プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7年目のセキララ結婚生活

私、けらえいこさんが読売新聞日曜版に連載している『あたしンち』の大ファンでありまして、『あたしンち』は『サザエさん』に匹敵する、いやそれ以上の新聞漫画の大傑作だと思っているです。読売新聞の連載は毎回欠かさず読んでいるのはもちろん、単行本も全部買って読んでます。

『あたしンち』の単行本を全部読んでしまったので、何か物足りないな~というので、けらさんの他の作品を読むことにしました。で、以下を購入。

  『たたかうお嫁さま』
  『7年目のセキララ結婚生活』
  『いっしょにスーパー』

いずれも作者自身の結婚生活を描いたもので、同じ流れの作品である『セキララ結婚生活』『いっしょにスーパー』は既に読んでいます(※)。

 ※あれれ、『いっしょにスーパー』も?と思われた方。そ~なんです、
   前に読んだことあるのを忘れててうっかり買ってしまったのです(;^_^A
   ま、こういうことはたまにあるので、気にしない、気にしない。

--------------------
この中から『7年目のセキララ結婚生活』をまず読みました。

で、どうだったかというと、う~ん、面白いけど、なんかな~。こういうのってどう書いたって惚気話になってしまいますからね。さすがにけらさんで、描き方はうまいし、ギャグも冴えてますが、惚気は惚気ですからね~。

でも、作家は因果な商売ですね。自分の生活を、かなりオブラートに包んでいるとはいえ、ここまでさらけ出さないといけないとは。だんなさんはどう思っているんでしょうね? 私だったら、嫌だなあ。嫁さんが電話で友達に私のことをあれこれ話しているのを聞いているだけで「やだなあ」と思うくらいだし。作家の中には自分の周囲のことを書いて、家族や親戚、友達と気まずい関係になった人も多いと聞いてます。

【じっちゃんの評価:★★★☆】
(けらさんの作品なのでちょっと甘め)

スポンサーサイト

COMMENT

No subject

こんにちは~私もけらさんは全部読みましたが、
持っているのは現在「あたしんち」だけですねぇ。
一回読んでは売り、また読んでは…を繰り返しているような…
やっぱり読みたいんですよね♪

No subject

「あたしンち」 のハハに 年々似てきたひさきゅ~ です。

「7年目~」や「いっしょに~」も読んだことあるんですが、内容を忘れてしまい、
今は 「あたしンち」 のアニメだけ毎回見てます。  
なので、「あたしンち」が一番好きです。  
 みかんは自分で弁当作ればいいのに~ といつも思うんですが、作ったことあるんですかね?

そして、私も 『邪魅』 が進まなくて困ってます。
昔は半日で読了してたのになぁ~  やはり ハハに近くなったせいでしょうか?!
 

おじゃまします。

私も友達とお互いに旦那さんたちの事をたまに愚痴ってます。
とてもじゃないけど本人には聞かせれません。
”決してそーっと聞かないで下さい。・・・ほら不幸の足音が・・・”
↑映画のキャッチコピー風にして見ました。^ー^;A

No subject

ひだまりねこさん、ひさきゅ~さん、たまの猫さん、いらっしゃいませ。

ひだまりねこさんも、ひさきゅ~さんもけらさんのファンでしたか。よしよし。
「あたしンち」は全巻トイレに置いて、折にふれ(<=どういう折だ?!)読んでおります。

>今は 「あたしンち」 のアニメだけ毎回見てます。  
アニメはたまに見るんですが、声優の声がイメージと合わなくて。
(特に合わないのはハハ) で、アニメはあんまり見てないです。
>なので、「あたしンち」が一番好きです。
私もダントツに「あたしンち」ですね。特に私はみかんちゃんに萌え~でして。
可愛いですよね~、みかんちゃん。姿も性格も。
>みかんは自分で弁当作ればいいのに~ といつも思うんですが
うちの娘に対してもそう思う私です。
みかんちゃんは高校生ですからね。無理ないかも。
>そして、私も 『邪魅』 が進まなくて困ってます。
いよ~、ご同胞!
>昔は半日で読了してたのになぁ~
若いときは無理もできましたしね。しょうがないでしょ。
速けりゃいいってもんでもないですし。
最近「スロー・フード」ならぬ「スロー・リーディング」ってのも提唱されていますからね。

>とてもじゃないけど本人には聞かせれません。
ぞぞ~っ。なまなかのホラーより怖いです。
>”決してそーっと聞かないで下さい。・・・ほら不幸の足音が・・・”
もうやめて~(((p(>o<)q)))

頑固にさざえさん!

またまた私にはチンプンカンプン。
サザエさんの路線ならきっと面白いんじゃないかな、くらいは納得です。
「意地悪婆さん」が手に入らず昔ファンだった「ふくちゃん」を例の古本屋さん、「すずらん」にオーダー、でもあの頃楽しんだ程楽しめませんでした。

すみません、話題がそれちゃって・・・

>>>ここまでさらけ出さないといけないとは。だんなさんはどう思っているんでしょうね?

私、これって大共感を覚えるんです。
なぁんて云いながら夫が屋根に上がって修理してるとこの写真を撮って後悔しちゃったり、結構やってますけど、し過ぎないようこれでも気配りしてるつもりなんですよ。

犬飼さんの記事に共鳴して渇く大地だったかな?を連載してる婦人公論をとってた事があるんですけどその中に載ってた記事に普通の主婦があまりに露骨に内訳話を投稿してるのに度肝を抜かれる思いでした。 恥を知らないばかりか書かれている相手の事も考慮に入れないとは・・・

今回、ブログ・アクセスの「主婦」のカテゴリーから身を引いた?のもたま~にある破廉恥な主婦ブログと混同されたくなかったからデシタ。

No subject

梓の小鳥さん、おはようございます。
>またまた私にはチンプンカンプン。
ですよね。けらえいこさんのHPに作品リストが載っていて、作品名をクリックするとまんがの一場面が見られます。雰囲気だけでも味わっていただければ。
url⇒http://www.keraeiko.com/sakuhinn.html

>サザエさんの路線ならきっと面白いんじゃないかな、くらいは納得です。
サザエさんも「あたしンち」も新聞連載(ただし「あたしンち」は日曜版のみ)、家族がテーマってところは同じですね。大きな違いはサザエさんが4コマまんがでちゃんとオチがあるのに対し、「あたしンち」は新聞1面の半分を占める短編まんがでストーリー性があり、必ずしもオチはないことですね。また、サザエさんが2世代家族なのに対し、「あたしンち」は現代風の核家族です。

「意地悪婆さん」が手に入らず昔ファンだった「ふくちゃん」を例の古本屋さん、「すずらん」にオーダー、でもあの頃楽しんだ程楽しめませんでした。

>私、これって大共感を覚えるんです。(中略)
>し過ぎないようこれでも気配りしてるつもりなんですよ。
家のことを書くにしても、書かれる本人たちに対する気遣い、節度が必要ですよね。
うちは、娘や嫁さんに「絶対写真は載せないでね」とクギをさされています。イヌの写真を載せるんだって物議をかもしました。

>普通の主婦があまりに露骨に内訳話を投稿してるのに度肝を抜かれる思いでした。 
>恥を知らないばかりか書かれている相手の事も考慮に入れないとは・・・
困ったもんです。結構人気がある日本のテレビ番組で身の上相談をする番組があるんですが、姑や嫁、だんなさんの悪口を一方的にまくしたてているのを見ていると、「醜いな~」と胸が悪くなります。ひょっとして、相談者の方が悪いんじゃないかと思ったりして。

>たま~にある破廉恥な主婦ブログと混同されたくなかったからデシタ。
それは賢明なご判断かも。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。