くの場合(※1)真の原因はそこにありません。真の原因は潜在意識下にある抑圧された怒りや不安であるというのがサーノ博士の理論です。そうした怒りや不安から気をそらすために、脳が体の特定部位に血行障害を起こして、痛みを生じさせているというのです。

※1 けがや病気が原因になっている場合もある。よって自己診断、自己治療は禁物。まずは医者に診てもらいなさい--ともサーノ博士は言っています。(ただし、姿勢のゆがみや椎間板ヘルニアが痛みの原因になることはないと断言しています)

 これだけでも信じがたい話ですが、治療法はさらに荒唐無稽です。このTMS理論を理解して、脳に対して「自分は分かっているぞ」ということを伝えればいいというのですから(※2)。

※2 あまりに荒唐無稽ゆえに逆に信じられるくらいです。

「そんな馬鹿な」と、にわかには信じられない話です。私も当初は信じられませんでした。もちろん医学界からも総スカンです。ところがその一方で、この理論に基づく治療法で多くの患者が救われているという事実が厳然としてあり(僕もそのひとり)、それがTMS理論の正しさを裏づける形になっています。

 その一端をお知りになりたい方は、日本のアマゾン(右上画像をクリック)や米国アマゾンに行ってレビューを読んでいただければ、TMS理論に救われた患者の声に触れることができます。

 僕は現在自分を襲っている腕痛にも、博士の理論に従って対処しているつもりでした。ところが、3カ月近くもたって一向に改善してないという事情を考慮すると、考えられるのはふたつ。①TMS理論が誤っている、②TMS理論を僕が誤って適用している--です。

 腰痛を治したという実績はあるものの、今回の腕痛は違うかもしれないという思いが正直少しあるなか、②の可能性を信じて、僕はもう一度原点に立ち返って『サーノ博士のヒーリング・バックペイン』を読み直してみることにしました。すると、そこには治療法として次のようなことが書かれていました。

a. TMS理論を十分に理解する。
b. それを頭にたたき込む。
c. 痛みを怖がらず、普段どおりに体を動かす。
d. 体に対する処置や治療をすべて中止する。
e. 毎日TMS理論を復習する。

 やっぱりでした。僕の理解は不十分でした。特にダメなのはcとd。痛みを怖がって痛みを避けるような行動ばかりしていましたし、湿布薬や消炎剤を使っていました。

 サーノ博士の治療法でいちばん難しいのがここです。激痛に耐えて痛む部位を動かさないといけないからです。最初はTMS理論に対して半信半疑ですから、激痛が走るたびに「自分は間違っていることをしているのではないか」「かえって症状を悪化させているのでないか」という疑いが頭をよぎります。その当然とも言える疑いに逆らって体を動かし続けないといけないのです。簡単にできる話ではありません。

 僕はサーノ博士の理論を信じて同じ方法を腕痛にも適用することにしました。

 それから2日。さて、その結果は……?

 腕の痛みは残っているものの、症状は明らかに軽くなってきました。腕の動かせる範囲も広がっています。その代りに痛みが肩や背中に拡散していますが、これは治療過程によくあること(脳が最後の抵抗をみせている)で、逆に治療がうまくいっている証拠だとも言えます。

 これは新年早々、いいことがありそうだぞ。

 経過について大きな変化があったら、またご報告します。

初散歩

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。