プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士の一分

武士の一分

『武士の一分』観てまいりました。嫁さんと長女が一緒です。

主演のキムタクは熱演でしたし、演技力も大したものですが、全体的な印象はイマイチ。何かチンピラっぽくて、人間的な厚みが感じられません。時代劇には向かない気がいたしました。

初めて見る檀れいさんはよかったです。きれいだし、清楚だし、甲斐甲斐しくも凛々しい武士の女房役にぴったり。

ストーリーは小粒ですね。スケールの大きな話を期待していると肩透かしをくらいます。結末は山田洋次監督おとくいの・・・・オットット、ネタバレになるところでした。私は好きな終わり方です。

【じっちゃんの評価:★★★】
スポンサーサイト

COMMENT

そうなの?

夫婦で見に行く予定だけど。
少女時分から、テレビや映画でのアイドルとかに興味持ったことがない私ですが、このキムタクの声の「ハウル」だけは胸がどきどきしました。
あの、自分勝手でやんちゃな性格が表れている声、好きなんだけどなあ。あ、ということは時代劇にはいまいちなわけか。

原作本は映画のあとで?
私も見るのを楽しみにしています。
檀れいさん、きれいでしょー(^o^)よかったと聞いてファンとして嬉しいですぅー。

おじゃまします。

遅ればせながら、お帰りなさいまし~
木村さんに時代劇のかつらは似合いと思うんですけど、
予告を見てもどうも違和感が・・・
それに個性が強すぎるのか私にはどれを見ても
『木村拓哉』の印象がとりきれないです。
この映画では、どうなんでしょうか?

やっぱ木村さんは抑えた話よりオレ様的な話が合うかも・・・
ヒーローが今度映画化されるようで、
そっちの方がちょっと興味がありますよ。

おむすびさん、のばらさん、たまの猫さん、おはようです。

v-34 おむすびさん、
>そうなの?
すんません、これ、あくまで私の印象なので。
人それぞれで見方は違うと思います。
現に嫁さんは「とてもよかった」と言っております。

>このキムタクの声の「ハウル」だけは胸がどきどきしました。
あれはよかったですね。

>あの、自分勝手でやんちゃな性格が表れている声、好きなんだけどなあ。
>あ、ということは時代劇にはいまいちなわけか。
そうなんです、そうなんです。
やんちゃな白い歯を見せた笑顔といつもの「知らねぇよ」みたいな物言いがちょっとね。

v-34 のばらさん、

>原作本は映画のあとで?
そうなりますね。藤沢さんは、大ファンなので是非読みたいです。

>私も見るのを楽しみにしています。
是非ご覧を~!

>檀れいさん、きれいでしょー(^o^)よかったと聞いてファンとして嬉しいですぅー。
ふっくらとした、和久井映見風の可愛らしい方で、もう私好みです~v-238
演技もお上手で、可愛くも毅然とした武士の妻ぶりがよかったです。

v-34 たまの猫

>遅ればせながら、お帰りなさいまし~
帰ってまいりました。
たかが2,3日ブログを見ないうちにプチ浦島的状態になっているのには驚きました。

>予告を見てもどうも違和感が・・・
でしょ。

>この映画では、どうなんでしょうか?
まったく、おっしゃるとおりの印象を私も受けました。
ホリが真似するキムタクがそこにいてって感じで。
そこがキムタクの可愛いところではあるんですがね。

>ヒーローが今度映画化されるようで、
>そっちの方がちょっと興味がありますよ。
そうなんですか。私はTVドラマ観てないんで。
たまの猫さんは観られたんですか?
どんな感じ?

はぁ??

私は木村拓哉の演技が本当に素晴らしくて感動しました。。
逆に妻役の檀れいは美しいけど何か物足りない感が・・・。
これは一緒に見た連れも同じ意見です。
あの木村拓哉の素晴らしい演技がホリに見える何てマジ有り得ないな。

マコトさん、はじめまして。

ものごとの見方は人それぞれですのでその点笑ってお目こぼしを。

木村さんの演技はすばらしく、それは大いに評価しています。
迫真の演技でした。
ただ、演技とはいえ木村さんの地が当然出ますので、
それが役柄と合わない点があるなという感想を持ちました。
も一度言いますけど、これはたいした批評眼もない男のあくまで個人的な感想です。

迷ってます。

じっちゃんさん、こんばんは。

『武士の一分』を観てこられたんですね。
私は、観たいという気持ちはあるのですが、最近、先に原作を読んでいる映画を観に行くと、「失敗した!」と思うことが多いので、すごーく迷っているのです。
迷っているうちに終わってしまいそうな気もしますが…

hutaaiさん、おはよです。

建前的には「原作と映画は別物」なんですが、
実際論としてはそうもいかんですからね。

私は原作は読んでないので原作と比較して云々はできないのですが、
映画のできはよかったですよ。
でも「どうしても見なさい」というほどではないかな。
一、二年もすればTVでやるしね。

おじゃまします。

ヒーローは型破りの検事役のキムタクが事件の真相を探っていく
一話完結の話であーそうだったんだって謎が解けていく
感じもありますから、結構スカっとしますよ。
役柄もいくら型破りと言ってもそこは検事役ですから下品になりすぎず
木村さんの良いところの持ち味が出てるんじゃないでしょうか。・・・
ってそんなにこの人のドラマ見てるわけじゃないので、
えらそうに言えないですけどね。

たまの猫さん、こんばんわ。

なるほど、なるほど。
刑事じゃなくて検事なんですね。
う~む、キムタクに合うような、合わないような。
ヤンチャな検事ってのもありなのかどうか。
こればっかりは見ないとわかんないですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。