プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつうつひでお日記


不条理ギャグ漫画で知られる吾妻ひでおが、前作の『失踪日記』以後の2004年7月~2005年2月までの日常をつづった日記形式のコミックです(※)。

※読者のことは考えずに書いたとのことで、(ほぼ)本当のことが書かれているそうです。

ここで描かれる作者の日常は毎日ほぼワンパターン。漫画の製作を除けば、読書、図書館通い、テレビ(主としてお笑い番組と格闘技。※)、映画、食事、おやつの繰返し。そうした日常が淡々と描かれ、特にドラマチックなできごとはありません。
 ※「サンデージャポン」と「笑っていいとも!」を欠かさず見ている(笑)

アル中とうつ病に罹って自殺を図った挙句失踪し、ホームレス生活を送った顛末を描いた前作『失踪日記』と比べると、明らかに迫力の点では負けますが、ドラマチックなことがない分、作品の生みの苦しみ(※)を含めた漫画家の日常がしっかり書き込まれていて読ませます。また、作者の人間観察の面白さ、淡々とした中に冴えのあるギャグなども魅力となっています。
 ※うつのせいもあるんでしょうが、作製中あるいは出来上がった作品に自信を持てず落ち込む
   シーンが何度も出てきて、何かをクリエートする商売ってつくづく大変だなあと思います。

タイトルにも「うつうつ」とあるように、中学生の頃から自覚症状があったといううつ病には相変わらず

悩まされており、うつ病との闘病記としても読ませます。断酒会に入っていて酒は絶っていますが、そのかわりにしょっちゅう精神安定剤や睡眠薬を飲んでいて、他人事ながら心配になります。ただ、ギャグを交えながらあっけらかんと書いていますので、暗さは全く感じられません。

もうひとつ。著者は多ければ1日2冊は読むという読書家で、読んだ本について「◎○△×」の四段階評価付きで紹介していますので、読書日記としても楽しめます。昔からSFファンとして知られているだけあってSFと、それから専門のコミックがやはり多いですが、純文学、ミステリ、ノンフィクションにも手を伸ばしており、守備範囲は広いです。作者の評を読んでいると、その本が読みたくなってしまい、ただでさえ積ン読が多い私としては困ってしまいます。

また、私はよく知らない世界ですが、K1とか格闘技のこともよく書いていますので、格闘技ファンの方はそうした記述も楽しめるのではないでしょうか。

有名なロリコン趣味も相変わらず健在で、女子高生のショットが1~2ページごとに意味もなく挿入されます。ロリコン趣味の人は大いに楽しめるでしょう(笑)
 ※吾妻さんに言わせると、「童顔なのに成熟した肉体、というのが好きなんです。だから、正確に
   言うとロリコンじゃない(笑)」そうです。

【じっちゃんの評価:★★★】

スポンサーサイト

COMMENT

吾妻ひでおさん

小学生のときから好きです(^.^)
全然マンガを見かけなくなったと思ったら、『失踪日記』が出て驚きました。
『うつうつひでお日記』も読みたいと思います。
吾妻さんが読んだ本の評価、楽しみだなぁ。
昔、吾妻さんのマンガに出てくるSF本を探して読んだりしてましたので。

読んでみます

『失踪日記』はふだんコミックを読まない身にも、ものすごくおもしろい本だったので、こちらも読みたくなります。

美少女趣味がまったくないせいか、美少女が出てくるSFっぽい作品群には今ひとつ入れないのですが、エッセイ=コミックの書き手としてはすごいなあと思えます。ネタ(という意識は本人にはないんでしょうが)からだはってる感じがしますし(笑)。

ボクもこのマンガ読みました。そして出てくる『フューチャー・イズ・ワイルド』が読みたくなってそれも読みました(笑)。八tのイカ、ってやつ。
一応TBさせて頂いたんですが、反映されてないかなあ?

のばらさん、空犬さん、たかさん、いらっしゃい
仙台に1泊出張だったので返事が遅れてすみません。

v-34
>小学生のときから好きです(^.^)
絵が暖ったかくていいですよね。
ギャグも冴えてますし。

>『うつうつひでお日記』も読みたいと思います。
ぜひぜひ。

>吾妻さんが読んだ本の評価、楽しみだなぁ。
1~2行くらいの短い評ですけどね(;^_^A
でも、それが結構おもしろい。
僕も今後はその線で行こうかな(^.^;

v-34 空犬さん
>ふだんコミックを読まない身にも、
へえ、コミック読まれないんですか。
もっとも私も読み始めたのはブログを始めてからですが。

>美少女趣味がまったくないせいか、
>美少女が出てくるSFっぽい作品群には今ひとつ入れないのですが、
私もです(←ウソです)

>エッセイ=コミックの書き手としてはすごいなあと思えます。
>ネタ(という意識は本人にはないんでしょうが)からだはってる感じがしますし(笑)。
まさしく。

v-34 たかさん
>ボクもこのマンガ読みました。
さすがですね。

>そして出てくる『フューチャー・イズ・ワイルド』が読みたくなって
>それも読みました(笑)。八tのイカ、ってやつ。
そりゃスゴイ。で、面白かったのでしょうか。

>一応TBさせて頂いたんですが、反映されてないかなあ?
うまく行ってないみたいですね。僕もしょっちゅう失敗します。
なぜだろぉ?


関係ないですが

ついさっきまでアクセスカウンターが20000でしたねえ。
今、上まであがって再度見たらすでに20005でした。
はあ~!

お早うございます。

コミックでもシリアスなものがあるんですね~~。

ところで、読書評と無関係で申し訳ないんですが・・・
精神安定剤や睡眠薬といえば、
日本は処方箋なく薬局で手に入るものなのでしょうか?

『フューチャー・イズ・ワイルド』はまあまあだったかなあ? SF趣味のある人には、もっと面白いのかも知れません。

PS.ボクも吾妻氏と同じく、精神安定剤・導眠剤飲んでますが、処方箋なしでは入手出来ません。買えるとしても、効果の低いものでしょう。<小鳥さん。

おむすびさん、梓の小鳥さん、たかさん、おはようございます。

v-34 おむすびさん
>ついさっきまでアクセスカウンターが20000でしたねえ。
あらま、ホントだ。20000超えてる。
ということはおむすびさんがキリ番を踏まれたってことですかね。
もうすぐ20000だとは思ってたんですが・・・・
10000から20000は早かったですね。
10000までは約4ヶ月かかったけれど、
20000までは2ヶ月弱ですもんね。
うれしいなあ。
これも皆さんのおかげでございます。
これからもよろしくお願い申し上げます。

v-34 梓の小鳥さん
>コミックでもシリアスなものがあるんですね~~。
シリアスではないですよ~。
というか描く対象はシリアスなんですが、
描き方はまったくシリアスではないんです。
描いているのがギャグ漫画家ですから。

精神安定剤の件はたかさんが書かれている通りです。

v-34 たかさん
『フューチャー・イズ・ワイルド』は激賞ってほどではないんですね。

>ボクも吾妻氏と同じく、精神安定剤・導眠剤飲んでますが
へえ、そうなんだあ。かくいう私も一時飲んでたことあります。

>買えるとしても、効果の低いものでしょう。
海外旅行のときに時差ボケ対策に、処方なしで買える睡眠導入剤
(名前失念)を買って飲んだことがあるけど全然効かなかった。

おじゃまします。

無から有に生み出す商売って大変ですね。
吾妻さんの漫画は遠い昔にちらちら読んだ程度でしたけど
こんな事になってたんですね。知らなかったですよ。
まさに人に歴史ありで、色んな経験をされたようですね。

たまの猫さん、いらっしゃい。

>無から有に生み出す商売って大変ですね。
本当に。でも一度経験してみたい気も・

>吾妻さんの漫画は遠い昔にちらちら読んだ程度でしたけど
>こんな事になってたんですね。
そうなんですよ。壮絶な戦いについては『失踪日記』に詳しいです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。