プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級合格体験記③余は如何にして英検1級を目指せし乎

※前回の合格体験記はこちら

さて、前回は他の方の合格体験記をご紹介しましたが、今回からいよいよ私自身の合格体験記を始めます。

合格体験記となると、そもそも私がなぜ英検1級を受ける気になったということから始めるのが定番なところですが、実はそのことは既に書いてしまっているんですよね~。そもそも、このブログは当初、読書感想文を書くのと並行して、私の英検1級挑戦の様子をリアルタイムでお伝えすることを目指してたんで。

で、過去記事では英検1級の動機をどのように書いていたかというと・・・・。
こちらを参照⇒英検1級に挑戦?!

ここでは今回英検1級を受けようと思った直接の動機は書かれていますが、でもこれだけで英検1級を受けようと思うはずがなく、それまでの積み重ねがあってこの決意に至ったわけです。そこで、今回は私の英語歴を含めてそこらあたりに簡単に触れておきましょう。

ちなみに「英検1級挑戦の様子をブログでリアルタイムでお伝えする」という私の野望はもろくも2ヶ月で挫折してしまいました(その様子はこちら参照)。しかし、その間8回にわたって挑戦の様子をお伝えし、英検1級に向けての勉強戦略等を書いております。ご興味のある方はカテゴリ"Road to STEP-1"の記事をご覧ください。なお、今後連載する合格体験記ではそこに書いた内容と一部重複するものが出てくる可能性がありますので、ご了解ください。

●私の英語歴●
私は、海外留学や海外赴任はおろか、英会話スクールにも通ったことがなく、これまで英語は完全に独学でやってきました。

--------------------
・・・・て書けると、ある意味カッコいいんですが、残念ながら私このいずれも経験あるんですよね(もっとも、日本の英会話スクールは通ったことがありませんが)。では、そのことを含め私の英語歴を以下にご披露しましょう。

もともと学生時代は英語は得意でも不得意でもなく、また特に関心があるというわけでもありませんでした。それは会社に入ってからも同様で、英語とはほとんど縁のない生活をしておりました。ところが、30を過ぎてから英語に関してひとつの転機が来たんですよね。

・・・・・・・・てな調子で書き始めたのはいいものの、私の悪いくせで、簡単にあっさりと書くつもりが、第一の転機を書くだけでゆうに連載2回分を超える分量になってしまいました。この調子で続けていたら、いつになったら肝心の英検1級挑戦の様子にたどりつけるか分かりません。しかも、その内容も、読み返してみると、自分(と家族)以外の方には興味がないかもしれないといった代物です。そこで、その原稿はボツにいたしました。でも、折角何時間も掛けて書いたものですので、そのうち何らかの形で公開するかもしれません。

さて、というわけで、気を取り直して、「私の英語歴」は箇条書き風にさっさと書いてしまいましょう。

・中学・高校・大学では普通に英語を勉強し普通の成績。特に得意というわけではない。大学卒業後社会人となるも英語とはまったく無縁な生活を送る。
・30代で英語に関して第一の転機が訪れる。会社の国際人育成研修プログラムの対象者に選ばれ、アメリカに3ヶ月の語学研修へ。これが私の英語学習の本格的なスタートのきっかけとなる。この頃TOEICで700点突破。
・研修は終えたものの、仕事では相変わらず英語とはほとんど無縁で、せいぜいたまに外国人の見学の案内を務める程度。英語の勉強は続けるもモチベーション上がらず、だらだらと勉強している状況が続く。
・やがて第二の転機が。アメリカの企業との技術提携による新製品開発が始まり、そのチームの一員に。技術的打ち合わせのためにアメリカに行くこともしばしばの生活が始まる。
・実生活で英語が必要となったことを契機に英語の勉強にも拍車がかかる。腕試しにと英検準1級を受けたものの二次の面接はボロボロで不合格間違いなしと思ったのに、なぜか受かる。
・そして第三の転機。その開発プロジェクトの関係でついにアメリカの某州都(←隠すこともないですね。テキサス州オースチンです)へ単身赴任することに。たった5ヶ月の赴任であったが、英語力向上には大いに寄与する。帰国後受けたTOEICで870点を取る。(以後TOEICは受けていないので、これが今のところ最高点。久々に受けてみようかな)
・その開発プロジェクトは終わるが、次の開発プロジェクトもアメリカの企業との技術提携によるもの。毎月のようにアメリカと日本を行き来する生活が始まる。あまりに多忙で私生活での英語の勉強はほとんどできず、OJTのみでの勉強となる。
・ここで会社生活最大の転機が訪れる。プロジェクトが佳境になった時に体調を崩して戦線離脱。これを契機に技術開発業務から離れてスタッフ的業務へと変わる。再び英語とはほとんど無縁な仕事に戻る。
・この頃翻訳家になることを夢見て翻訳の通信教育を受ける。また、翻訳技能認定試験3級を受けるもあえなく不合格となる。
・仕事上英語に無縁な状態がしばらく続くが、再び大きな商売替えが発生。これまでとは130度くらい違う職種に。新たな職場では英語力が見込まれ(?)、海外専門の担当に。北米やヨーロッパの子会社とやりとりしたり、出張したりする生活が始まり、英語勉強熱が再燃する。
・しかし、1年後にまた別の職場に移ることになり、英語とはまったく無縁な仕事に逆戻り。現在に至る。

う~ん、簡単に書くつもりが、こんなになってしまいました。これを詳しく書くつもりで書いてたらどんな長さになっていたんでしょう。やっぱり元の原稿はボツにしてよかったです。

さて、波瀾万丈の(!?)展開の後再び英語とは無縁な仕事生活に戻ってしまったのですが、「第一の転機」以来英語の勉強を長々と続けて来た中で英語の勉強はある意味趣味のひとつになっていた私はその後も細々と英語の勉強は続けていました。

しかしながら、目的のない勉強はやはり張り合いが出ません。そこで、新たな情熱の対象を求め、率先垂範の意味もあって新職場に関係のある資格に挑戦することに。(ここからは「英検1級に挑戦?!」に書いた内容と重複します。) 新職場に移ってすぐ日商簿記2級を、その秋には情報セキュリティアドミニストレータを取り、さらにマイナーだけどその職場にはもっともふさわしい資格(資格Aと呼びましょう)を取りました。そして、翌年には資格Aと同じ系列だけど遥かに難しい資格B(あらゆる資格の中でも結構難しいレベルに入ると思います)にチャレンジ。今回の英検1級の時同様(以上?)の猛勉強の末何とか合格しました。

立て続けにいろいろな資格に挑戦し、すっかり資格中毒になってしまった私は、その資格Bの受験会場から帰る車中で早くも「次に何を受けようか」と考えていました。そして、いいものを思いつかず、家に帰ってもあれこれ悩んでいた私に神の啓示が。「英語をやっているからにはその最高峰の資格を取りなさい」と(※)。この時私は英検1級に挑戦することを本気で考え始めました(※※)。昨年の5月のことでした。
 ※「神の啓示」の正体は「英検1級に挑戦?!」参照。
 ※※この時点ではまだ受験を「決断」はしていません。受けることを本気で考え始めただけです。それが証拠にこの時点ではまだ受験の申し込みをしていません。受験の申し込みをしたのは翌年の3月のこと(過去記事「再び、The "Road to EIKEN-G1"へ」参照)で、本気で受験を決断したのはその時だといえます。

と書くとあっさりしたものですが、英語の勉強を続けているものであれば誰しもそうであるように、ずっと以前から英検1級には特別な思いがあったのは間違いありません。でも、英検1級(特に2次試験)は超難しいというイメージがあって「俺にはムリ」と思っていたんですね。準1級を受けたときも1級受験が頭を掠めたのですが、やはり気持ちが臆して受けることはできませんでした。もっとも、あの時1級を受けていても到底合格はおぼつかなかったでしょうが。

そんな風に英検1級に対する思いはかなり昔から心の奥底にずっとくすぶっていました。そして、資格Bの受験会場からの帰りの車中で「次は何を」と考えた時も英検1級というのは真っ先に頭に浮かんでいて、それを「ムリ」という思いが心の奥底に押し込んでしまっていたのだと思います。そんなところへあの「神の啓示」が降りてきて、抑えつけてきたくすぶった思いにぱっと火がついてしまったのです。

さて、ようやく前置きを終えることができました。次回からは英検1級への挑戦の様子をお伝えできると思います。

次回へつづく>

スポンサーサイト

COMMENT

じっちゃん様 今頃はお仕事中ですね v-273
こうして読むと長い歴史があったのですね~
資格を取ると言うのは達成感があり充実した生活を送る事ができますよね
勿論、合格に向けてのストレスもありますがそれをいかに克服して辿りつくかも楽しいプロセスです
ピットママが持っている資格って考えてみるとマイクロソフトのパソコンのワードとエクセルの資格です
パソコンをやるからにはもっと使いこなしたいというのがまず習った理由で
独学といっても主婦のピットママには限界がありましたので
教室に通い、目標を設定したわけです
それが現在のブログを開設することに繋がっております

じっちゃん様、ブログを短く書くのは難しいですね
ピットママはとても苦労していますよ~

お掃除ロボット、奥様に気に入っていただいて良かったですね
パソコンはいろんな世界を広げます v-411

うわあ~、中味が濃い!
次回が楽しみです! 

ピットママさん、おはようございます。

>じっちゃん様 今頃はお仕事中ですね 
そうでしたよ~。
今コメントいただいた時間を見ると、
会社のお偉方にプロジェクトの進捗を報告した直後で、
遅れていることに対して思い切りどやされて、
落ち込んでいる時でした。

>資格を取ると言うのは達成感があり
>充実した生活を送る事ができますよね
旅行と同じで、準備している時、受験(旅行)している時は
充実感がありますが、いざ合格してしまうと虚脱感の
方が大きいですね。
やっぱり、結果も大事だけれど、プロセスはもっと大事って
ことでしょうかね。
今はブログに体験記を書くことで虚脱感を補ってます。

>パソコンをやるからにはもっと使いこなしたいというのが
>まず習った理由で
感心です。なかなかそう考える方はいらっしゃらないと
思うので。

>それが現在のブログを開設することに繋がっております
ちゃんと目に見える成果があったわけですね。
英検はそれがないなあ。
いや、「もっと勉強せにゃならん」という気になるのが成果かな。

>じっちゃん様、ブログを短く書くのは難しいですね
>ピットママはとても苦労していますよ~
お仲間ですね。安心です。
世の中では、長い文章を書くのを苦痛と見るのが普通ですが、
ホントは言いたいことを短く要領よく書く方が難しいんですよね。
それができる人は仕事もできる人です。

>パソコンはいろんな世界を広げます
ホントですね! 

Emiさん、おはようございます。

ありがとうございます。
いざ書き始めてみると、結構難しいですね。
饒舌になってしまいますし、
何より、こんなんで面白がってもらえるのかなあという
疑念がふつふつと涌いてきてくじけそうになります。
でも、いったん書き始めたからには、めげずに書き通します。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。