プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しいアクション映画『Lovers』

Lovers
 ◆映画のデータ◆
  原 題:十面埋伏
  製作年:2004年
  製作国:中国
  監 督:チャン・イーモウ
  出 演:金城武(ジン)、チャン・ツィイー(シャオメイ)
      アンディ・ラウ(リウ)


この映画を観た感想を一言で言うならば「おったまげた」です。

何におったまげたかというと、この映画、一応アクション映画だと思うんですけど、アクションシーンのリアリズムよりも、その映像の美しさ・楽しさを徹底して追求していること。短剣などの武器の動きや人間の動きなど、ありえね~というシーンが多いのですが、見ててきれいだし楽しい。監督の頭の中にアクションシーンのイメージがあって、リアリズムを度外視して、あるいはそれがいい過ぎならば、リアリズムを多少犠牲にしてでも、そのイメージをイメージのままに映像化したって感じです。

ストーリーもかなりベタなストーリで、練りに練られたストーリーとは言いかねます。

-----------------------
唐時代、腐敗した政府と、政府打倒に動く反政府組織。政府側の捕吏は、遊郭に盲目の踊り子として潜入していた反政府組織の頭目の娘を利用して反政府組織を一網打尽にしようとする。捕吏の一人(日本でも活躍する金城武が演じている)は反政府組織のシンパを装って娘に近づき、娘と共に反政府組織の本拠に向けての旅を始める。その旅の中で起居を共にし、政府の追っ手からお互いの身を守るうちに、二人の間に恋が芽生える。捕吏にとっては見せかけの恋のつもりだったのだが...。とまあ、こんなところでしょうか。
 ※詳しくはgoo映画の記事を参照。

この盲目の踊り子を演ずるチャン・ツィイーがすごい美女で、彼女の華麗なアクションシーンを見るだけでもこの映画、一見の価値ありです。

この映画の予告編が繰り返しテレビで流れたので、ご覧になった方もおられるでしょう。その中に、妖しいくらいに美しい踊り子が華麗な衣装に身をまとい、踊るようにアクションシーンを演じるシーンがあったのを覚えていますか。あの踊り子がチャン・ツィイーです。衣装の袖が信じられないくらいに長く、その長い袖が踊り子が踊るのに合わせてピーピー笛のように伸びたり縮んだりし、それが武器となって敵を倒す。その奇抜にも華麗なシーンが私の頭に強烈に焼き付いていて、それがこの映画を観たいと思った最大の動機です。実際にそのシーンを映画で見てみて、その華麗さに改めて息を呑みました。先にも書いたように、このシーンを見るだけでもこの映画を観る価値ありです。

その他アクションシーンは楽しいアイデア満載。中でも、竹の青も目に鮮やかな竹林の中での戦闘シーンが印象的でした。まっすぐ生えた竹の梢に潜んでいた多数の兵士が、敵を見つけて、いっせいに消防士のようにしゅるしゅると竹を滑り降りてきて敵を襲ったり、逃げる敵を追いかけて竹のしなりを利用して竹から竹へ飛び移ったり、竹槍で槍ぶすまを作って敵を閉じ込めたり。見ているだけでわくわくし、楽しくなります。

こうしたアクションシーンやストーリーの荒唐無稽さにもかかわらず、作品全体のリアリティは微妙に保たれています。少なくとも「馬鹿馬鹿しくて見てられない」という風にはなりません。荒唐無稽とは言え、監督の信念に基づくシーン作り、ストーリー展開、演出であること、したがって自ずからそこにある程度の節度があること、あくまでアクションの美しさ・楽しさを追求するのが目的であって奇抜さや笑いを狙いとしてはいないことなどが要因としてあげられます。加えて、素人などにはわからないイーモウ監督の演出のうまさもあるのでしょう。

そこらあたりが香港のアクション映画(カンフーものや『少林寺サッカー』など)とは一線を画しています。

とにかく、美しく楽しく、才気の感じられる映画で、一見の価値ありです。

不満があるとすれば、ストーリーそのものの面白さがやや乏しいこと、金城武とチャン・ツィイーの純愛ドラマが大仰、かつ、そこにおける二人の心理の動きが納得いかないことでしょうか。

【じっちゃんの評価:★★★】

スポンサーサイト

COMMENT

こんにちは、はじめまして。
うー吉でございます!

この映画、私も観ました。
私の感想は、アクション映画というよりも、ラブストーリーに分類して欲しいと思いました。
男性よりも、女性に受ける映画だと思いました。
とても、描写が綺麗で・・・。

こんにちはー!
これ私も見ました。ワダエミさんの衣装がとても好きで…。
ありえない、ことも盛り沢山で面白いですよね♪

v-34うー吉さん、いらっしゃいませ&(ここでは)はじめまして。
>私の感想は、アクション映画というよりも、ラブストーリーに分類して欲しいと思いました。
私は予告編を見てからアクション映画という思い込みで見ましたので、
どうしてもアクション映画という眼でみてしまいまいます。
ラブストーリーという観点からは、本文にも書きましたが、
私としては、あまりにベタというか、欠点の方が目につきますね。
最後のシーンもちょっとくどすぎて。

>男性よりも、女性に受ける映画だと思いました。
そうかもしれませんね。それに、私はそもそも恋愛には縁うすき男ですし。

v-34ひだまり猫さん、よーこそ~。
>ワダエミさんの衣装がとても好きで…。
ですね。彼女は日本の誇りです。

>ありえない、ことも盛り沢山で面白いですよね♪
ほんとに。めちゃ楽しめました♪

面白そう・・・

「アンディ・リウ」 を、「アンドレ・リウ」 と読み違えてしまいました。
先ほど伺ったとき、あれっ、サウンド・トラックの演奏でもしてるのかなぁ、と気になって戻って来ましたがアンディ・ラウという男優さんのことだったんですね~
相変わらず慌て者です。

チャン・ツィイーという女優さんは若しかしたらメモワール・オブ・芸者に出演してませんでした? 楚々とした身のこなしの綺麗な女優さんですよね、、若しそうなら・・・。
hidamarinekoさんによるとワダエミさんが衣装担当のようですね?
確かアカデミー賞を受賞なさった方ですよね。
探してみたいですね、DVDがあれば。

>チャン・ツィイーという女優さんは若しかしたらメモワール・オブ・芸者に出演してませんでした?
今調べたらそのようですね。メモワール・オブ・芸者は原題("Memoirs of a Geisha")で日本では「SAYURI」というタイトルで公開されています。

>楚々とした身のこなしの綺麗な女優さんですよね
ほんとにすごく綺麗な方です。

>確かアカデミー賞を受賞なさった方ですよね。
その通りです。

>探してみたいですね、DVDがあれば。
探してみてください。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。