プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どろろ

どろろ
話題の映画『どろろ』を娘2人と観てきました。原作はご存知・手塚治虫の同名の妖怪時代劇。百鬼丸とどろろのコンビが妖怪を退治していく物語です。今年の邦画はなぜか妖怪・幽霊もののラッシュでこの後『ゲゲゲの鬼太郎』や『蟲師』の実写版が待っています。

『どろろ』では主人公・百鬼丸を妻夫木聡が、どろろを柴咲コウが演じています。その他中井貴一や原田芳雄といった重鎮や、瑛太(TVドラマ『のだめカンタービレ』の峰龍太郎役)や劇団ひとりなど話題性のある役者が脇を固めています。

この映画の評価について結論を先に言ってしまうと、荒っぽいけど勢いがあって楽しい映画でした。かつての(今でも?)香港映画のような生きのよさを感じました。日本映画もようやく昔の生きのよさをある程度取り戻したように思われ、感慨深いものがあります。

--------------------
妻夫木聡、柴咲コウを始めとする出演者の熱演が光りました。特に柴咲コウの演技はすばらしく、最後の顔をくしゃくしゃにして大泣きするシーンは彼女しかできないような泣きっぷりで私もホロッときました。中井貴一や原田芳雄といった重鎮も、荒唐無稽で笑っちゃうようなシチュエーションを大真面目に演じていて好感が持てます。

演出も緩急自在で、特に、背景説明抜きで妖怪との闘争シーンを次から次へと描くシーンは疾走感があふれていて感心しました。今風のCGに加えて、日本お得意の着ぐるみをふんだんに取り入れた、遊び心の感じられる特撮にも好感度大です。

百鬼丸の出自と妖怪退治に至る経緯、百鬼丸とどろろの友情、血肉を分けた親子・兄弟の骨肉の争いなどの人間ドラマもそれなりに見せます。ただ、これは監督の意図するところかも知れませんが、そのドラマには、臓腑にずしんと響くような重みや深みはありません。

この映画の不満といえば、今言った人間ドラマの浅さに加えて、ホラー映画的ハラハラドキドキや驚きが少なかったこと。もう少し観客を驚かしてもよかったように思います。

とは言え、総合的にはB級映画的楽しさに溢れた佳作と言えるでしょう。ただ、怪獣ものや妖怪ものに馴染みがなく、しんみりしっとりした映画がお好きな方には向かないかもね。

【じっちゃんの評価:★★★】(★1/2付け加えたいような・・・・)

蛇の足
チケットはネットで予約していたので、一緒に行く娘たちに「映画の始まる10分くらい前に行こう」と提案したのでありますが、上の娘から「もっと早く行こう」と言われました。「ゆっくり行って、ポップコーンや飲み物を買ったりしながら、ゆったりと開演を待ちたい」と。「子どもに教えられた」とはこのことです。先日スローライフに目覚めたはずだったのに、効率優先のアセアセライフからまだ離れられないでいたんですね。子どもだ子どもだと思っていたのに成長したもんです。映画に対する評価が高いのはこの感動のせいもあったかもしれません。

スポンサーサイト

COMMENT

こんにちは^^

気になってた映画ですがなかなかに面白かったみたいですね^^
こういうB級ホラーチックなのは好きなので
また地上波放送を楽しみに待つことにします。
にしてもスローライフですかぁ~
私なんてプーだから時間に余裕はあるはずなのに
常に何かに焦って動いておりまする(-_-;)

予告編でも

柴咲コウさんのはじけぶりがよさそうに見えてますよね。
わたしもこういう映画けっこう好きです。
多分夫の趣味ではないのでレディスデイに友達といこうかな。

シンさん、おむすびさん、こんばんは。

v-34 シンさん

>気になってた映画です
気になってたんですか~(^.^)

>なかなかに面白かったみたいですね^^
面白かったですよ~( ̄ー ̄)

>こういうB級ホラーチックなのは好きなので
ですよね(*^m^*)

>また地上波放送を楽しみに待つことにします。
ダメじゃん ヽ(`⌒´メ)ノ

v-34 おむすびさん

>予告編でも柴咲コウさんのはじけぶりがよさそうに見えてますよね。
ですか!

>わたしもこういう映画けっこう好きです。
へえ、そうなんですか。

>多分夫の趣味ではないので
だめですね~(*'へ'*)

>レディスデイに友達といこうかな。
そうしましょ (ー ^ )

『どろろ』、原作を秋田書店のコミックで読みまくっていた身には大変なつかしい作品ですが、それだけに、実写映画化というのは不安な気も。ところで、娘さんと見に行かれたんですね。いいなあ、そういうの。

空犬さん、おはようです。

僕は漫画の『どろろ』は時々読む程度でそれほど熱心な読者では
なかったので、原作と実写の落差はまったく気になりませんでしたし、
記事にも書いたようにそれなりに楽しめました。
映画に行く時は一人では寂しいので、嫁さんと娘を必ず誘います。
娘は予定が折り合って、見たい映画であるならばたいていOKしてくれます。
今回は、こういう映画なので、娘も最初は躊躇していたのですが、
そこはなかば強引に誘って・・・・。
嫁さんはNGでしたが。

こんにちは^^

やっぱりダメですかね(^^;
映画館で見るならもう少しお金を出してDVDで欲しかったりなんですよ。
貧乏なのにこんなことしてるから余計に貧乏になってで・・・(;´д`)

おじゃまします。

手塚さんは、ちょっとは読んでるつもりですが、
どろろはずーっと気になってるものの今だ未読なんです。

・・・と言うわけで映画の方もちょっと気になってます。
じっちゃんさんの評価だと結構面白そうですから
頭ん中にしっかりチェックしときます^^¥~

シンさん、たまの猫さん、いらっしゃいませ。

v-34 シンさん
ダメじゃないですけどね、映画は映画館で観るのが一番ですよ~。
でも、映画の入場料って高いですよね。1800円も取るなんて。
>DVDで欲しかったりなんですよ。
刹那的に楽しむんではなく、好きな映画は何度も楽しみたいって
タイプなんですか、シンさんは?

v-34 たまの猫さん
気が向いたら映画をご覧になってください。
でも、この映画評価が分かれそうです。
荒唐無稽な映画が嫌いな方、
騒々しい映画が嫌いな方には向かないと思いますので、ご注意を。

私も手塚さんの原作を読みたくなりました(^―^)

おひさしぶりです。

抹茶です~最近風邪とインフルエンザがダブルで混乱していました(^^;
どろろ!観に行かれたんですか!!いいなぁ~♪
CMでやってて面白そうだなって思いましたw

ホラー系の方が私は好みです。おどかして欲しいですし(笑)
手塚さんの原作が読みたくなってきますね~♪

わあ、抹茶さん、おひさです~!
ご病気のようで心配しておりました。
風邪とインフルエンザがダブルってのはすごいですね。
よく生き延びたって感じですね(;^_^A

>CMでやってて面白そうだなって思いました
面白いですよ。
妖怪がお好きな抹茶さんなら『どろろ』はとってもいいかもですよ~。
ご両親におねだりして観に行かれたらいかがですか?
あっ、でも妖怪が"退治"されちゃダメなのかな?

まもなく封切られる『ゲゲゲの鬼太郎』も楽しみですね。

>おどかして欲しいですし
これは私も思いました。

我が家でも話題になっています。
白黒TVの頃に漫画で放映されていたのを仙人と観音様は見ていたそうです。(私は、記憶にないのです)
「あの、面白さが、映画にどれだけ出ているのか?」と、いうところがポイントのようです。
じっちさんは、放映されていた漫画をご存知ですか?

ぱやこさん、おはようございます。

TVで放映されていた漫画のことはよく覚えていません。
あったような、ないような・・・・て感じ。
少なくとも見てはいません。
ですので、比較はできませんが、
映画もそこそこ面白かったですよ。

こんにちはー!私もこれ気になっていたんですが、
面白かったみたいですねー。
原作を読んだんですが、「これを実写でできるんだろうか!?」と思っていました。
題名が何故「百鬼丸」じゃないんだろう?と思っていたんですが、
どうやら最初は「百鬼丸とどろろ」とかいう題名だったようですね。
(はっきり知らないんですが)
どろろ、の方がインパクトがあるからかな?

おはようございます。

アメリカ住まいで日本が恋しくなるのは、お風呂と食べ物と映画・・・

ハリウッド製以外は大都会にでも行かないとなかなか観るチャンスに恵まれなくって・・・

漫画も映画も 『どろろ』 にはきっとお目にかかれないでしょうけど、
こちらにも漫画やアニメから映画になったものもありますよね。

古くはスーパーマン、そしてスパイダーマンとか・・
数年前だとInspector Gadgetなんてテレビのアニメから実際に役者の演じる映画になってますよね・・

いっそアトムも映画にしたら、と思っちゃいますけど、私。

ひだまりねこさん、梓の小鳥さん、おはようございます。

v-34 ひだまりねこさん

実写でもちゃんと違和感なくできてましたよ。
やはり昨今の特撮技術の発達のおかげでしょうね。

>題名が何故「百鬼丸」じゃないんだろう?と
同感です。完全に百鬼丸が主役ですもんね。

>どうやら最初は「百鬼丸とどろろ」とかいう題名だったようですね。
この件ですが、その逆でアニメ作品になったときに最初はタイトルを
『どろろ』としていたのですが、途中から『百鬼丸とどろろ』ならぬ
『どろろと百鬼丸』になったそうです。Tezuka Osamu@World
(http://ja-f.tezuka.co.jp/anime/sakuhin/ts/ts010.html)
というサイトによると、
「途中でタイトルが『どろろと百鬼丸』というふうに変更になったのは、
百鬼丸のほうが子供のこそ泥、どろろよりも活躍場面が多く、
また妖怪退治こそがメインのストーリーだったせいで、視聴者には
どうしても主人公が百鬼丸にしか見えなかったせいです」
だそうです。

なぜ手塚さんは『どろろ』というタイトルにしたんでしょうね。
僕にもわかりません。

v-34 梓の小鳥さん
>アメリカ住まいで日本が恋しくなるのは、お風呂と食べ物と映画・・・
確かに! うなずけるものがありますね。
お風呂はね。そうそう。
映画もね。そうですよね~。
日本からビデオでも送ってもらうしかないですかね。

漫画の実写化はアメリカでも盛んですよね。
日本とアメリカではどちらが先立ったんですよね。
アメリカ映画ではアニメと実写を合体した映画もありますよね。
『ロジャーラビット』とか『メリー・ポピンズ』とか。

>いっそアトムも映画にしたら、と思っちゃいますけど、私。
それが既にあるんですよ、実は(;^_^A
かなり昔ですけど。
これをご覧ください。
⇒http://www2.odn.ne.jp/~ccs89380/ztv/tv01atom/TV01atom.htm

オープニングの映像も見られます。(なかなか実写版アトムが出てきませんが、がまんしてください)
⇒http://www.youtube.com/watch?v=xE8Tv1xyb1Q
でも、これじゃあんまりなので、今の特撮技術で再度実写化に
チャレンジしてもらいたいものです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。