プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷すな温めろ!-『心もからだも「冷え」が万病のもと』


川嶋 朗 / 集英社(2007/02)
Amazonランキング:38086位
Amazonおすすめ度:


タイトル通り「からだやこころの"冷え"が現代人の健康を蝕んでいる。だからからだやこころを温めなさい」と主張する本。

からだの冷えが万病の元になっているとする医師としては石原結實氏が有名ですが、孤軍奮闘の感の石原氏に援軍が加わった形。石原氏はからだの冷えについてのみ論じているのに対し、この本の著者の川嶋氏はこころの冷えについても論じているのが新機軸でしょうか。ただ、その主張は昔からある「病は気から」を言い換えているだけのようにも見え、それほどの新味は感じませんが。また、石原氏は「水をあまり飲むな」と主張するなどちょっと過激なところがありますが、それに比べると川嶋氏の方が穏健なので、一般に受け入れやすいかも知れません。

現代人は冷蔵庫やコンビニの発達で冷たい飲み物を取る機会が増え、それによって内側からも冷やされ、一方冷房の発達により外側からもガンガン冷されています。これによりさまざまな病気が引き起こされていると著者は主張します。

--------------------
からだの冷えによってもたらされる病気はさまざま。肩こり、腰痛、がん、生活習慣病、アトピー、不妊、発育不全、小児喘息、更年期障害。さらにうつなどの精神的疾患も「冷え」が原因になっていると著者は主張します。もう何でもありで、まさに「万病」。

ただ、著者も正直に告白しているように「冷え」とそれらの疾患との間の因果関係は証明できていません。あくまで多数の患者を診てきた著者の経験則(=何らかの病気--身体の病であれこころの病であれ--を持っている人の身体は冷えていることが多い)に基づいています。でも、因果関係を証明できていないと言ったら、現代医学(=西洋医学)だってそういうものが少なくないですからね。

それに、著者の主張の基礎にある「からだが冷えると血液の中の脂分が固まって血流が悪くなりさまざまな症状を引き起こす」という考え方はすとんと腑に落ちます。また、私自身低体温であり、からだの冷えがどうもからだによくなさそうだという実感を持っていたこともあり、私は著者の主張に共感できます。

では、この「からだの冷え」を改善するにはどうしたらいいでしょうか? 答えは簡単。ひとつには「冷さないこと」、ふたつには「温めること」です。著者の著作権を尊重しつつ、ばらしすぎない程度にいくつか紹介してみましょう。

●からだを冷さない
 ・冷たい飲み物や食べ物はできるだけ摂らない。飲み物は常温以上で飲む。
 ・冷房は控えめに。
 ・禁煙する。
 ・消炎鎮痛剤の使用を控える。
 ・薬の使用を控える。
  etc. etc.

●からだを温める
 ・からだを温める食物を摂る。
 ・下着を厚めにする。
 ・いつでも靴下を履く。
 ・適度の運動をする。
 ・10分間入浴法。
 ・あの手この手で外から温める。(現代版湯たんぽなどさまざまな方法が提案されています)
 ・指揉み・指組み法。
 ・ショウガ湯を飲む。
  etc. etc.

これで興味を覚えられた方、詳しくは本書をお読みください。

著者は東京女子医大の研究所に勤める西洋医学者でありながら、東洋医学や民間療法にも興味を示し、それらをきちんと学んで治療に取り入れられているところにも私は大変共感を覚えました。最近どうも西洋医学には胡散臭いところが多いと感じ、東洋医学に興味を持ち始めているところでもあり。

低体温症にも言及されているので、身に覚えのある方は必読・・・・と言っちゃおうかな。

【じっちゃんの評価:★★★★】

蛇の足
池田さんが主張しているように「地球温暖化は人類の健康にとってはいい」かも知れませんね(;^_^A

スポンサーサイト

COMMENT

おお!ありがたい。

またまたじっちゃんさんからの良い本みーつけた!ですね。
体をあたためるためにやっているいろんなこと、だいたいやってるんですけど。なかなかです。
指先がうんと冷えますね。
読んでみようっと。

コーヒー酒造りましたよ。
トラバさせてもらいました。ありがとう。

こんばんは^^

ご存知の通り冬でもアイスを食べまくりです。
実は氷も常にボリボリやってます(;´д`)
さらに財布の中も心の方もつねにブリザードであります。
これはすぐにでも病気になりそうです(-_-;)

>著者も正直に告白しているように「冷え」と
>それらの疾患との間の因果関係は証明できていません
このへんをきちんと書いてある当たりなかなか良い本みたいですね。
ちょっと今はお金がないのであれですがまた今度立ち読みしてみます。

こんばんわ~

僕も体を温める為にしょうが黒砂糖くず入り紅茶を飲んだり靴下はいたり色々としています。最近さぼり気味ですが…。
石原さんは体温37度で免疫力が最大に発揮される、とたしかおっしゃっていたと思うので、それを目指して頑張っていたのですがこの間、妹の旦那にこの話を熱っぽく話したところ「えっ、僕の平熱37度くらいですよ」との事。で…こいつがめちゃめちゃ体弱いんですよ。
僕が苦労して手にしようとしている「平熱37度」を既に手にしているくせに何でお前は体が弱いんだ~!と怒ってやりましたi-237

で、体を温める事への信頼が揺らいでいたのですが、この記事を読んで、また体を温める事に熱意がわいてきましたよ。

それにしても
>地球温暖化は人類の健康にとってはいい
っていうのは笑えますねi-179

おむすびさん、シンさん、Yさん、おはようございます!

v-34 おむすびさん
お役に立ててうれしいです。
おむすびさんにはピッタリの本だと思いますよ。
新書で安いし、是非ご一読を。

コーヒー酒仕込まれたんですね。
早速記事をよませていただきます。

v-34 シンさん
シンさんも一読の価値ありですね。

>このへんをきちんと書いてある当たりなかなか良い本みたいですね。
読んだ限りではとても誠実に書いてあります。
ご自分でクリニックを持っておられますが、よくあるような
クリニックの宣伝臭はほとんどありませんし。

v-34 Yさん
体温37度くらいがいいというのはこの本にも書いてありました。
石原さんとこの著者は裏で談合しているのかな(-◇-)

平熱37度だけど身体が弱い! 
うーん、確かに信頼がゆらぎますね(;^_^A
でも、身体を温め始めてから調子いいような気がしますので
しばらくあきらめずにがんばってみます。

>>地球温暖化は人類の健康にとってはいい
>っていうのは笑えますね
恐縮ですm(__)m

夫婦揃って低温・・・

なんですよ。 平熱が35度前後です・・・。

彼は・・・下着を厚めに着て、夏でも靴下を履き、朝晩長~~いシャワーを浴び、生姜湯を飲んでます。
ひ弱です、私からみると!

私は小さい頃から手足が冷たく直ぐ霜焼けが出来たものです。
この数年運動をするようになって以来体質が改善された様ですがそれでも低温は変りません・・・。 
でも夫と比べて身体は丈夫ですよ。
滅多に風邪もひきませんし・・・。

80代半ばの母は一人暮らしでカクシャクとしてますが、その母の昔からの口癖が、身体を冷やすな、でしたよ~~。

こんにちは^^

>シンさんも一読の価値ありですね
むしろ私のような冷え性(別の意味で)な人間こそ読むべきかもですね。
誠実なのもポイント高いですし(^-^)b

おじゃまします。

病み上がりなんで、参考になります。

現代人の体温は昔から比べると低くなってるそうです。
心も身体も冷たいより暖かい方がいいですもんね。^^

実践しています

私も、体を冷やさないようにいつも心がけています。
と言っても、食べ物に関してだけです。
ほとんど生野菜は食べません。
必ず、火を通して食べるんです。
そして、土の中のモノ(根菜)を多く取るようにしています。
漢方医にかかっていた時に、体を冷やすと万病の元になるから、とにかく温めなさいと指導していただきました。
やっぱり、そうなんや~。
疑ってた所もあるけど、続けます。

梓の小鳥さん、シンさん、たまの猫さん、ぱやこさん、おはようございます。

v-34 梓の小鳥さん
35度前後ですか、それは低い!
僕も35.5度くらい。
低体温は免疫力が弱くなるのでよくないらしいです。

そちらでも生姜湯飲まれるんですね。へえ。
僕も飲もうかな。

お母様の発言を聞くと、冷えはよくないというのは昔からの知恵なんですかね。

v-34 シンさん
「別の意味」の冷えの対処法も書いてありますし、
シンさんにはおススメですよ~。

v-34 たまの猫さん
>現代人の体温は昔から比べると低くなってるそうです。
そんなデータがあるんですか!
だとすると川嶋さんの説を裏付けますね。

>心も身体も冷たいより暖かい方がいいですもんね。
その通りです。だから、川嶋さんの説って科学的根拠は
少ないんですが、すっと入ってくるんですよね。

v-34 ぱやこさん
さすが、すでに実践されているんですね。
食べ物(=内側からの冷え)に気を使うのが一番だと思います。
うちの家内も「生野菜はよくないんだよねえ」とか言い始めてます。
でも、生野菜はおいしいので、やめるまでには至っていません(;^_^A
根菜は温める野菜の代表らしいですね。

漢方では常識なんかなあ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

石原結實

石原結實先生関連の情報を掲載しています。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。