プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜回り先生


夜回り先生こと水谷先生というのは少年少女の非行・薬物・自殺問題に取り組んでおられる先生で、深夜繁華街をパトロールしていることから「夜回り先生」と呼ばれている。先生自身つらい少年時代を経験し、リスト・カットしたこともあるという。

...てなことは私も知っていましたが、水谷さんの著書を読んだことはなく、NHKで放映されたという特集もTBSのドラマも見ていません。でも、ずっと気になる存在でした。

そんな時あるブログで先生の著書がまんが化されていることを知り、早速Amazonで第一巻を購入しました。

土田世紀というまんが家は知りませんでしたが、デッサンのしっかりしたリアルな画風でなかなかの筆力とお見受けしました。

このまんがは全3話で構成されています。テーマがテーマだけに3話とも胸が締めつけられるようなお話しばかりです。救いのある話もあれば救いのない話もあります。キレイごとだけでなく、救いのない話をもきちんと正視して描いている姿勢に好感を持ちました。

--------------------
最初のお話からして夜回り先生の失敗談です。紙面を通じて少年の悲しみ、先生の悔悟、母親の嘆きがひしひしと伝わってきて切なくなりました。一方でこうした少年を喰い物にするヤクザに腹が煮えくり返るような怒りを覚えました。

作中の「マジメな子ほどマジメにドラッグを使い、マジメに壊れていく」「心に傷を持った子ほどその心の傷を埋めるために必死でドラッグを使う。そして死んでいく」という言葉が胸に迫りました。
水谷先生はそうした少年たちにこう言います。「先生が絶対に助けてやる」。言葉だけではなく、文字通り身体を張って少年を助けようとします。少年が迷惑をかけた先に土下座して謝り、警察と交渉し、暴走族とナシをつける。そんな先生の姿に頭が下がりますし、それでも救われない少年たちに深い悲哀を感じました。

と褒めまくったところで、欠点についても言及しておきましょう(いやなヤツだな俺って)。

読者をいきなり物語の中に引き込もうというのでしょう、冒頭からいきなり核心に入って濃~いお話が展開されます。水谷先生がどういう人物なのかわからないまま少年との交流が始まるため、少し戸惑いを感じます。それはそれでいいのですが、その後も、物語を失速させない配慮だとは思うのですが、水谷先生自身のことがあまり描かれません。そのため先生がなぜここまで少年問題に真剣に取り組んでいるのか、その背景や経緯がよくわからず、もどかしさを感じました。

「水谷先生のことは知ってるだろう」的前提に立っているとしたら独立した作品としては問題です。

また、物語をドラマチックに盛り上げるための過剰な演出もいささか鼻につきました。

というわけで、このまんがの2巻を読むかどうかは微妙です。ただ、水谷先生の「気になる」感はますます強くなりましたので、水谷先生ご自身の著書を読んでみたいと思います。それで水谷先生のことがよくわかれば、恐らく2巻も読みたくなるのではないでしょうか。

【じっちゃんの評価:★★★】

スポンサーサイト

COMMENT

おじゃまします。
水谷先生
うちの息子の高校にも、講演にこられてましたよ。
息子も生の声を聞くことが出来て、
いい経験になったと思います。
漫画は限られたページ数で、
読者を引きつけなきゃならないので、
どれを入れる削るって苦渋の選択で難しい事でしょうね

土田さんは、窪塚の復帰第一作映画の
「同じ月を見ている」の原作漫画を書いてる人ですね。
映画は知らないですが漫画の方はなかなか良作かと思います。

さて、夜回り先生ですが私は嫌いですね。
例の「昨日までのことはいいんだよ」という姿勢が
どうもイスラム教の信者獲得にも似てますし、
なにより私は悪いことをした人間は
それを一生背負って生きていくべきだと思うから
かなり気に食わないんですよね。

一つのことをやり続けるのはいいことだと思いますし、
そのために自分の身を削って少年少女たちの話を
聞いてる姿勢も素晴らしいものがありますが、
そのために睡眠時間が~健康が~なんてことも言ってました。
そのわりには公演や著作もけっこうあるみたいで
いまいち実態がわからなかったりするんですよね。
適材適所と役割分担ができてない気がしてならないです。
(自分でやらねばという彼の気持ちもわかりますが)

あと、彼の行動はまた別の問題を示唆しているようにも思えます。
それは高い税金支出で学校に設置されている
カウンセラーが機能してないということです。

・・・って、なんかやたら長くなりましたね(・д・;
ということで今回はこのへんで。

と、前回のお返事を。
>ウブメの夏
これが一作目でしたか!
前から読んで見たかったし、じっちゃんさんオススメということで
是非とも読んでみたいと思います(^д^)

あと、リンクの件ですが大歓迎です。
うちの方でもリンクさせてもらってよろしいでしょうか?

たまの猫さん、まいどです。

>うちの息子の高校にも、講演にこられてましたよ。
でっか。私も聞きたかった~、って、そりゃ無理だ。

このまんが、欠点をあげつらいましたが、力の入ったいい作品ではあると思います。


シンさんもまいどです~。
おおっ、シンさんはかなり夜回り先生に厳しいですね。こういうのって、偽善や自己満足と紙一重ですからね。

でも、こういう取り組みをするからにはある程度ナルシズムや思い込みが必要で、そこらへんは認めてやってもいいんではないでしょうか。ブログを見てると水谷先生に現に救われた方ってもあって、結局は結果がすべてだと思うんですよね。いくら、いいことしてるつもりでも結果が出なきゃそりゃドンキホーテですぜ。

いずれにせよ、私は水谷先生の著作を読んだことがないので、私の評価はそれらを読んでからってことにします。

>ウブメの夏
京極夏彦の作品はとても癖があるので、ご注意ください。シンさんには合うような気もするですが。

>あと、リンクの件ですが大歓迎です。
サンキュです。さっそく張らせていただきます。

>うちの方でもリンクさせてもらってよろしいでしょうか?
もちろんですとも~。

こんばんは^^
もちろん彼の残した結果に対しては
敬意や評価をしたいと思いますが
どうもその手法が自分的に納得いかないものでして(^^;
まぁこの辺りは実証されにくいので
個人の価値観になってしまうのがあれですが。
もちろん私が間違ってる可能性も大ですし。

>リンク
ではリンクさせてもらいますね^^

シンさん、いらっしゃいませ。

あることについての評価は人それぞれですしね。
間違っているとか、合っているとかはないのじゃないでしょうか。
それぞれの人にとってそれぞれの見方が正しいということで。
てなことを京極夏彦も言ってます。『邪魅の雫』で。

リンクよろしく!

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夜回り先生教師を説得

生徒とのみだらな行為“自首”
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。