プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に夢中

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

乃木坂までお宮参りに

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

憲法十条に感服する

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

『網走番外地』を観た



 つい先ごろ亡くなった健さんの代表作のひとつ『網走番外地』をNHK BSでやっていたので録画して観た。

 お手軽な作りのB級娯楽作かと思っていたが、案外丁寧な作りの重厚な作品だったので驚きもし感心もした。白黒の映像も美しく、厳寒の地の寒々とした様子をよく捉えていた。網走刑務所の中の囚人たちの暮らしぶりもリアルに描かれていて嘘っぽさがない。

 囚人たちが脱走計画を立てはじめ、仲間入りを勧誘された健さんの揺れる気持ちを描くシーンも秀逸で「健さん、承知しちゃいけない」と思わず感情移入させられた。

 その脱走計画をいざ実行するという段になってからの展開も意表を突く。その核となるのが、撮影当時すでに老齢の域に達していた(といっても今の私とほとんど変わらない!)嵐寛寿郎である。それまで囚人たちからは老いぼれと軽んじられていたアラカンが意外な行動を取って、物語は思わぬ方向に転がっていく。

 健さんを担当する保護司役を演じている丹波哲郎もさすがの存在感で、健さんと心を通わせるシーン、特に終盤近いところでのやりとりにはしびれた。

 健さんと南原宏治が演ずる囚人が雪原の中をトロッコで逃げ、それを官憲側もトロッコに乗って追いかけるシーンも、インディ・ジョーンズの1シーンを観るようで迫力があり、手に汗を握らせられた(※1)。

※1 とはいえ、スピルバーグの方が一枚上手なのは認めなければならない。

 最後の締めくくり方には「甘い」という異論も出そうだが、私的にはとてもよかった。全編に流れる、健さんの歌う主題曲も哀愁があってよい(※2)。

※2 そう言えばテレビで聞くことがないなあと思ったら、この歌は「刑務所を美化している」という理由で放送禁止歌になっていたそうだ。現在ではそれも解かれたそうだが、依然放送はされていないらしい。

 もちろん難もないではない(※3)が、いまだに古びていない、一見の価値がある映画だと言える。

※3 先輩囚人と健さんたち新米囚人との確執の描き方が甘いこと、健さんの妹役など演技が素人っぽい役者が散見して鼻白まされること、健さんと南原宏治の関係がやや釈然としないことなど。

【じっちゃんの誤読的評価:★★★☆】

ハイネの詩が突きつける翻訳の問題

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

夜明けの散歩

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

へえ、西室さんが!?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

関岡孝平翻訳事務所(仮称)2014年度確定申告完了!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

わがマンションのもちつき大会

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

必殺内職人!~『となりの関くん 3』



 いま一番ハマってるギャグ漫画の第3巻。

 タイトルどおり「関くん」という男の子(中学2年生)が主人公。そして、これもタイトルどおり、その関くんの行動を見ている「となりの」席の女の子(横井さん)の視点で物語は進む(※1)。

※1 冒頭のカバー絵の、向かって右側が関くん、左側が横井さん。

 物語の舞台は、ある中学校のある教室における関くんの座席と横井さんの席に“ほぼ”限定されている(※2)。

※2 “ほぼ”と書いたのは、ときとしてその周囲や教室全体が描かれることもあるからだ。ごくまれにだが、教室の外に出ることもある。

 では、横井さんは関くんの何を見ているのか? それがこの漫画のキモである。今まで誰も考えつかなかった斬新なアイデアと言っていい。

 横井さんが見ているのは関くんの「内職」である。内職といっても本物の内職ではなく、学校の授業中にする内職----つまり、授業とはまったく関係のない遊びや勉強のことである。関くんは四六時中授業そっちのけで内職に勤しんでいる。

 その内職の内容が半端ないのである。どう半端ないのか。今回読んだ3巻から例を取ろう。たとえば、関くんはこんなことをしている。

①机の真ん中に化石発掘現場を再現。そこからアンモナイトの化石を発掘したかと思えば、恐竜の骨まで発見し、それを丁寧に発掘して骨格模型に組み立てたりする。
②机の上に車の教習所を再現。ラジコンの車を使って教習風景まで再現したかと思うと、あげくの果てには合格者(←関くん自身)に免許証を発行したりする。

 こうした関くんの内職を、優等生の横井さんは見まい見まいとするのだが、つい見てしまい、いったん見てしまうと、目をそらすことができなくなり、ついには見いってしまう。そして、関くんの内職に対して心の声で感想を言ったり、ツッコんだり、ときには介入したりする。これが、ほぼ毎回決まったストーリーである。

 なぜか関くんの内職は教師に見つかることはない(危機一髪のことはあるが)。逆に関くんの内職に見とれている横井さんが怪しい行動をして教師に見つかり、油をしぼられたりする。

 で結局、この漫画の何が面白いのか。そう改めて聞かれると答えに窮する。

 毎回毎回「よく考えつくなあ」と感心する関くんの内職がまず面白い。それは確かだ。その内職に取り組む関くんの態度がきわめて真剣で、それがシュールで面白い。それも確かだ。その内職を無視しようとして無視できず、ついにはハラハラしながら見守ることになる横井さんが愛らしい。そのとおり。さらには、横井さんの感想やツッコミも面白いし、それらの感想やツッコミに対して意表を突く関くんの行動の意外性も面白い。

 こうやっていくら並べ立てたところで、この漫画の面白さは伝わらない。まあ、私に表現力がないにすぎないのだが。

 この漫画の面白さを知りたい人には、現物を見ていただくしかない----そう言ってお茶を濁しておく。
【じっちゃんの誤読的評価:★★★★】

関岡孝平翻訳事務所(仮称)2014年度決算処理完了!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

いよいよ結願!?~四国遍路(5回目)計画中~その2

高野山奥の院
(上の図は、前回掲載したマップと対になっている、高野山奥の院のマップ。この図の左端と、前回の図の右端が重なります。なお、この図はクリックすると拡大します)

前回からのつづき)

 前回は、今年高野山が開創1200年を迎えて各種イベントが行われることを知って「えっ!」と思ったところまででした(※)。

※ 前回は「だである」調だったのに、今回は「ですます」調になってます(^_^;) 統一感ゼロですが、直すのも面倒なので、このままにしときます。

 その続きを書く前に、前回言い忘れていたことがあります。いつもは3月下旬から4月上旬にかけて行くのですが、今年は4月上旬から遍路を始めます。というのは、母校が春のセンバツに出場することになり、テレビで観戦するのはもちろん、甲子園にも行こうという目論見があるためです。

 高野山のニュースを聞いてぼくが「えっ!」となったのは、「こりゃ、高野山混むかも」と思ったからです。真言宗の総本山で100年に一度のイベントが行われるとなれば、観光客はもちろん、全国から真言宗の僧侶が押しかけて来るでしょう。となると、宿坊を早めに予約する必要があるかもしれません。

 慌ててそのイベントなるものを調べてみました。すると、4月2日から5月21日にかけて毎日大法会が開かれることが分かりました。まさに私の行く時期がすっぽり含まれています。「こりゃヤバイ!」と思い、続いて高野山の各宿坊の空室状況を調べてみました。

 高野山の宿坊には、ネット上で空室状況を公開している所といない所があります。ネット上で空室状況が分かる所を片っ端から当たってみると……。

 なんとまあ、当たる宿坊、当たる宿坊ことごとく、4月2日から5月21日の期間ずっと空室ゼロ----空室カレンダーにずらっと×印が並んでいるのです。10カ所以上調べましたが、全部そう。想定以上の事態です。

 もっとも、だからと言って、その時期は宿坊に泊まれないかというと、必ずしもそんなことはないかもしれません。高野山の宿坊の予約を一手に引き受けている高野山宿坊協会というのがあって、そこに申し込めば、空いている宿坊を探してくれるので、空きが見つかる可能性も少なからずありそうです。

 でも、“何となく”そこに申し込む気になれませんでした。希望の宿坊に泊まれないだろうとか、泊まれたとしても高野山が混雑するだろうとか、いろいろ理由はありますが、それより何より、出鼻を挫かれてしまったというのが大きいように思います。

 というわけで、計画を再検討することにしました。主な選択肢は、①このまま強行する、②時期をずらす、③高野山へのお礼参りだけ別に実施するの3つです。作った計画表とにらめっこしながら、あれこれ悩みましたが、①~③のいずれもしっくりきません。

 悩んだときは原点に帰れで、ガイドブックや遍路体験談を再び取り出して、読み返してみました。そうしているうちに、あることに気づいたのです。

 遍路では桜や紅葉を見るのも楽しみのひとつで、それもあって4月上旬や11月に行くようにしているのですが、今回回るルートでは、前半に桜の名所が多く(尾道、しまなみ海道、琴弾公園、丸亀城など)、後半に紅葉の名所が多い(五色台、栗林公園、大窪寺など)のです。ここから導かれる答えは・・・・・・もうお分かりですね。

 そう、④今回予定していたルートの前半のみを4月に実施し、後半を秋に回す----です。そうすれば遍路最後の年に、桜と紅葉の両方が楽しめ、しかも高野山宿坊問題も解決します(おそらく)。しかも、行程に余裕ができるため、寄るのをあきらめた観光地や行うのをあきらめたアクティビティを復活させることができます。旅費は少し追加になりますが、それを補って余りあるメリットがあります。

 というわけで、四国遍路は今回では結願とはならず、次回結願ということに相成りました。
(お・し・ま・い)

いよいよ結願!?~四国遍路(5回目)計画中~その1

高野山奥の院以外

 お遍路に出かける季節がまたやって来た。予定(4月上旬決行!)まで2カ月を切り、計画を立てはじめている。

 仕事の関係もあるので、1回で八十八カ所すべての札所を回る「通し打ち」ではなく、何回かに分けて回る「区切り打ち」で遍路を行っている。開始したのが2013年の3月で、以来毎年春・秋に実施している。1回あたり約2週間の日程で回り、計4回で結願(けちがん)する予定だったが、台風やらアクシデントやらで途中で断念しなくてはならないことが2回あって、4回では結願できない仕儀とあいなった。

 今度行くのはその5回目。今度こそ「結願」となるはずだったが、思わぬ障害が出てきた。

 今回は最初に打つ65番三角寺(愛媛県四国中央市)を除き、ほぼ香川一国を回り、香川と徳島の県境にある最後の札所88番大窪寺まで行き結願する予定にしていた。しかし、結願してもそこでは遍路は終わらない。

 四国遍路では普通、徳島にある1番札所(霊山寺)から初めて高知、愛媛、香川と回り、88番札所まで行く。すると、四国をぐるっと一周回って円を描くことに・・・・・・ならない。88番と1番の間が欠けているからだ。

 だから、88番を打ち終えた後、そこから1番まで行ってお参り(お礼参りと言う)をする。これで輪っかが完成するわけだが、これでも終わりにはならない。

 さらにここから、お大師様(四国遍路の総元締め、弘法大師空海)が眠る聖地・高野山までお礼参りに行く。お礼参りはせず88番を打っておしまいという人も少なからずいるが、ぼくはお礼参りもするつもりだ。輪っかが欠けてるなんて面白くないし、名高い高野山にも一度は行ってみたい。

 というわけで、輪っかを完成させる計画を完成させた後、高野山行きの計画を練りはじめた。

 徳島にある1番霊山寺から和歌山にある高野山に行くには、主にふたつのルートがある。高速バスを使い淡路島(明石海峡大橋)経由で大阪に出て、そこから電車で高野山に行くルートと、フェリーで和歌山市に渡ってそこから電車で高野山に行くルートだ。

 いずれにしても大阪か和歌山市で1泊して、次の朝高野山に行くことになる。高野山は広く、見どころ満載なので(※)、お礼参りが済んだ後、1日かけて高野山をくまなく見物し、そして夜は由緒ある高野山の宿坊に泊まる----そういう算段である。

※ 冒頭の地図(クリックすると拡大します)は、高野山金剛峯寺の公式サイトからダウンロードした高野山の案内図。これには奥の院が入っておらず、これでも半分強。この中に117もの寺院があり、さらには学校(保育園~大学)、病院、警察署、郵便局、銀行、コンビニエンスストアなども有する一大宗教都市になっている。

 さて、ルートである。大阪で一泊して大阪見物をしたり、串カツを食ったりするのもいいし、まだ行ったことのない和歌山市にも行ってみたい。和歌山には和歌山ラーメンもあるしなあ----などとルンルン気分(←古い!)で比較検討した結果、フェリーで和歌山市に渡る案が勝利を収めた。①大阪には何度も行ったことがあるが和歌山は初めて、②フェリーで海を渡るのも風情がある、③本場で和歌山ラーメンを食べたい----などの理由からである。

 そこで、フェリーの時刻表やら電車の時刻表やらを確認して、細かいルートを確定した。次に検討すべきは高野山でどの宿坊に泊まるかである。何しろ高野山には52もの宿坊があって、料理や風呂、風情、勤行、ロケーションなどそれぞれに特徴がある。選び甲斐があるのだ。遍路を始めたときに買った『全国宿坊ガイド』を見たり、ネットで情報を集めたり、高野山のマップをダウンロードしたりして、検討を開始した。そんな矢先……。

 食事中にテレビを見ていたら、高野山が出てきた。オッと思って見ていると、今年高野山は開創1200年にあたり、それを記念してさまざまなイベント行われるという。「えっ!」である。

・・・・・・と、思いつくままにぐだぐだと書いていたら長くなってきたので、今回はここまでとしたい。
(次回につづく)

孫2号に会いに

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。