プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンギンが歌い踊る!-『ハッピーフィート』

ハッピーフィート
ちょっと前になりますが、アカデミー長編アニメ映画賞を取って話題の『ハッピーフィート』を妻、次女と一緒に見てきました。

見終わった感想は「アニメもここまで来ちゃったか」というものです。ていうか、もうこれまでのアニメの定義から外れている感じ。ご承知の通り南極に住む皇帝ペンギンが主人公のアニメで、ペンギン以外にも南極の動物たち、トウゾクカモメ、ゾウアザラシ、セイウチ、シャチなどが登場しますが、もうどれもが毛の一本まで本物そっくり。本物の動物たちが人間同様情感たっぷりに演技して一本の映画を作り上げたって感じ。CGだからと言ってしまえばそれまでですが、豚が主人公の実写映画『ベイブ』の製作者にして続編『ベイブ/都会へ行く』の監督でもあるジョージ・ミラー(※)のこだわりが感じられる仕上がりとなっています。
 ※『マッドマックス』の監督でもあります。

ストーリーはTVで宣伝しているのでご存知かも知れませんが、簡単に紹介しましょう。

この物語における皇帝ペンギンの世界は歌が上手に歌えることが最大の価値基準という設定。ところが歌上手の夫婦の間に生まれたマンブルは大の音痴。そのかわり、心がウキウキしてくると勝手に足が動いてタップダンスを踊ってしまいます。マンブルは天性のダンサーだったのです(これがタイトルの由来)が、歌が唯一のペンギン世界ではまったく認められません。かえって、ヘンなペンギンということで仲間からも大人たちからも爪はじきにされてしまいます。そして、ついには異端のダンスを若者たちに広めようとしていると長老たちに睨まれてしまい、帝国からの追放処分を受けてしまいます。

--------------------
このストーリー展開から想像できるように、マンブルがいかにして皇帝ペンギンの世界で復権を果たすかが興味の中心になります。

追放されたマンブルは外の世界で信頼しあえる仲間と出会ったり、天敵に襲われたり、さまざまな冒険をしたり。・・・・こう聞いただけでおわかりになる通り、はっきり言って、ストーリーはお決まりのコースをたどるありがちで陳腐なものです。しかし、この映画の真骨頂はストーリーにではなく、ペンギンたちの踊りを始めとするアクションにあります。

数あるシーンの中から特に印象深いシーンをいくつか紹介しましょう。

まずは、卒業式の後に卒業生たち(もちろんペンギンです)が海の中に一斉に飛び込み乱舞するシーン。最初はばらばらに泳いでいたペンギンたちが次第にシンクロし始めます。泳いだ後にできる泡の軌跡を飛行機雲に擬して航空ショーのように見せるアイデアがすばらしく、思わず見とれてしまいます。

続いては、ペンギンたちが眼も眩むような高い氷山の絶壁から海に飛び込むシーン。とにかくCGがリアル(もう完璧な三次元)なので、ペンギンたちが崖の上から下を覗き込むシーンでは、こちらも一緒になって覗き込んでいるような気分になってふくらはぎがゾワゾワしました。そして勇気あるひとりが飛び込んだ後にペンギンたちが次から次へと飛び込むシーンは、目が眩むようなスリルと爽快感に加えて、なんだか感動も覚えたりします。

そして何といってもこの映画のハイライトは、ペンギンたちが集団で歌い踊るシーン。その数が半端じゃなくものすごい数(千? 万?)なので迫力のあることおびただしいです。優れたミュージカルの1シーンをさらにスケールアップしたような感じで見ていて楽しくワクワクさせられます。

こういったシーンを観るだけでもこの映画を観る価値ありと断言します。ストーリーも陳腐とは言ったものの、あまり批判的にならず素直な心で観れば、それなりにハラハラ・ドキドキ・ヤキモキし、それなりに楽しめます。ただ、結末のつけ方だけは大いに疑問ですが。

【じっちゃんの評価:★★★】

スポンサーサイト

COMMENT

ご覧になったんですね!

実は私も見たい映画だったんです。
去年の暮からサイエンス・ミュージアムにあるアイマックス・シアターで上映されてたんですが、チャンスを失いました。

今週末にはDVDが出るそうなので楽しみにしています。

梓の小鳥さん、おはようございます。
『ハッピーフィート』見逃されたんですね。
記事にも書いたようにストーリーは陳腐ですが、
歌と踊りとアクションは一見の価値ありです。

アイマックス・シアターってのは画面がとても大きいやつですか?

はじめまして

突然失礼します。以前、ブログルポサイトからの依頼で、新作 学校の夢という本の、記事をかいたのですが、その反省と勉強のために、カテゴリーランキングから来ました。シンプルで、素敵なブログですね。私のブログは、まだ出来て半月です。よかったら、遊びに来てください。

お早うございます。

リッチモンドにあるアイマックス・シアターは科学博物館のプラネタリウムにあるんですよ。
画面はただ大きいだけじゃなくて半球型になっていて、画面と向き合った半球型に席があります。
立体感があって吸い込まれそうな気分になります。
今上映されてるのは・・・
http://www.smv.org/
な様です。
お時間のある時にクリックしてみて下さいね。

bibu33さん、はじめまして。
おほめいただきありがとうございました。
bibu33さんのブログは後ほど拝見させていただきます。

梓の小鳥さん、おはようございます。
うわ、それは迫力がありそうですね。
『ハッピーフィート』のアクションシーンや踊りのシーンが
より迫力を持って楽しめそうですね。
今やってるのは『ダイナソー』ですか。
こりゃ怖そうですね。
恐竜が目の前に迫ってきそうで。

おじゃまします。

CMでダンスシーンをちらりとみました。
踊りのシーンだけでも圧巻されそうですね。^^

たまの猫さん、こんにちは。
ストーリーはイマイチですが(特に結末は腹さえ立ってくる)、
踊りとかアクションシーンはすごいです。

こんにちは^^

この映画気になってるんですよね。
動物系は好きなので実はDVD購入候補だったりです^^
また発売を楽しみに待っていたいと思います。
金がないと買えませんが(;´д`)

シンさん、こんにちは。
シンさんも気にされていたんですね、この映画。
DVDもいいですが、やっぱ映画館の迫力ある画面で見た方がいいかな。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。