プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴎外の母に脱帽~『日本文壇史』(第3巻)より



伊藤整の『日本文壇史』を読んでいる。明治大正期の日本文壇の歴史を描くもので、全23巻という大著だ。

現在第3巻の途中、明治29年(1896年)の初夏に差し掛かったところ。鴎外は評論と翻訳ですでに名を成し(小説はまだ書いていない)、漱石はデビュー前。鴎外、紅葉、露伴が文壇の大家となっており、逍遥はもはや舞台から消え、四迷は『浮雲』で華々しくデビューした後潜伏し、透谷はすでに命を絶っている。一葉が『たけくらべ』等で大評判を取ったばかりだが、すでに病を得ている。子規も俳句で名を成しているが、肺病を得て寝込む寸前。鏡花、独歩、花袋はまだまだ駆け出し、藤村のデビューはこれからだ。

現代日本文学の黎明期を舞台にした青春群像劇のようで(実際そうだ)実に面白く、登場人物の苦悩や喜び、怒りが生き生きと伝わってきて胸が熱くなる。伊藤整の筆致はほとんど感情を交えず、事実を淡々と述べているだけのような客観的で冷めたスタイルだが、内容が熱いだけに、かえってそれが心地よい。

前置きが長くなってしまった。実はこの記事を書いた動機は、第3巻に乗っていた森鴎外の母親のエピソードに感動し、そのことを書きたかったからだ。

森鴎外(本名林太郎)が幼い頃、父の静男は医者修行中で、家にほとんどいなかった。そのこともあって、林太郎の教育は母親の峰子の手に委ねられた。ところが峰子は教育を受けておらず、天才肌の息子を教えるため、彼女は徹夜してまで勉強し、文字を覚え、さらには漢籍まで読めるようになった。後には鴎外の作品に意見を言ったり、校正やふりがなつけをするまでになったと言う。
天才鴎外の陰にこの母あり。昨晩このくだりを読んでいて頭にガツンと食らった気がした。人生いくつになっても勉強である。自分も負けてはいられない。

そうそう、この名作がいまは絶版で、中古でしか手に入らない。ちょっと残念である。
スポンサーサイト

六十肩完治す

2014年10月に突如私を襲った右腕痛(六十肩?)については、これまで何度か経過報告をしてまいりました(1回目2回目3回目4回目5回目)。が、今回が最後のご報告になります。

実は昨日、めでたくもかしこくも、1年半の苦闘の末に右腕痛が完治したのであります。

最初は少し上に上げるだけで激痛が走った右腕でしたが、サーノ博士のTMS理論によった治療方法(わざと腕を痛めつける)という荒療治を続けた結果、やがて(数カ月後?)激痛が走ることはなくなり、日常生活に大きく差し支えない程度には回復しました。その後も少しずつ少しずつ症状は改善していったのですが、それでも腕を上へ上げたときに筋肉が突っ張るような痛みは最後まで残りました。それをいちばん感じるのが、お風呂に入って寝間着に着かえるときでした。

ところが昨晩、お風呂を出てシャツを着ようと腕を突っ張ったときに、なんと何の違和感も感じなかったのです(ビックラポン)。

万歳であります\(^o^)/、ブラボーであります。やっぱりサーノ博士は正しかった。TMS理論は正しかった。信じて続けてよかった。でも、1年半もかかったのは、ちと想定外。

しかし、何はともあれ、めでたし、めでたし。
.☆.+:^ヽ(∇ ̄*)o♪Congratulations♪o(* ̄∇)ノ^;+.☆. 
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。