プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関所が生む波乱万丈の物語~『水鳥の関』



 本作の舞台は東海道は新居の宿。と書くと、ははんと思われる方もおられるかもしれないが、そのとおり。先だって東海道歩きで新居宿を通過するのにあやかって、旅先で読む本としてチョイスしたもの。

 内容に触れる前に、そのときの失敗談をひとつ。

 本書は上下2巻の構成なのだが、荷物が増えるのを嫌って(※)上巻だけを持っていった。ところが、往きの車中で読み出したら、面白いのなんの、ページを繰る手が止まらなくなり、その日のうちに読み終わってしまった。

※ 歩き旅では荷物の重さを極限まで減らすのが重要。グラム単位とまでは言わないまでも、数10グラム単位で荷物を調整する。文庫本は1冊200グラムくらいあるからねえ。

 下巻は旅先で買えばよいと思っていたのだが、宿泊先の藤枝ではどの書店に行ってもこの本を置いていない。それもそのはず、後からわかったことだが、これだけの傑作がなんと絶版になっており、古書でしか手に入らない状態になっていたのだ。結局下巻を入手し読むことができたのは東京に帰ってからだった。

 さて前置きはこれくらいにして肝心の中身の話に入ろう。

 主人公は新居宿の本陣の娘。娘と言っても、一度吉田藩の家臣である侍の家に嫁ぎ、夫と死別後実家に戻ってきた出戻りである。

 死別した夫との間には男の子があるが、婚家から会うことを禁じられている。唯一の救いは、夫の弟が何くれとなく気づかってくれ、いつか息子に合わせると約束してくれていること。やがて、その義弟が約束を果たす日が来る。渋る両親を説得して、主人公を家へと招き、息子との対面を実現してくれたのだ。そして、そこから物語は怒涛の展開へと突入する。

 その展開のなかで重要な役割を果たすのが、ほかでもない新居の関。関所を通るには通行手形が必要だが、その手形はおいそれとは出ないし、出るにしても時間がかかる。そのことが主人公の運命を大きく左右することになる。

 燃えるような恋あり、純愛あり、三角関係(それも二重の)あり、はらはらどきどきのサスペンスあり、謎あり、復讐劇あり、陰謀あり、人情劇あり、感動ありで、もうてんこ盛り。解説によれば、著者の平岩弓枝は希代のストーリーテラーとして定評があるらしいが、その実力が本書でもいかんなく発揮されている。

 ひとつ難があるとすれば、物語を作りすぎていること。偶然の巡りあわせが多すぎるし、ここぞというときに正義の味方がタイミングよく現れる。しかし、文章に品があってリアリスティックなので、読者の感じる不自然さは最小限に抑えられる。それよりも何よりも物語が面白いので、あまり気にならない。

 もうひとつの魅力は、宿場の本陣というもののありようが丁寧に描かれていること。大名がどのようにして本陣を確保するか、本陣の人たちは大名をどのように迎えどのように送り出すか、献立はどのように考えどのように整えるのか、天候が荒れて渡し場が閉鎖されたときはどう対応するのか、本陣以外の旅籠との関係はどうかなどが、その目でみたかのようにありありと活写される。

 そして何よりもかによりも、運命に翻弄される娘を優しく見守る父親の姿に心を打たれた。何があっても娘を信頼し、支え、ときには導き、ときには諭す姿がもう素敵すぎる。自分もこんな父親になれればと思うが、まあそれはないものねだりでしょうな。

 最後に向かって広げた風呂敷が畳まれていき、すべてがしかるべきところに収まるとともに、『水鳥の関』というタイトルの意味がわかる結末も見事だ。

 平岩弓枝のほかの作品も読みたくなった。
スポンサーサイト

東海道を行く⑦(府中~二川)【準備編】

map11-page-001.jpg

 どうも「歩き」中毒になってしまったようで、四国遍路結願の興奮も冷めやらぬなか(⇒ウソ。もともとあまり興奮してなかった(^^;)、早くも「歩き」への衝動が抑えられなくなり、来年春にと思っていた東海道ウォークの7回目を今週末から敢行することにした。

 前回わが実家のある府中宿(静岡市)で終わったので、今回は府中から始めて静岡県の残り全部を歩いてしまおうと思う。日程は12/4(金)~12/9(水)の5泊6日。ざっと次のような予定を立てた。

(1日目)新幹線は使わず、在来線で東京から静岡へ。(19)府中、(20)丸子、(21)岡部と歩き、藤枝までバスで行って泊。目玉は安倍川餅、東海道で最も風情があると評判の宇津ノ谷峠、岡部宿大旅籠柏屋。歩行距離(地図上。以下同じ):約15km。

(2日目)藤枝で朝ラーを楽しんだ後岡部までバスで戻り、(22)藤枝、(23)島田。島田泊。目玉は藤枝の朝ラー、世界最長の木造橋蓬莱橋。歩行距離:約23km。

(3日目)(24)金谷、(25)日坂、(26)掛川。掛川泊。目玉は大井川(川越遺跡)、牧之原(茶畑)、小夜の中山、掛川城。歩行距離:約21km。

(4日目)(27)袋井、(28)見付。磐田泊。目玉は東海道ど真ん中通過、旧見付学校、遠江国分寺跡。歩行距離:約27km。

(5日目)(29)浜松、(30)舞坂、(31)新居。JRで浜松へ戻って浜松泊。目玉は、天竜川、浜名湖、新居関所跡、出世大名家康くん、浜松餃子、浜名湖の鰻。歩行距離:約26km。

(6日目)(32)白須賀(ここまで静岡県)、(33)二川(ここから愛知県)。二川駅から東海道本線で豊橋駅に出て、新幹線で東京へと戻る。目玉は白須賀の潮見坂、二川の本陣資料館。歩行距離:約16km。

 静岡県内の東海道を歩くときとても便利なマップを静岡県文化・観光部が用意してくれている。冒頭の写真はそのうちの「府中宿」編(※1)。歩くコースのみならず、見どころや歩くときのポイントもコンパクトにまとめられている。他県も類似のものを用意してくれている(※2)が、この静岡県のものがデザイン性も含めて最も秀逸なように思う。入手先はここ

※1 わが実家はこの地図の真ん中上方「駿府城跡」のちょっと北。
※2 唯一愛知県だけが東海道マップ的なものを用意していない(私が探したかぎりだが)。だめじゃにゃあきゃ、愛知。


 今回もFacebookでは毎日1、2回進行状況をレポートしますので、ごひいきのほどを。
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。