プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝都衛星軌道


帯の文句がうまいよね(or ずるいよね)。「正直言って、自信作です。」だもんな。島田ファンならざるとも手が伸びるではないか。ましてや島田ファン(というより御手洗潔ものファンかな)の僕としては。

この作品は誘拐ものだ。で、誘拐もののキモは何といっても身代金の受け取り法だ。警察が厳重に警戒する中犯人はいかに警察を出し抜いて身代金を手にするか。

誘拐ものの傑作は数多い。

黒澤明の映画『天国と地獄』(こういう仕掛けは映像の方が強いよね)

R・ジェサップの『摩天楼の身代金』(この方法はホント独創的。スゴイ! 実際に応用できそう)

天童真の『大誘拐』(誘拐ものというよりミステリにおける奇跡の大傑作)

岡嶋二人の『99%の誘拐』(現代的!)

どれも身代金授受のアイデアが独創的、そしてどれもが大傑作。

それから身代金の授受がどうだったか覚えていないけどトニー・ケンリックの『リリアンと悪党ども』、これも誘拐ものの大傑作です(アイデアもすごいし、ハラハラドキドキのストーリー展開と腹を抱えて笑えるユーモアの合体がスゴイ)。

で『帝都衛星軌道』はどうか。

『帝都衛星軌道』の身代金の受取方法も独創的だ。時間のかかる方法なので、それだけ警察との駆け引きもたっぷりと楽しめる。そしてその間緊張感が途切れることはない。

ネタバレになるのではっきりと言えないが、警察には犯人がどのようにやっているのか、なぜそうしなければいけないかがわからないので、警察の焦燥感とともに読者の緊張もいやが上にも高まる。そこがうまい。どうなっているんだろうという興味でどんどん先が読みたくなる。

しかし、この作品のキモは身代金の受け取りシーンではない。いや、身代金の受け取りもキモではあるのだが、それ以上のキモがその後に待っているのだ。これにはビックリした。こんな展開はどんなすれっからしでも予想できないだろう。

そんなにホメてなぜ★★★☆どまりなのだと思われるかも知れない。

理由は二つある。一つ目は、ネタバレになるのでストレートには言えない。誘拐犯に関係することとだけ言っておく。

二つ目はさっき言った「予想外の展開」だ。ちょっと (いや、かなり) びっくりした後で「こんなのありえねーだろー」と思ってしまうのだ。いや、現実って結構すごいことがおきるようだから、こんなこともありえるかも知れないので、登場人物の行動に違和感を覚えるのだと言い換えておこう。もちろん、まったく違和感を感じない人もいるだろうし、そういう人ならば★4つかそれ以上はつけるだろう。

それと、これは作者の責任ではないが、帯にある「本格ミステリの最高峰がここにある」ははっきり不当表示だ。この小説は断じて本格ミステリではない。これを本格ミステリと言い切ってしまう編集者の見識と厚顔ぶりにあきれるばかりだ。

とはいえ、この小説は面白い。読ませるパワーを持った小説だ。いったん読み出したら、次から次へと後を読みたくなる。誘拐の手口も新鮮かつ驚きだし、違和感云々の問題は別にして「予想外の展開」にガーンとなることも請け合い。払ったお金に対して十分お釣りが来ることは保証する。

【じっちゃんの評価:★★★】

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。