プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邪魅の雫


榎木津ファン(私のような)には胸の痛くなる一編。

一種の館ものだった前作『陰摩羅鬼の瑕』に対し、今回は広域にわたる連続殺人事件を扱う。登場人物も多く、事件と事件、人と人が複雑に絡み合って錯綜し、読者(私のことですが(;^_^A)の頭を混乱させる。

しかも、作者お得意の「登場人物による独白」が多用され、それぞれが犯行をほのめかすようなことを言い、ますます読者の頭を混乱させる。京極堂シリーズの中でも今回が最も「登場人物による独白」が効果的に使われている例だろう。これが一種の叙述トリックとなって、読者が真相に気づくのを妨げる。こすっからいミステリファンほどだまされるだろう。

今回はシリーズの主役とも言える中禅寺=京極堂や榎木津が活躍する場面がかなり少ない。特に、本書の主題である連続殺人事件が榎木津を巡って起きるものであることもあって、榎木津の登場シーンは極端に少ない。加えて、あの破天荒な言動にもいつもの迫力がない。そのあたり、中禅寺、榎木津ファンには物足りないところだろう。逆にいつも陰々鬱々としている関口が元気で饒舌なのが印象的だ。

--------------------
もつれにもつれた事件をほどくのはやっぱり拝み屋・中禅寺だ。いつものように、関係者の憑き物を落とすことによって中禅寺は事件の真相を明らかにする。そして、今回中禅寺が憑き物おとしの対象にするのは小説の中の登場人物だけではない、読者もその対象となるのだ。憑き物を落とされた時に見えてくるものは驚くべきものだ。かつてこんな犯人像があったろうか。少なくとも私は知らない。

今回も中禅寺の決め台詞は鮮やかに決まる。「この世に不思議なことなどないのだよ」。

にしても、中禅寺、今回はもう少し早めに何とかならなかったものか。そう思うのは私だけではあるまい。

そして、事件の最後を締めるのはこの人しかいない。今回の事件の中心核にいるともいえる榎木津である。最後を締めくくるその言葉はかっこいい。かっこよくて哀しい。私は、この結末に文字通り頭がしびれ、しばらく立ち直れなかった。

次回の作品では元の榎木津に戻って大暴れしてほしい。

【じっちゃんの評価:★★★★】

◆蛇の足◆
事件とは関係ないが、中禅寺=京極堂と関口たちとの哲学議論は相変わらず面白い。特に、今回は小説の批評についての議論があり、ブログでまがりなりにも本のレビューを書いている者として大いに感興をそそられた。

自分の作品を書評で貶された関口がそれを気にして中禅寺に愚痴をこぼしたのに呼応した議論だ。

中禅寺は言う。「批評はみんな正しい」。そして「読んだ者は必ず感想を持つ。その感想の価値は皆等しく尊いもの」であり、書評家だからその感想に価値があるということはなく、「良い評論というのはたしかにあるんだが(中略)要するに良い評論とは面白い評論のことなのだ。取り上げた作品の絶対的価値を定めるような代物では金輪際ない」と。したがって「書評は、先行するテクストを材料にした二次的な読み物」に過ぎず、だから「自作が貶されてたって嗚呼良く書けていると感心すれば良い」のであり、悪評を気にして「決して評論に触発された作品などを書いてはいけない」そう関口に忠告し、重ねて、そもそも悪評は沈黙よりマシだと言う。要するに中禅寺は関口を励ましているのであって、やはり何だかんだ言っても中禅寺は関口のよき友なのだ。

この議論によって、決して書評家ではないが、書評らしきものを書く私としてはほっとする一方、身がひきしまる思いにもさせられた。ほっとしたのは、もちろん「読んだ者の評価はどんな評価であっても正しい」からであり、身がひきしまったのは「良い書評は面白い書評」の対偶として成立する「面白くない書評はダメ書評」だからだ。今後も自分の能力の及ぶ限り面白い書評(らしきもの)を書いていきたい。

<<今日はなんだか「である」調になってしまった。作品のせいだろう>>

スポンサーサイト

COMMENT

うんうんなるほど。

物語のおもしろさは、書評に関する部分のとおり、
自分で「完食」して味わうことにして、なるほど
その書評論は納得ですね。

重い本でも、ぜひチャレンジします。
ところで、じっちゃんさん。私は長く探しているものがあります。
それは、ベッドで本を読むとき、自分で持たなくても
いい道具。うつぶせは腕が痛くなるし、仰向けでも横向けでも本を落としてしまうんです。
座って読めば朝まででも読み通してしまうし。
ご存知であれば教えてください。

>その書評論は納得ですね。
ご同感いただいてうれしいです。

>重い本でも、ぜひチャレンジします。
ぜひぜひ。

>ご存知であれば教えてください。
寝ながら読める書見台。僕もその存在は知りませんでしたが
ネットで調べたら、あるわ、あるわ。
以下のような商品が見つかりました。ご参考まで。

http://homepage3.nifty.com/edisonworld/hontoW.html
http://www.net-way.co.jp/readingstand.html
http://www.resound.co.jp/type.html
http://www.rakuten.co.jp/4d/408240/411636/446527/

Googleで「書見台 (寝ながら OR 寝たまま OR ベッド OR 布団)」で調べたらヒットしました。
まだまだあるようですよ。

P.S. 私も欲しくなりました。

今まさに読んでいるところです。
楽しみにしていたじっちゃんさんのレビューですが、読むのは、自分が読んでからにしたほうがいいかな?って一瞬思ってしまいました(^^;)
でも、読んでますます先への期待が膨らみましたよ!
重くて持ちにくい本ですが、じっくり楽しみながら読みたいと思います。

書評についてのところは昨夜読みました。
ブログなどで書評を書いている人たちにも向けられた言葉だな、と思いましたね。

のばらさん、よ~こそ~。

>読むのは、自分が読んでからにしたほうがいいかな?って一瞬思ってしまいました(^^;)
そりゃ当然のお考えですね。
私も今回はネタバレにならないように苦労しました。

>でも、読んでますます先への期待が膨らみましたよ!
よかった~。

>重くて持ちにくい本ですが
それに対する反論はないです。

>じっくり楽しみながら読みたいと思います。
そうですね。あせらず、ゆっくりゆっくり読むのが
このシリーズを楽しむコツです。
スローリーディングですね。

>書評についてのところは昨夜読みました。
>ブログなどで書評を書いている人たちにも向けられた言葉だな、
>と思いましたね。
ですね。あの話は心にしみました。

書見台!

その名前がわからなくて、検索できませんでした。
やっぱり博識ですねえ。ありがとうございます。

>その名前がわからなくて、検索できませんでした。
そうなんだ。

>やっぱり博識ですねえ。
それほどでもぉ(〃∇〃)

>ありがとうございます。
どういたしまして。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。