プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厭魅の如き憑くもの(予告編)



これ、北海道出張の際に読み始めた本です。ようやく読み終わりました。ってことは6日かかったってことです。それにはいくつか事情がありまして...、ってそんなこと説明しても意味ないので(と言いながら、よくやってますが(;^_^A )、本題に入りましょう。

この作家は初めてです。なんだか古臭い名前なので今までなんとく敬遠していましたが、あるブログで激賞していたのを見て読んでみることにしました。

題名からも伺えますが、ホラーとミステリを融合した作品という触れ込み。けっ、そんなのってホラーかミステリかどっちかが中途半端になるだけだぜ、とハードボイルド、ないしは裕次郎風にキメた私でありますが...。 (つづく)

P.S.
この作品は拾い物でした。ていうかすごいです。久々に衝撃を受けました。ってわけで、軽々しくは紹介できないので、もっかい読み返してから紹介したいと思います。ってわけで、紹介できるのは早くても今週末になると思います。ってわけで、今日は予告編でした。
スポンサーサイト

COMMENT

ふうん・・・三津田信三か・・・三の間に津田信、で視覚的におもしろい名前ですよね。

こういうジャンルでは今子猫殺しで話題の坂東真砂子さんのをよく読んでました。

ふたたびのレビュー楽しみにしています。

おむすびさん、
間髪入れずのコメント、驚きました。

>ふたたびのレビュー楽しみにしています。
待っててくだせー。全力投球でやりまっせ。

おはようございます。

今日はお詫びに伺いました。
私の方こそリンクさせていただきながらご挨拶も抜きで・・・
年だけとりながら恥ずかしいです、礼儀を欠いてしまいました。 お許し下さい。

ミステリーは好きですが、それにホラーがかかってるんですか~?  怖がりものには蓋を (?)、主義で~す。

梓の小鳥さん、
そちらのブログのコメントにも書きましたが、そんなに固く考えないでください。私としてはリンクしていただいて大変うれしいです。

それに、そもそも、リンクをはるのに了承はいりませんので(※)。私が梓の小鳥さんのブログのリンクを張ったことについてそちらのブログにコメントさせていただいたのは、梓の小鳥さんに私がリンクを張ったことをお知らせしたかった(「梓の小鳥さん、気が付いてくださいね」と)だけですから。

こちらこそ梓の小鳥さんにお気遣いをさせて恐縮です。

※そのブログに「リンクをはる場合は連絡を」との断り書きがある場合を除きます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。