プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級合格体験記⑮:2次試験準備で使った参考書たち

※前回の合格体験記はこちら



前回までで1次試験編は終了、今回からいよいよ2次試験編です。2次試験編初回の今回は2次試験の準備で用いた参考書をご紹介いたします。

--------------------
さて、2次試験編の開幕で~す ( ^o)-o<パッパラッパ~♪♪♪♪♪♪
・・・と明るく始めてはみたものの、内情はちょっと気が重いんですよね。というのは、2次試験の結果は合格ラインすれすれだったので、あまりエラソ~なことが言えないんですよね。2次試験についてはよい合格体験記がネットで公開されてますし、私のようなものがそれに屋上屋を重ねてもと、ひるむものもありますし。前回から時間がかなり空いてしまったのもそういう気の重さが背景にあるわけです。

でも、まあ、スイスイ勉強が進んで楽勝の成績で合格したってのより、私みたいな四苦八苦、五里霧中、七転八倒の体験記の方が却って役に立つ・・・てなこともあるかも知れませんので、気を取り直して書き綴ってみたいと思います。

初回は、冒頭でも述べましたように、私が2次試験対策に使った参考書のご紹介です。

『英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング』 植田 一三, 妻鳥 千鶴子 / ベレ出版 (2004/02)
2次試験対策に使えるまとまった参考書がほとんどない中で貴重な一冊。ということで、2次試験対策本として定番中の定番となっています。スピーチの組み立て方、議論の方法、表現集など技術面で参考になるのはもちろん、「ビジネス」「サイエンス&テクノロジー」など分野別に多くのトピックを取り上げて英語で論じていることから、トピック例&模範スピーチ集としても大いに参考になりました。不満な点もないではありませんが、確かに「使える一冊」。強くおススメします。

『日本の論点2007 変質する社会』 文藝春秋編 / 文藝春秋 (2006/11/11)
これも定番かな。最近の旬な話題についての解説、それに対する有識者の意見が掲載されており、予想トピックを考える上で、さらにはそのトピックについての知識を手っ取り早く仕込む上で大変貴重。おススメです。同種の本に『朝日キーワード』があります。私は使いませんでしたが、ざっと見たところ『日本の論点』より広く浅くの構成になっています。2次試験のスピーチでは深い知識は求められないので、トピック数の多いこちらの方が2次試験対策には向いているかも知れません。また『朝日キーワード 時事英語』というのもあって、こちらは各話題が日本語と英語で論じられていますので、さらに英検1級向けかも知れません。

『Pros and Cons: A Debater's Handbook』 Trevor Sather / Routledge (1999/07)
イギリスのディベート用参考書として定評のある本(←受け売り)。さまざまな分野から100以上の話題を取り上げ、簡単な解説と、その話題に対する賛成意見(pros)と反対意見(cons)を書いたもの(もちろん英語)。量が多いので、準備時間が少なかった私はつまみ食いしかできませんでしたが、じっくり読めばスピーチの材料としても想定Q&Aの材料としても大変参考になるでしょう。

『速読速聴・英単語 Advanced 1000 ver.2』 松本茂他 / 増進会出版社 (2004/06)
この本は2次試験対策として新たに買ったものではなく、以前から持っていたもの。大学受験や英語資格試験のボキャビル&リスニング教材として定評のある参考書ですが、英文記事を通して単語を覚えるというコンセプトで作られた参考書なので、旬な話題の記事が多数取り上げられており、英検1級2次試験の参考書としても大いに使い途があります。何といっても、CD付きで、記事が耳を通して聴けるのが魅力。

『英検1級全問題集 2007年度版』 旺文社編 / 旺文社 (2007/03)
言わずと知れた過去問集。2次試験の「傾向と対策」の研究材料として、スピーチの模範解答事例集として参考になりました。

これら参考書以外でも、この体験記の第2回で紹介したネットの合格体験記も大変参考になったことは言うまでもありません。

これらの参考書を使ってどのように受験準備をしたか。箇条書き風に書いてみます。

*過去問の模範解答例を用いて、スピーチの組み立て方を研究する。
*過去に出題されたトピックを調べて傾向と対策を練る。
*2次試験で出そうなトピックをリストアップする。
*その中から出そうなトピックを厳選して、スピーチ原稿を作成する。
*スピーチ原稿でスピーチ練習する。
*面接導入部のために自己紹介の原稿と想定問答集を作成。
*インターネットの受験体験談などを読んで本番戦略を練る。

こんなところでしょうか。次回以降はそれぞれについて数回に分けて具体的に紹介して行きます。

<次回へつづく>

スポンサーサイト

COMMENT

こんにちわ!

じちゃんさんってすごいですね!
本も沢山お読みになってて、
仕事されてて、

英検1級なんて。。。

内容をみると、日本語でもむずかしそうですから、
読書も相当しないといけないかもしれませんね。
日本語を読むことは、英語の能力もあがるのでしょうか?

私のしっているかたで、やはり英検1級もたているかたも
ものすごく本をよまれています。英文、日本文とも。

やはり、ものすごーく、すごーく勉強しないとそこには
到達できませんね。

尊敬します!!

あと、質問があるのですが?いいですか?

よく、英語でかんがえたほうがいい。
   
いや、すばやく英語と日本語を置き換えるのだ。

二通りのことがいわれます。

じちゃんさんはどちらですか?じちゃんさんぐらいに
なると、一瞬でしょうが

どのように英文を組み立てていますか?

丸暗記も限界があります。

くだらないことを聞いてごめんなさい。

(こうやって、書いていただくと、たとえ私が英検をうけなくても
とても刺激になります! ありがとうございます。)

ほんにゃんさん、おはようございます。

>日本語を読むことは、英語の能力もあがるのでしょうか?
間違いなくそうです。
英語には、というか、あらゆる学問
・・・算数、理科、社会、英語に
日本語力は不可欠だと思います。
ですから、よい日本語の本を読むのは英語力向上に重要です。

>どのように英文を組み立てていますか?
私は、直接英語で考えていることが多いと思います。
いったん日本語で考えてから英語に変換するのでは
リアルタイムな会話に対応できません。
また、英語と日本語では発想に違いがあるので、
英語で話すとき、書くときは英語で考えたほうがいいと思うのです。
現に、英検1級1次試験のライティング(エッセイ)では、
いったん日本語でエッセイを書いてから英語にする方も多いと思うのですが、
私はいきなり英語で書き始めました。

仕事でも外国人とのメールのやり取りでは
いきなり英文で書いていました。
(過去形になっているのは今の仕事では英語は不要だから)

>丸暗記も限界があります。
確かにそうですが「丸暗記」は重要な武器であり、
英語を身につけるには丸暗記が必要です。
例えば、英語の読解力、作文力をつけるには
重要構文の丸暗記がとても効果的です。
(というか、必須です)

参考になったでしょうか(*'‐'*)

コメントのお返事を見て・・
日本語の本を読むことも英語に繋がってるとは。
私みたいに 簡単で軽くさっと読める本では
あまり効果は無いかもですね。
といっても私は、英語は(も)さっぱりです。
興味は実は、ないことはないのですが、
でも、未だに(勉強を一切してませんので)
ハロー グッバイ のカタコト挨拶程度 進歩無し
でも、たまたま 私のブログ仲間は
英語が出来る方が多いので
やはり 興味は膨らむばかりです!
でも、やはり「丸暗記が必須」には・・・えぇ~ん(>_<)
若かりし頃
しょくば仲間に英検2級の子が2人いて
すごい!!と憧れ
たまたま英語関わりの仕事だったので
会社で外人講師が来る時間帯に厚かましく参加
(あくまでも参加・・訳わからんけれど聞くだけでも
 許されたので、ニコニコ聞くだけ。当然ひと言も発せず)
後、英会話教室にもかよって(大人数クラス)
子供英字新聞を読んで(眺めて・笑)
懐かしいなぁ~。あの頃は、駄目でも前向きだった私。
なんか、約束はしません!グータラでアホだから。
でも、なんか、チョッピリ始めてみたくなりました。
英語(^^ゞ 決して約束は出来ませんが(苦笑) 

とらみさん、おはようございます!

>日本語の本を読むことも英語に繋がってるとは。
繋がってますよ~。めちゃくちゃ繋がってます(#^.^#)

>でも、なんか、チョッピリ始めてみたくなりました。
ぜひぜひ、英語仲間に。
ピットママさんとともに盛り上がりましょう(≧∇≦)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。