プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い長いさんぽ


この本は仁香さんのブログで知りました。nicologという名のこのブログにはご自分の周辺でのできごとを描いた自作の2コマまんがが載っていて、これが読ませます。絵はプロ並みですし、その可愛らしくて癒し系の絵にマッチしたこれまた癒し系のお話がほのぼのとして愉快で、思わず頬が緩みます。一度ご訪問されることをおすすめします。

さて『長い長いおさんぽ』です。

ペット、特に猫を飼っておられる方は涙なしには読めないでしょう。長いこと生活を共にした猫がお星様になった前後を描いた作品集です。

最初のうちは(西原理恵子+さくらももこ)÷2風の作風でゆず(猫の名前)と作者の交流を面白おかしく描いた作品が並んでいて、クスッとしたり、大笑いしたり、ゆずの愛らしさにほわーっとなったりしながら楽しくすいすいと読めます。

--------------------
しかし、そうやって調子よく読み進めていると、表題作に至って、いい気持ちになって油断していた頭にがつーんと鉄槌が振り下ろされます。僕は衝撃でしばらく固まってしまい、ページをめくることができませんでした。

その後はもう切なくて切なくて。その死に責任はないのに自分を責める作者の気持ちが痛いほど伝わってきます。また、亡くなる前の晩のゆずのエピソードは涙なくしては読めません。

悲しいできごとを振り返る作者の目は、作品の中の自分(=ゆずの死を悲しんでいる自分)を突き放すとまではいかないものの、若干距離を置いていて、純粋に飼い猫の死を悲しむ一方で現実的なことを考えている自分の様子をきっちりとバランスよく描いていて、それがかえって感動を深めます。

それから悲しいお話の中でも作者はギャグを忘れません。それによって読者は(恐らく作者も)救われます。また、「悲しい、悲しい」だけだと逆に読者が白けて引いてしまうであろうところを合間合間に挿入されるギャグが救っています。

あらかじめ予想はつくものの、救いのある結末にもほっとします。

それに何といってもゆずが可愛らしくて。これまでアニメやまんがで見た猫の中で最も愛らしいといっても過言ではありません。

ほめすぎたので一つだけ難癖をつけておくと、お葬式後の作者夫婦の行動にはちょっとついていけないところも。

【じっちゃんの評価:★★★★】

スポンサーサイト

COMMENT

ネットで可愛らしくて愉快とか、作品やゆずなどを訪問したかったの♪

こじろうさん、おひさー。
コメントありがとう。
もっと意味のある文章だとさらにありがたいんですけどねー。

またまたひかれるー。この本。
ブログ訪問してきました。
なかなか素敵。
誰かのブログ読みに行くのって、
顔形は見えないけど、その人の感じ方やこだわりが伝わってきて、「みんながんばって生きてるなあ」って思えるところが好き。

おむすびさん
>またまたひかれるー。この本。
猫好きな方は見逃せないですよねー。うちの娘はもう涙でぐじゅぐじゅでした。

>ブログ訪問してきました。
>なかなか素敵。
でしょ。

>誰かのブログ読みに行くのって、
>顔形は見えないけど、その人の感じ方やこだわりが伝わってきて、
>「みんながんばって生きてるなあ」って思えるところが好き。
いいことおっしゃいますね。ほんとにそうですよね。

ブログの紹介までしていただきありがとうございます。私の拙い文章と違い、きちんと本を紹介できていてすごいなー、と思いましたよ。

おむすびさん、遊びに来ていただいたんですか?ありがとうございます。(て、ここで言っちゃだめですか?ごめんなさい。だってうれしかったんだもーん。)

>私の拙い文章と違い
いえいえ、仁香さんの文章の方が人をひきつける力は強いと思います。ほんとに

>、ここで言っちゃだめですか
いいですとも、もちろん。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長い長いさんぽ/須藤真澄

一言で→号泣。昨夜読んだまんがです。須藤真澄さんのまんがには、よくねこが描かれています。名前はゆずといいます。もうずっとまんがで読んでいたので、遠くにいる友達んちのねこみたいなかんじです。帯に、ゆずが死んでしまったと書かれていました。「長い長いさんぽ」は
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。