プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外の愛すべきニホン誤集~『日本語でどづぞ』


柳沢 有紀夫 / 中経出版(2007/09)
Amazonランキング:3391位
Amazonおすすめ度:


『日本語でどづぞ』・・・勘のいい方は(そうでない方も?!)このタイトルからもう本の中身が予想できますよね? さらには、大いに笑える本だとも。

そう、その通り! この本は世界で見つけたアヤシイ日本語(=「ニホン誤」)を集めた本で、その通り、大いに笑えます。私自身、この本を読んでて吹き出すことしばし。私だけではありません。娘も息子も。トイレの書棚にさりげなく置いておいたのを読んだ彼らはトイレの中で吹き出し「やばいよ、コレ」と。ただ、いつも冷静な嫁からは何の反応もありませんでしたが。

コレクションの場所は、看板、お菓子などのパッケージ(これが最大の情報源)、Tシャツ、レストランのメニュー、会話など。それらから集められた「ニホン誤」はバラエティに富んでいて、しかもその品質(!?)は保証付き。それら「ニホン誤」の楽しさを分かっていただくために、著作権侵害にならない程度にいくつか例をご紹介しましょう。

--------------------
まずは、表題にもなっている「日本語でどづぞ」。これは著者(オーストラリア在住)がオーストラリアのケアンズで見つけたバス停の看板。「日本語で"どづぞ"」と言われても、「ほんとに大丈夫かいな?」と思っちゃいますよね。

お次は台湾製お菓子のパッケージ。パッケージに書かれたお菓子の名前が・・・

      「ホットケーも」

「ホットケーキ」の「キ」のシッポがつい曲がってしまったのでしょうが、「ほっとけ、もう」と言われてるようで買う気が失せますよね(笑)。いや、よりいっそう買う気になるか(笑)。本にはパッケージの写真が載っていて、それを見るとさらに面白さ倍増。たまらないおかしさとともにほのぼのとした愛らしさも感じられます。そのあたりを文字では伝えられないのが残念です。写真を見ると「ホットケーも」の上に「おいしさアッつ」とあり、さらにはダメ押しでその下に「天然こくもの添加」とあります。「アッつ」はわかりますが、「こくも」って何でしょう?

続くは、娘と息子が「一番ウケた」という、中国の日本料理屋のメニューにあった「ニホン誤」。

      「マッシュルームスパグッティ、

       ミートソーススパダッティ、

       たらニスパダッティ」

「これでもか」っていう間違いの連射がすごいです。

Tシャツだって黙ってはいません。オーストラリアの妙齢の美人が着ていたTシャツの胸に・・・

      「安いよ」

「安いよ」って、あなた・・・、何がでしょう? 

さらには、あのおフランスでもこんな「ニホン誤」が。パリのレストランに日本語のメニューがあったのはいいのですが、「熱い飲み物」「アルコールおよびリキュール」などとともに・・・

      「風邪は飲む」

これはどうやら"Cold Drinks"のことのようです。日本語を勉強し日本留学の経験もあるフランス人学生アルバイト(以上想像)が、英語のメニュー(間違い方を見るとフランス語のメニューではないと思います)を日本語にすることを依頼されて、英和辞典を片手に一語一句翻訳している姿が頭に浮かんできます。「Coldは"風邪"か。で、Drinkは"飲む"ね。じゃあ」てなノリで。それにしても、あの"お高い"パリのレストランも日本語のメニューを用意するようになりましたか。感慨深いものがあります。私と妻が新婚旅行でパリに行ったときは、日本人なんて「フン!」という感じでしたから。

もうひとつ、翻訳の(?)ミス。中国のホテルで、部屋のドアに掲示された避難経路を示すパネルに・・・

      「YOU ARE HERE
       あたたけここにいろ」

すごい命令口調です。日本人は何があってもここを動くなということでしょうか? 親切な忠告なのかも。(ちなみに、おわかりだとは思いますが、"YOU ARE HERE"は「現在地はここ」という意味です。)
  ※ 想像するに「あたたけ」は「あなたは」の、「ろ」は「る」の書き違いかと思われます。 

・・・とまあ、こんな調子ですが、この本にはこれらに優るとも劣らない面白い「ニホン誤」が満載。しかも現物の写真つきなので面白さ倍増!(写真の中に本では触れていない「ニホン誤」を発見することも)

さらには。大いに笑えるだけではなく、日本語や日本のものがいかに世界で愛されているかがこの本を読むとわかります。そして、日本や日本人が「意外に」外国人から尊敬されたり、憧れられたりしていることも。そういうことが実感できるのもこの本の効用です。ぜひお手に取ってみてください。

【じっちゃんの誤読的評価:★★★★】

スポンサーサイト

COMMENT

(゜o゜)
おっかしい。。。けど見当がつきます。
「安いよ」はテレビで写真をみたことが・・・。
Tシャツにプリントされた可笑しな日本語を特集したときがあったのです。

中国人は日本語で会話をするときも命令形をよく使う印象があります。

コメントでこんな日本誤を私も使っているかもしれません。^^;

みてみたいと思います。ご紹介ありがとうございます!

逆の場合もありますよね。日本でみる変な英語
思い出しました。特に私の中で強烈なもの!
小学校6年生のときから、友達の家で 
少人数女の子ばかりで
英語の塾にいっていました。先生は美人の先生で
あこがれ。。
あの年頃は先生に英語をみつけては
これなんてかいてあるの?
ってききたいものでした。
ある日友達が、
セーターをきていました。それは首周り大きくケープをかけるようにウサギの絵と英語の文字が沢山かいてあったものでした。
先生にこれなんてかいてあるのですか?
と聞きました。すると、先生の顔がこわばって、うまくごまして
いましました。私はみのがしませんでした。
彼女のウサギのしたの英語はハローのつもりの
HELL! HELL! HELL! と 沢山かいてあったのです!もちろん、私は気がつきましたが、みんなには
内緒にしておきました。が、時折 おもしろいものを
みつけると(最近はすくなくなりましたが)思い出し
笑いそうになるのです!

というものを思い出しまたおかしくなってきました。
ながながと失礼いたしました。

ケイさん、おはようございます!

>Tシャツにプリントされた可笑しな日本語を特集したときがあったのです。
私も見ました。
そういえばその時「安いよ」もあったか?

いい加減な記憶ですね。

私も怪しいエイ誤をたくさん使っているかも知れません。

ほんにゃんさん、おはようございます。

あはは、面白いお話ありがとうございます。
「HELL! HELL! HELL!」は
ヘビメタのお兄ちゃんのTシャツだったらおかしくないのにね。

確かに怪しいエイ誤、たくさんありますね。
私もしょっちゅう見かけますが、
今具体例を思いつきません。

確かに面白い!
フィラデルフィアの自由の鐘が飾ってあるリバティーベルセンターに行った時、 壁から罹ってるバナーの日本語が逆さだったんですよ。
それを係員に指摘したら、 ただ肩をすくめてるだけでした~~(苦笑) 僕の管轄じゃないから・・・とでも言いたげに~。

ところで、 怪しげなのは日本で使ってる英語?も、 ですよね!
ハンカチ、 エプロン、 包み紙、 至る所に見られる横文字。 
お土産に買って来て友達にあげると首を傾げられるか笑われちゃうから、 と娘達がかつて愚痴ってました。。。

今日のコメント、 パーティー・プーパーみたいで御免なさい~♪

じっちゃんさん!!すみません私。
名前!入力ミスですね!調べていただいてすみません。
お手数かけました。
NAMEも読めないなんて!だから英語できないんだなぁ。(笑)

勘が悪すぎる私でも
ブログを読んだだけで
もう笑っちゃいました。
早速、図書館に予約しましたョ(^_^)v
今は、パソコンから図書館宛に予約可能の時代だから
楽チンです♪
それにしても、100万回のコンチクショーも
手元に届いてるし・・・忙しいわぁ~(笑)

ああ~背中が痛い!
笑いすぎると背中が痛くなるんです。
でも、ほんっとにおかしいですね。
おトイレで読むとお通じがよくなりそう。

じっちゃん様 こんばんは
世の中にはいろいろ面白いことがありますね
奥様の無反応っていうのが1番面白いかも~~~

ピットママの主人の田舎のおじいちゃんがバスに乗りました
降りるときはブザーを押してくださいってアナウンスが流れました
そこでおじいちゃんは運転手さんの耳元で「ブー」と言い
バスを降りて行ったそうですよ~
人間の知恵って面白いですね♪

そう言えばピットママ家でも先週の日曜日、カレー鍋をやりました
主人が選んだのは和風カレーの味でしたけど・・・・
父もとても気に入って翌日、おうどんを入れてまたまた夕食を食べましたよ
じっちゃん様、美味しい情報を有り難う!


モナカさん、おはようです。

>僕の管轄じゃないから・・・とでも言いたげに~。
確かにアメリカでは自分の職分がはっきりしてますからね。
日本では自分の職分を超えてやってしまいますが。

>怪しげなのは日本で使ってる英語?も、 ですよね!
全くその通り。
ニホン誤以上にひどいかもしれません。
私はそういうのを見ると自分のことのように恥ずかしくなってしまいます。

ほんにゃんさん、おはようさん!

あはは、最初「最近のコメント」欄のタイトルを見たときは、
スパムコメントかと思いましたよ(笑
でも、本文ををみたらそうではないので、
念のためurlをクリックしてみたら、ほんにゃんさんでした。

私も時々自分の名前を入れ忘れて、
「内容的にこれはじっちゃんですね」なんて言われたりしてます。

とらみさん、おっはー!

早速お買い上げ、じゃないお借り上げ(ただし、予約)していただき、ありがとうございます!

図書館てどんな本でもあるんですか。
最近図書館にはトンとお世話になっていないので
事情がよくわからなくなっています。
そうか、ネットで予約できるんだ。
ついでにネットで届くといいのにね(笑

まーめさん、おはようさん。

背中を痛くしてごめんなさい。
お通じよくなりますとも。
なり過ぎて・・・。

ピットママさん、おはようです。

>奥様の無反応っていうのが1番面白いかも~~~
あの人は冗談がわからないところがありまして・・・。

おじいちゃんのエピソード面白い!
しかも、おじいちゃん、可愛い!

カレー鍋やってくださったんですか!
好評でよかったです。
じゃあ、張り切って、また鍋レシピを載せちゃおうかな。

じっちゃんさん、もう面白すぎ~、ですよ。
ブログを読んで、こんなに吹き出したの初めてです。
直訳もいいとこですねえ。
文字をちゃんと書かないと、あちらの方々に誤字を書かれちゃいますね。あ、あちらが読み違えかな。
とにかく、楽しい本を紹介して下さってありがとうございます。
(何だか、その日本誤に対して、いちいち『それ違います』って言いたくなりそう)

みけぼーいさん、おはようございます!

ははは、笑っていただけて本望です。

我々日本人も怪しいエイ誤を使っているのをよく見かけますよね。
他の国の人のニホン誤をとやかくいえないかも。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。