プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級合格体験記⑦ボキャビル編その2

※前回の合格体験記はこちら

お待た~、英検1級合格体験記⑦ボキャビル編その2です。前回は『Pass単』をネタに単語帳(下の写真)を作ったところまででしたので、今回はその単語帳をどう使って単語を覚えたかをご説明します。
Pass単語帳80
←これ、前回紹介した「じっちゃん特製単語帳」で~す。画像をクリックすると拡大します。

実は前回説明しなかった欄があります。そうそう、数字が入った欄と「レ」欄、「呂」欄です。それらを説明すれば単語帳の使い方が分かります。ということで、これらの欄の使い方をまずは説明しましょう。

--------------------
数字が入った欄はその単語を覚えたかどうかを記録するチェック欄で、「レ」欄はその補助に使います(詳細後述)。「呂」欄はその単語の語呂が「日本語」欄にあるかどうかを表します。その欄に"V""I""自"の記号が入っていれば語呂があることを、"×""-"が入っていれば語呂がないことを示しています。"V"はその語呂を語呂本(※1)から取ったことを、"I"はインターネットサイト(※2)で語呂を得たことを、"自"は自前で語呂を作ったことを意味しています。
 ※1 使った語呂本についてはこの記事参照。
 ※2 以下のサイトが参考になりました。
  ◆語呂でサクサクらくらく暗記!難解英単語暗記道
    「語呂法」を行う際に最も参考になったサイト。英単語とその語呂合わせが載っている
    のはもちろん、その単語の語源の詳しい解説まであって、読んで楽しいサイトです。
    にしても、語源はどうやって調べたんだろう? すごいなあ。
  ◆英検1級勉強法
    学習法のコーナーも参考になりましたが、私にとって最も利用価値が高かったのは
    「英単語語呂合わせ」のコーナーでした。

単語帳に英単語がある程度たまったら(50個くらい)、記憶(確認)の作業を開始します。それは次の手順で行います。

①まずExcelの単語帳を数ページ(私の場合は2~4ページでした)プリントアウトします。
  そのプリントアウトを使って、主として通勤時間(往復)に単語の記憶作業をします。
②会社に向かう通勤途上で、最初の単語から順に、英単語を見てその意味が思い
  出せるか確認します。さっと思い出せたら「1」欄に"○"を、思い出せなければ"×"を
  ペンで書き入れます。ちょっと間があって思い出せた場合や、正確ではないけれど
  近い意味を思い出せたら"△"を入れます。"△"を設けたのは、"×"ばかりが続くと
  イヤになってしまうので。なお、思い出せない単語に時間をかけ過ぎてはいけません。
  ちょっと考えて思い出せなかったらさっさと次の単語に移ります。
③"×"と"△"の合計がある数以上になったら(※)そこで記憶確認作業をやめます。
  あまりやりすぎると負担になって苦痛を感じるので。
  ※私は最初この数を10にしていましたが、後にスピードアップのため20に改めました。
    また、"×"は1、"△"は1/2としてカウントしました。
④会社に着いたら、朝の確認結果(○/×/△)をExcelを用いてExcel版単語帳に
  写しとります。数字欄の右隣の「レ」欄は、Excelの関数を用いて「1」欄に
  "○"が入れば自動的に"レ"点が出てくるようになっています。
⑤会社で"×"または"△"の付いた単語を復習します。
⑥Excelのオートフィルタ機能を用いて"レ"点の入っている単語は表示しないようにして、
  また数ページをプリントアウトします。
⑦会社からの帰りに朝同様に記憶確認作業をします。往路で"×"または"△"となった
  単語(すなわち"レ"点が付かなかった単語)はプリントアウトされているので再度
  確認作業をすることになります。この時チェック欄は引き続き「1」欄を用います。
  "×"または"△"の単語の「1」欄にはすでに"×"または"△"の記号が入っていますが、
  復路での記憶確認で"×"または"△"が"○"になったとしてもここは変更せず、
  代わりに右隣の「レ」欄に"レ"点を入れます。往路同様"×"または"△"の単語
  (往路で"×"または"△"であり、復路でも"レ"点がつかなかった単語も含む)が
  一定数になったらそこで確認作業をやめます。
⑧自宅に帰ったら、復路での結果をExcelのファイルに写し取るとともに、"レ"点が
  つかなかった単語の復習をします。

後はこの繰り返しです。"×"または"△"の単語は"レ"点がつくまで繰り返し何度も何度も復習することになります。いつまで経っても"レ"にならない単語がいくつもあったりしてメゲメゲになりますが、そこは耐え忍びましょう。

他にもメゲる場面には事欠きません。出てくる単語、出てくる単語"×"ばかりでほとんど"○" が出現しなかったり、覚えたと思って次の日に復習するともう忘れていたり。単語を覚えるのにはホント根気がいります。

こうして単語帳の最後の単語まで確認作業が終わったら第1サイクル終了。第2サイクルへと移ります。第2サイクルでは最初の単語から第1サイクルと同様の方法で復習をしますが、この時は「1」欄ではなく「2」欄を使います。こうしてサイクルごとに「3」「4」と使う欄を変えて行きます。何サイクルか回ったらExcelの並べ替え機能を使って単語の順番を入れ替えます。これは、単語の出現順序が記憶のキーとなるのを防ぐためです。

同じ単語が数サイクル続けて"○"となり、ほぼ確実に覚えたなと思ったら"◎"印を付けます。"◎"印のついた単語は次以降のサイクルでは復習の対象外とします。こうして、すべての単語が"◎"となったら「あがり」というわけですが、ここでもなかなか"◎"にならない強敵が多数続出しメゲメゲになります。私は、『Pass単1級』の場合、ここまで来るのになんと10サイクルを要しました。

いったん「あがり」となっても安心してはいけません。単語は繰り返しやっていないと着実に(!)忘れていくので、新たなサイクルを開始し、繰り返し復習します。すると、悲しいことに、"◎"のはずだったのに"×"になる単語が続出します。それでめげてはいけません。「そんなもんだ」と割り切る気持ちが必要です。こうして、2度目の"◎"がついた単語は記憶が定着したと考えていいので、それらは除外しつつ、受験の日まで復習を繰り返します。あ~大変。

この作業は根気と時間がかかるので、それらを持ち合わせていない方にはおススメしません。独自の方法をお考えください。ちなみにこの方法だとすべての単語をマスターするまでにどれくらいの時間がかかるかですが、私の場合は『Pass単1級』と『Pass単準1級』の両方合わせて約1年かかりました。もっとも本気の受験勉強期間は最後の3ヶ月弱だけで、それまでは実にだらだらした勉強をしていたので、最後の3ヶ月弱のペースでやるとすれば半年くらいには短縮できるでしょうか。それをさらに短縮するには1日にやる単語数を増やすしかありませんが、それにはかなり強靭な精神力を必要とすると思います。

さて、『Pass単』をネタにした単語帳方式勉強法は以上です。ボキャブラリに関しては『Pass単』以外のボキャビル本もやりましたので次回はそれを紹介いたしましょう。

次回へつづく>

スポンサーサイト

COMMENT

じっちゃんさん、おはようございます。
いや!感心します。
やっぱりきちんと整理整頓して収納すると、記憶も取り出しやすくなるのですね。
多分、私の脳みそは我家のクローゼット同様、とりあえず押し込んである状態で、「何がどこにあるやらわけわかめ」なんですわ。
若いときは脳みそ執事も自分で整理してくれてたように思うのですが、執事も年をとり、「めんどうみきれん」になってしまっています。
頭もクローゼットも一度全部放り出してじっちゃんさんのように、分類区分けしてチェックも入れてやらなきゃ。

まーめさん、こんにちは!
お褒めいただいて恐縮です。

まーめさん、謙遜しすぎですって。
まーめさんのブログを拝見してますと、
料理に家庭菜園に縫い物に、
もちろん本業に八面六臂の活躍。
それらに必要な記憶はちゃーんと
整理整頓されていると思いますよ。
それも自然に。

私のようにツールに頼るのは逆にそれしないと
整理整頓できないってことで。
よく、優れたインタビュアーはメモを取らないといいます。
やり取りしたことを全部頭に収めちゃうんですね。
私はメモを取らないとダメです。
まだまだ修行が足りないです。

こんばんわ~。

>>>単語は繰り返しやっていないと着実に(!)忘れていく・・

>>>覚えたと思って次の日に復習するともう忘れていたり・・

じっちゃんでさえそうでしたか?!

嬉しくなってしまいました。
単純で御免なさい~。

数年前、ビッグワードを使いたい、 と奮起してコンベンショナルな方法、ノート半分を英単語と和訳に分けて暗記しようとしたと、確かじっちゃんにもお話したことがあるかも知れません。

数ヶ月続けた後、 旅行に出かけました。
その後、完全にやる気をなくしてしまい、 半年くらい?して再び見たそのノート、 全部忘れてしまっていて唖然。
それが最後になってます。

じっちゃんのやる気と根気に・・・v-424
頭が下がり放しです。

>じっちゃんでさえそうでしたか?!
そうですよ! もちろんです(キッパリ!)。

>コンベンショナルな方法
コンベンショナルな方法が一番との結論に私達しております。

>じっちゃんのやる気と根気に・・・
根気は、語学にうまくなるために必要な最大の資質ですね。
私は、単語の記憶といった単調な作業を比較的苦痛に思わないんです。
実際には苦痛に感じるところはあると思うんですが、
それを前向きに転換する能力があるというのが正確なところかもしれません。
それが私の最大の強みだと思っています。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。