プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上空前のミステリ?!-『天帝のはしたなき果実』


古野 まほろ / 講談社 ¥1,680
Amazonランキング:22212位
Amazonおすすめ度:


「めくるめく知の饗宴、物狂おしいまでの超絶技巧。メフィスト賞、いやノベルス史上空前の本格ミステリ」(帯の惹句より)。新本格の仕掛け人にしてメフィスト賞の創設者宇山日出臣氏の言葉とあれば、読まずにはいられないでしょう。ましてや、冒頭に『虚無への供物』の登場人物・奈々村久生の言葉が引用されていることからもわかるように、あの超名作『虚無への供物』へのオマージュとして書かれているとなればなおさらです。

で、実際読んでみて「史上空前」というのは間違いありません。『虚無への供物』のオマージュというだけあって『虚無への供物』との類似点もいくつかあるものの相違点も多いですし、「史上空前の」ミステリといえば真っ先に思い出す清涼院流水や麻耶雄嵩、殊能将之、あるいは京極夏彦、さらには大御所・小栗虫太郎の作品ともまったく違っています。違っているだけでなく、「史上空前」という形容詞にふさわしい仕掛け(良し悪しは別にして)がいくつもあります。

そういう意味でこの本を読む価値は大いにありです。しかし、しかし。ミステリとしての、いやそれ以前に物語としての出来は・・・・残念ながら疑問といわざるを得ません。

--------------------
まず長すぎます。新書にして800ページ超と京極本並みのレンガ本ですが、冗長な部分が多く、そういう部分を刈り込めば半分以下になるでしょう。

舞台はとある地方の高校で、主人公たちはそこのブラバンのメンバー。前半はその主人公たちの学園生活(特にブラバン活動)が、執拗なくらいに精緻な練習風景の描写(これはある意味すごいです)とともに延々と描かれます。そのあたり面白くないことはないものの、ミステリの本筋とはほとんど関係なく、「不要」とまでは言いませんが、少なくともあれだけの量はいらないでしょう。ようやく本格ミステリらしくなるのが全体の半分以上を過ぎてからというのはミステリとしてはいかがなものでしょうか。もっとも、以上は、あくまでこの作品がミステリを主眼としているという前提に基づきます。実際のところ、そうではないような気もします。

現代日本が舞台にもかかわらずれっきとした軍隊(≠自衛隊)が存在しているというパラレルワールド的設定も、もちろん結末のために必要だったとは言え、その結末が「何だかなあ」という類のものだったということもあって、十分に生かされているとは言えず、期待をはぐらかされたような消化不良な気分にさせられました。

そして何よりかにより私が閉口したのは登場する高校生たちの言動。誰も彼もが高校生とは、いや同じ人間とは思えないほど博識(フランス語堪能、歴史・稀覯本に対する知識、紅茶への造詣・・・・)で、自信過剰かつイヤミなやつばかり。加えて、「はふう」「んぷぷ」「うげらぼあ」「はむり」といった感嘆詞を乱発する言語感覚、周囲の人間が殺害されたその現場にいながら平静で(※)、平静どころか軽口を連発さえする感覚、自分が殺されかかった直後に色恋沙汰にふける感覚・・・・ついていけません。ミュージカルよろしく、登場人物が突然歌いだすのも、何だかなあです。主人公の性格が何ともちぐはぐなのにも大いに違和感を覚えました。
 ※『虚無への供物』にもそういうところがあるので、それを真似たのでしょうが、『虚無への供物』で
   は不思議な雰囲気を醸し出していたその技法が、この作品では違和感としか感じられないの
   は、他の要素との調和が取れていないせいでしょう。

ミステリとしての謎、その謎を解くロジック、『虚無への供物』ばりの仲間を告発しあう推理合戦等々ミステリとしての結構は光るものがあるだけに何ともはや残念です。

もっとも、私が今最大の欠点としてあげた「高校生たちの言動」(ラノベ的ノリ?)に違和感を感じない方は相当楽しめるかも知れません。また、これまでに類を見ない怪作であることは間違いありませんので、冒頭にも書いたとおりその意味で一読の価値はあるでしょう。

【じっちゃんの評価:採点せず】
妙な魅力もあるので、この作品を「駄作」として切って捨てるのは忍びない気がします。人によ
  っては「大傑作」と評価される方もいるかもしれません。ということで未採点としておきます。

スポンサーサイト

COMMENT

初めまして☆

初めてお邪魔します。

本のジャンルが多彩で驚きました!
レビューもとても詳しくて参考になります。

また、訪問させて下さい☆

あ、もしよろしければ相互リンクお願いします!!

すがぬまさん、はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます。
おほめいただき光栄です。
またの訪問&コメントをお待ちしています。
相互リンクの件は、しばらく様子をみてから
ということにさせていただきたく、
よろしくお願いいたします。

すいません!
いきなり相互リンクの申し出は失礼でした。

まだ始めたばかりなので、
基本ルールがちゃんと分かってなく失礼しました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。