プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ本

最近読んだ本でレビューを書いていないものがたくさんあります。ご存知の事情で忙しいこともあるのですが、どうしても紹介したいという本がないのも一因ではあります。そこで今日は、4月以降に読んだ(途中放棄も含む)本をリストアップしてみます。ただし、ブログでレビュー済みのものと複数巻構成の途中巻のものは除きます。


『写楽―江戸人としての実像』(中野三敏、中公新書)★★★

写楽の正体については江戸時代の有名な文人・斎藤月岑の『増補・浮世絵類考』に阿波候の能役者・斎藤十郎兵衛であると書かれています。本書はそれを信頼することから出発し、それを補強する資料を挙げつつ緻密な論考を展開して、やっぱり写楽は斎藤十郎兵衛であることを実証しています。非常に興味深い内容でしたが、残念なのは気持ちが湧き立つようなところがないこと。


『日曜の夜は出たくない』(倉知淳、創元文庫)★★★

私の好きな倉知さんの作品。猫丸先輩というキャラ立ちばっちりの探偵役を据えたミステリ連作短編集。ひとつひとつの作品はイマイチこれはというものがありませんでしたが、最後の、それまでの短編を串刺しにしてしまうアイデアがすごい。


『チャンスがやってくる15の習慣』(レス・ギブリン、ダイヤモンド社)★★★

なかなかいいことを言っていて感銘しましたが、以前読んで非常に感動した『小さいことにくよくよするな』と重なるところが多く、また内容的にも『小さいこと』の方が厚みがあります。


『犬は神様』(山本容子、講談社)★★

版画家が自分の飼い犬について書いたということで、自分も犬を買っている身として期待したのですが、内容に厚みがなく期待はずれでした。


<以下途中放棄本(画像なし)>
『明治天皇 1』(ドナルド・キーン、新潮文庫)
-これを放棄したのは私の方に責任があるかも。もう一度ゆったりした気持ちで再読してみたい気も。

『統計学を拓いた異才たち 経験則から科学へ進展した一世紀』(デイヴィッド・サルツブルグ、日本経済新聞社)
-統計学は好きなので期待していたのですが、どうも最初から展開がもたもたしていて。

『動機』(横山秀夫、文春文庫)
-横山秀夫は過去2作(それも世評の高いもの)を読んでいますがいずれもいまひとつでした。今回仲直りのつもりで読みましたが、最初の2作品を読んだところで「こりゃダメだ」と。横山秀夫とはこれでサヨナラですね。

『名探偵たちのユートピア』(石上三登志、東京創元社)
-世評が良かったので読んだのですが、議論の掘り下げが足りなくてがっかり。

『山が見ていた』(新田次郎、文春文庫)
-新田次郎のミステリ短編集ということで期待したのですが、2編読んだところでまったく面白くなくて。

『赤朽葉家の伝説』(桜庭一樹、東京創元社)
-長~いあらすじを読まされているような感じ。もう少しで面白くなるかもしれないと我慢して読んだのですが、一向に面白くならず、半ば近くまで読んだところで放棄。
スポンサーサイト

COMMENT

おひさしぶりです。

コメント残すのひさしぶりです。でも新しいのアップされたら必ず読んでたのよ。
わたしもなにかと忙しく、読んだ本のブログアップができないうちに、もう書き残せないほど数を読んでしまいました・・・

それでもどうしても書きたいのがあったら書くのだけどね。

それにしても、「それまでの短編を串刺しにしてしまうアイデア」ってどんなのか、読んでみたいです。

まーめさん、おはようございます。
コメントを残したくなるような記事があったときだけ
コメントを残していただければけっこうですよ~ん。

>「それまでの短編を串刺しにしてしまうアイデア」
これ結構すごいですよ。私は感心しました。

こんばんは

いつもながらよく読んでますね。
読んでる幅も広くてさすがです^^
私も負けないようにしっかり頑張りたいと思います。
統計学は私も一度しっかり勉強せねばと思ってる分野です。

>統計学は私も一度しっかり勉強せねばと思ってる分野です。
そうですか! 
私は仕事に必要で一度猛勉強したことがあるんです。
勉強するまでこんなに面白い分野だとは知りませんでした。
単なる統計分析のみならず実験計画法(どう実験を計画すれば
効率的かつ有効な実験ができるか。その結果を分析する方法論も
含む)につながっていくなど、統計学も奥が深いです。
是非一度ご勉強を。

じっちゃんさん
おはようございます。

途中放棄!なるほど!
読みづらい本は、途中放棄という手段がありましたね。
ありがとうございます。眼からうろこです。
これから、使わせていただきます。

surfinglifeさん、おはようございます。

私も以前は面白くない本でも最後まで我慢して読む派だったのですが、
人生の時間は少ないのに読みたい本はあまりに多く、
いくら世評の高い本でも自分が面白いと思えない本を読んでいる
時間がもったいないと考えるようになり、最近は数十ページ読んで
面白くならなければ途中で放棄するようにしています。
本を買ったお金より、つまらない本に費やす時間の方が貴重ですからね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。