プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎001


「おっ」って思うタイトルでござんしょ。書店で見かけたら「なんだろぉ?」って思わず手にとってみたくなりますよね。

これ、ミステリ短編傑作集のタイトルです。うまいですよね。人を惹きつけますもんね。現に私めはまんまと惹き寄せられて、珍しく書店でソッコー購入してしまいましたもん(ふつう新刊はAmazon)。これ、『謎002』『謎003』・・・と続くんでしょうね。

日本推理作家協会は毎年その年に発表された短編ミステリの傑作選を講談社文庫で出しています。例えば1994年の『真犯人は安眠中 ミステリー傑作選27』など。

この『謎001』は70年代・80年代・90年代それぞれの傑作選の中から、作家がお気に入りの作品を選ぶというもの。ミステリーファンとしてはよだれが出そうな企画ではありませんか。

今回の選者は僕もごひいきの東野圭吾さん。ますます期待が高まります。

--------------------
でも、結果はアチャパーでした。

9作品が掲載されているのですが、その中でかろうじて面白いと思ったのは連城三紀彦の「ぼくを見つけて」と小杉健治の「手話法廷」くらい。この2作も大きな欠陥があって傑作とまでは呼べません。

SFホラーの名作としてその名も高い筒井康隆の「母子像」も掲載されています。これは再読になりますが、最初読んだ時と同様今回も「それほどの作品かなー」という感想でした。ホラーとしての恐怖の盛り上げ方もそれほどうまくないし、結末の仕上げ方ももう少しなんとかならないかという気がします。

最悪は赤川二郎の作品。双子のトリックを使ったものですが、双子のトリックは世に多いので、何か一工夫あるのだろうと期待したのですが、ところがどっこい、新たな工夫はまったくなく、過去にあるトリックを組み合わせただけ。あまりにミエミエの解決に唖然としました。しかも探偵とワトソン役のやりとりが気持ち悪くて。以前から赤川二郎の作品はあまり好きではなく、初期の作品を除いてほとんど読んでいませんが、これで彼の作品はもう二度と読まないとの決意を新たにいたしました。

そんなこんなで、東野さんのアンソロジストとしてのデビューは残念ながらイマイチの結果に終わってしまいました。

【じっちゃんの評価:★】

スポンサーサイト

COMMENT

おじゃまします。
赤川さんは、遠い昔に読んだ記憶が・・・
探せば数冊位はどっかから出てくるかも。
殆ど内容は覚えてないんですが、
薄っぺらいなぁって思ったのは憶えてますよ。
ただ、この人の出版の速さには驚きでした。
まぁ、次から次に書けるもんです。
最近は、そうでもないんでしょうけど・・・

たまの猫さん、いらっしゃ~い(桂三枝風に)。

>薄っぺらいなぁって思ったのは憶えてますよ。
こんな作品を選ぶ選者にもブーイングです。
そもそも年度別傑作選に選んだ推理作家協会もおかしい。
赤川さんがビッグネームだからはずせなかったんでしょうね。
東野さんも東野さんです。何か後書きを読んでると、面白いから選んだというより評判だから選んだって姿勢が見えて。
ちょっとがっかりです。

>ただ、この人の出版の速さには驚きでした。
すっごいですよね。古書店に行くと、一番量の多いのが赤川次郎と西村京太郎ですもんね。

確かに気になるタイトルではありますね。
でもあまり面白くないという評価ですか。
個人的には短編の作品、特にミステリに関しては
どうしても内容が薄くならざるをえないから
あまり面白くないと勝手に思ってるのですが
でうですかね?
あと、赤川さんの作品は読んだことなかったりします。

はじめてお邪魔します。
このブログダイスキ☆になっちゃいました。
これからもちょくちょくお邪魔します~。
よろしくです(^^♪

しんさん、いらっしゃい~。

僕も短編よりは長編が好きで、短編は敬遠しているクチです。
今回は傑作集の中からさらに作家が自分の思いいれのある作品を厳選するという企画に惹かれて買ったのですが....。
ザンネン!

HARUさん、はじめまして。
気に入っていただいてうれしいです。
今後ともよろしくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。