プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイル版西部劇?!-『緋色の研究』


コナン・ドイル, 日暮雅通 / 光文社(2006/7/12) ¥500
Amazonランキング:12179位
Amazonおすすめ度:


※画像は翻訳版ですが、実際に読んだのはこのサイトで無料で入手できる英語版です※

ご存知、ホームズものの記念すべき第一作。ホームズ・ファンにはたまりません。

ホームズとワトソンが初めて出会って意気投合し、あのベーカー街221B番地に共同で部屋を借りて同居生活を始めます。ワトソンとの初めての出会いでホームズはいきなりかまします-「あなたはアフガニスタンに行っておられましたね(You have been in Afghanistan, I perceive.)」。もう第一作からすでにあの有名な、依頼人を見ただけでその素性を言い当ててしまう推理を披露しているんですね。これだけでもうファンはハートをわしづかみにされてしまいます。

本書は二部構成になっていて、第一部が殺人事件編(事件発生から犯人逮捕まで)、第二部は過去に遡って殺人のきっかけとなる事件を描きます。

--------------------
第一部は本格ミステリ仕立てですが、本格ミステリとしては謎もトリックも推理も弱く、優れた出来とは言えません。ただ、ドイルらしいストーリー・テリングの巧みさで、殺人事件発生から意外な犯人の逮捕までを一気に読ませます。その間、現場に残された謎のメッセージの解読、現場を見ただけで犯人象を言い当ててしまうホームズの推理、犯人への罠かけ、無実の人間の誤逮捕、その後の意外な進展などを織り交ぜて、読者の興味をつなぎます。その辺相変わらずドイルはうまいです。

そして最後は、意外な犯人逮捕に驚かされます。えっ、こいつがなぜどうしてと、頭の中をクエスチョン・マークだらけにしていると、その謎が第二部で解き明かされるという仕掛けです。

第二部は開拓時代のアメリカはユタ州ソルトレークを舞台に、第一部とはがらりと趣を変えた冒険活劇が語られます。この冒険活劇がサバイバルあり、サクセス・ストーリーあり、恋愛劇あり、逃避行あり、復讐譚ありでなかなか読ませます。読んでいる間は気が付かなかったのですが、最近読み始めた『名探偵たちのユートピア』で著者の石上三登志が「第二部は西部劇だ」と喝破しています。なるほどと思いました。

舞台の地名を聞いてあれっと思われた方はお目が高い。そう、ユタ州ソルトレークというのはキリスト教の一宗派・モルモン教の本拠地です。そのモルモン教もお話に出てきます。というか、物語の一番重要な要素のひとつになっています。なんと、モルモン教の中興の祖である、あのプリガム・ヤング(その名を冠したプリガム・ヤング大学というのがありますね)本人まで登場してびっくり。それも悪役として!

ドイルは、こちらがハラハラするほどに、モルモン教とプリガム・ヤングを悪し様に描いています。モルモン教の人たちがこれを読んだらどう思うだろうかといらぬ心配までしてしまいます。

それはともかく。このモルモン教がらみの冒険活劇がどのように第一部の殺人事件へとつながっていくんだろうと思っていると、大丈夫ちゃんとつながっていきます。ちやんとつながって最後は大団円となります。そこでホームズがなぜその犯人に至る推理過程が披露されますが、これは結構見事で、第一部で感じた不満が一部埋められます。

夏みかん酒
総じてミステリとしては凡庸な出来ですが、全体的な物語としては読ませどころも多い面白物語として仕上がっています。もちろん、ホームズファンは必読。それ以外の方も読んで損はないですよ。

【じっちゃんの評価:★★★】

蛇の足
<右写真>実家が大量に夏みかんを送ってきたので、お酒にしてみました。


スポンサーサイト

COMMENT

じっちゃんさん、こんにちわ~。

クリックしてみました。
流石、正統派の英語! と新鮮でした。
なんせ、パトリシア・コーンウェルとかジョン・グラシャムとか同じ英語でも口語体に近いと思える小説に慣れてしまってますので・・・

こちらでもカウンティーの図書館のネットでEブックが読めるんですけど目が疲れますね~。 プリントアウトすると膨大な厚さとなってしまうし・・・

じっちゃんさんの英語への熱意とご努力に頭が下がります~~v-424

ところで、突然で勝手なんですが私も来週から暫くお休みさせて頂こうと思ってます。 5月初旬に再開を予定してますのでその際はまたどうぞ宜しくお願い申し上げます~~。

My best wishes to your study!

梓の小鳥さん、おはようございます。

先ほどブログをご訪問させていただき、英語の勉強と仕事にかまけて
しばらくサボっていたコメントを久々に残させていただきました。

ブログお休みされるんですね。
一時的とは言えちょっと寂しいです。
再開を心からお待ちしております。

ドイルの英語やっぱり正統派ですか。
そこらあたりの差はそこはかとなくわかります。
あくまで「そこはかとなく」ですが。

私も画面で見るのは苦手なので、プリントアウトしてます。
家のプリンタでは埒が明かないので
会社のを使わせていただいております(;^_^A

良かったら、教えてください。

じっちゃんさん、おはようございます。

お休みされてしまうのですか?
ちょっと、さびしいですね。
では、5月まで、過去にさかのぼりながら、読んでみます。

それから、関係のないレスですが、
ご紹介いただいた 「小さいことにくよくよするな」の
レスが見あたらないのですが、
5月までに、全て読みきれなかったら、教えてください。

surfinglifeさん、ようこそ!

>お休みされてしまうのですか?
いえいえ、私はお休みしませんよ。
休まれるのは梓の小鳥さんのブログです。

>「小さいことにくよくよするな」のレスが見あたらないのですが
これはブログを始める前に読んだので、レビューは載せてないんですよ。
ごめんなさい。

失礼いたしました。

じっちゃんさん、
ごめんなさい。たしかに、読み間違えていました。
でも、良かったです。

「小さいこと・・・」ありがとうございました。
お返し、ポチッをしようと思ったので・・・。
それでは、アマゾンいたします。

ではまた、応援ポチッ

surfinglifeさん、おはようです。

>でも、良かったです。
そう言っていただけてありがとうございます。

>お返し、ポチッをしようと思ったので・・・。
そういうことなんですね。お気遣いありがとうございます。

>それでは、アマゾンいたします。
surfinglifeさんも『小さいことを』を気に入られることを
願っております。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。