プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語には1文型しかない?!~『英語力』


この本に対する評価は私の中で真っ二つに分かれています。最初読み出したときは「こりゃすごい!★5つの画期的な英語本だ」と思ったのですが、読み進めるうちに「ありゃりゃ」と首を傾げる部分がぼちぼちと出始め、最終的にどう評価していいかわからなくなってしまいました。★4つでもいいように思える一方で★2つしかあげられないような。そこんとこをお伝えできるかどうかわかりませんが、ともかくも説明いたしましょう。

著者は英語を苦手にさせる最大の原因は「現在の5文型に基づく英文法だ」といいます。動詞(V)の後に来るものが品詞によってOになったり、Cになったり、Mになったりする・・・これはおかしい、ヘンだと。このあたりの著者の主張(=5文型の異様さ)はすごく納得できます。

著者はさらに論を進めて、英語の文型はSVOPのひとつに集約できるといいます( ここでいうS・V・Oは通常の定義とは違っています。詳細は本に当たってください)。ちょっと強引かなあと思いつつも、ここも納得できます。この論に対してアマゾンのレビューでは「それほど独創的な考えではない。英語の思考方法を説明しているだけだ」という批判があり、それももっともな部分があるのですが、英語の思考方法を「SVOP」という体系にまとめあげ、5文型の対案として提示しているのはそれはそれで大したものだと私は思います。

その他にも、「動詞よりも副詞が英語の理解の決め手」「英語はSVOPになるように(抽象から具体へとなるように)語順を調節する」「単語の働きは品詞ではなく位置で決まる」などなど斬新かつうなづける論が展開されて、私は「目から鱗」の状態を味わうことができました。

ただ、はっきり言ってこの著者は説明が下手です。折角の斬新な理論なのに、説明が下手なためによく飲み込めないところが多いのです。著者はしきりに「これはなかなか受け入れられない難しい内容かと思われますが・・・」などと弁解していますが、理論が難しいのではなく説明が下手なのです。たとえ理論が難しいとしても、それをわかりやすく説明するのがプロというものではないでしょうか。

さらにいけないのは、首をひねらざるを得ない珍説(としか私には思えないもの)が散見されること。例えば、「beに存在の意味はない」「SVやSVOだけでは文になっていない」「英語は動詞と名詞の区別がほとんどない言葉」等など。

ということで評価は以下としておきましょう。

【じっちゃんの誤読的評価:★★★】
スポンサーサイト

COMMENT

現在、受験を迎える受験生です。お願いがあるのですが、

「ゴロで覚えるV英単語1200」

を売って欲しいのですが…。良いお返事お待ちしてます。

竜桜さん、はじめまして。
譲ってさしあげたいのですが、
うちにもまだ学生がおりまして、まだ使いたいのです。
ご希望にお応えできず申し訳ありません。

この本いつのまにか品切れになっているんですね。

じっちゃん様、こんにちは
今日は英語本の紹介ですね~
ピットママ、本屋さんでまず、自分を英語で紹介しよう!
というような題名の本に興味を持って思案中です
なんせラウンジレッスンでは先生にあれこれと尋ねられます
せめて自分を英語で表現できないとと焦っておりますよ~
本当に英語本にはいろんな角度からみた本があるものですね
単語は相変わらず、すぐ忘れてしまい何度も同じ単語を
辞書で引いている始末です トホホホ
やる気あるのかい!?状態ですよ v-399

ラットマン、ひかりがスタジオで発見された行まで読みました
なんでこんな事になるのかしら?DNAってそうなのか?と
不思議な気持ちが致します・・・・

自己紹介は会話の基本、出発点ですからね。
そこからぜひ広げていくのはいいですね。

>単語は相変わらず、すぐ忘れてしまい何度も同じ単語を
>辞書で引いている始末です トホホホ
私も同んなじですよ。めげる必要なし!

>ラットマン、ひかりがスタジオで発見された行まで読みました
そこからが面白くなるんですよ~。
お楽しみにぃ!

英会話
最近興味をひかれてる物の一つです。
たまたまですが、HPやブログ仲間に英語の出来る方が
たくさんおられるので影響受けて・・(笑)
が、根がグータラと勉強努力大嫌い人間
さてさて どうなりますやら 先が見ものです(爆)
先日ラジオをきいていたら
60歳くらいの男性が、海外旅行に行きたくて
行ったときには、すこしは喋りたくて・・・と
100均で買った 「旅行に役立つ英会話」の本を
なんと 繰り返して読むこと 100回!!
そしたら、海外でなんとか通じて旅行が楽しめたそうです。
これには、アナウンサーも私(笑)も感心しきり。
なんでも、繰り返しが大事なんですね。
で、私も早速100均に行って手に取ったけれど
「家に昔の本だけど眠ってるのがあるもったいないヮ」と止め
帰宅したら、その事さえもすっかり忘れて今に。
あはは こんなんです・私。。。

とらみさん、おはようございます。
英語、ぜひ励まれてくださいませ(^^*)

>100均で買った 「旅行に役立つ英会話」の本を
>なんと 繰り返して読むこと 100回!!
それはすごい!

>これには、アナウンサーも私(笑)も感心しきり。
私も仲間にいれてください(笑

その男性、英会話本を全部記憶してしまうくらいの
勢いだったんでしょうね。
英語の一番の上達のコツは
英語の文章を覚えてしまうことだそうです。
中学校のテキストを繰り返し読んで覚えてしまうだけで
格段に上達するそうですよ。

じっちゃんさん、多方面でいろんな知識をお持ちで、生き字引きみたいだなあと感心しております。
私も遠い昔、英語が大好きでした。英語というよりは英語を使った環境というのでしょうか、洋楽とか洋画とか。
歌を覚えると発音や意味も覚えられ、あ~英語はリズムで覚えるといいんだなあと納得したもんです。
洋画も高瀬鎮男氏とか清水俊二氏の字幕翻訳者を知り、戸田奈津子さんを尊敬するほどです。学校に内緒で映画館でバイトしました。海外にペンパルもいました。
でもでも、海外旅行は夢の果てです。
じっちゃんさんの、今回の辛口批評、興味深いです。
「好きこそものの上手なれ」・・・中学時代にテレビの英会話で必死に覚えたフレーズ、今でも口から出てくるんですから。

横レスで恐縮ですが・・

ピットママさん、 自己紹介は練習されておく価値? 必要アリです。 アメリカってどういうオケージョンでも先ずこれから始まる、 といっても過言じゃないと思いますから。 パーティーでも! 人がよると直ぐ自己紹介から始まりますから、 ね。

練習する場合、 チョコッとユーモアを入れるとグ~っと点数があがらいますよ。 私は下手ですけど。。。 v-407

じっちゃん、 こんにちわ。
「説明下手」・・
これって損ですよ~。 体験中ですのでよ~く分かります v-398

他人に聞いてもらおう、 読んで貰おう、 と思ったら日本語を先ず上手に使えるようでないといけません。 これは自分に言い聞かせてるんですが、 そうしながらも厚かましくブログなどしておりまいして。。。v-394

翻訳もそうですよね。
英語を理解するのと同時に先ず日本語を操る名人でないと!

私など、 滞米生活が長いから訳すのなんてお茶の子さいさいだろう、 と思われがちですが他の人達はともかく私の場合日本語が錆び付いてしまってるので難儀をします。
( I can only speak for myself, though. )


要するに・・・耳から入ってくる英語を日本語に置き換える作業をしなくなってしまってるんでしょう、 ねぇ。

話がドンドン逸れてしまいそうなのでここでストップしま~す v-435

v-22みけぼーいさん、こんばんわ。
>じっちゃんさん、多方面でいろんな知識をお持ちで、生き字>引きみたいだなあと感心しております。
いやー、それほどでも(*^-^*)>

>私も遠い昔、英語が大好きでした。
そうなんですか!

>洋画も高瀬鎮男氏とか清水俊二氏の字幕翻訳者を知り、
>戸田奈津子さんを尊敬するほどです。
私もお三方は尊敬してます!

>学校に内緒で映画館でバイトしました。
>海外にペンパルもいました。
へえ、すごいなあ。
私はどちらも経験ないです。

>でもでも、海外旅行は夢の果てです。
そうなんですか。
一度行ってみられるといいんですがね。
人生観変わりますよ。

v-23モナカさん、こんばんわ。
>ピットママさん、 自己紹介は練習されておく価値? 
>必要アリです。 
私も激しく同感です。

>チョコッとユーモアを入れるとグ~っと点数があがらいますよ。
これ、確かにそうですが、私も苦手です。
ユーモアを入れようとすると、わざとらしくなってね。

>「説明下手」・・
>これって損ですよ~。 体験中ですのでよ~く分かります
私も体験中です(笑
社長によく言われてます。
その社長も私から見ると説明下手ですけどね。 

初めまして、じっちゃん。
当方はビジネスのために英語を再学習しているWackyと申します。(^-^)

さて、じっちゃんが紹介されている西巻氏の著作ですが、当方は幾つか買い揃え読み込むことで、かなり英語に対して理解を深めることが出来るようになりました。

原書を読むにしても分からない語彙だけ大まかな日本語で捉え、後はSVOP式に解釈していけばいいことが分かったので素晴らしい理論だと当方は考えております。

ところで、じっちゃんの著者に対する幾つかの疑問に対し、当方が出来る範囲で補足させて頂きたいと思います。

>「beに存在の意味はない」
※逆になぜ「存在」と考えられるのでしょうか?
著者を擁護するつもりは全くありませんが、「事実である」と考えればbeがどこにあろうと整合性が成り立つと思うのですが如何でしょう?
当方はすぐに納得出来ました。
そして、判断詞としてのwill/can/may/must/shall及びそれらの過去形に関しても同じことが言えると思います。
ただbeについては、あらゆる辞書において「~がある」などと記述されていますから、これを覆すと言うか解釈をし直すのはかなりの困難を伴うでしょう。

>「SVやSVOだけでは文になっていない」
※何をもって『文』というのかはなかなか難しいのですが、ようは「OPがないと尻切れトンボになってしまう(情報不足)」というのが著者の言い分だと当方は考えています。
 例えばある人が咄嗟に「I was impressed(私は感銘を受けた)」などと発言した場合、聞き手からどういう反応が返ってくるでしょう?
  恐らく「え?何に?」「それで、何に?」と言ったとこでしょう。
  ですから普通は補足するために後ろに言葉が続くので、SVやSVOだけでは文にならないということだと思います。
 前後の状況でOPが省略出来る場合は「文」として通用するでしょう。

>「英語は動詞と名詞の区別がほとんどない言葉」
※これについては、確かに西巻氏の説明不足でしょうね。
一つの例として「train」という言葉を取り上げます。
動詞として用いれば一般的には「訓練する」、名詞でしたらまあ「電車」でしょうね。
日本語だと全く異なる言葉・・・なぜこうなると思われますか?

英語は同じ概念であれば同じ言葉を用います。
この場合、「train」という言葉の核となる意味は「連続しているモノ・あるいはコト」です。

同じことを繰り返すから「訓練」であり、同じモノが連なっているから「電車」なのです。

西巻氏は「前置詞」についてだけ中心的概念を説明していますが、あらゆる言葉にも当てはまるのです。

「flower」=花・(才能が)開花する、これも同様です。

この概念(コア・ミ-ニング)に関しては、大修館書店より出版されている『英語感覚が身につく実践的指導・コアとチャンクの活用法』を御覧頂ければと思います。

とは言え、ネイティブが何を同じように見て表現しているのかを会得するのはなかなか大変でしょうね。

当方もその点で苦労している今日この頃です。(^^;)

以上、自論ばかり述べて申し訳ありませんが、じっちゃんのお役に立てればと思い投稿させて頂きました。

またちょくちょく訪問しますね。(^0^) Wacky

Wackyさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

SVOP方式の考えは私もすばらしい考えだと思います。
ただ、 私として物足りなく思うのは、SVOP方式を知った
ことによって、これまでに比べて英語の理解が格段に
進んだかというと、それまでの実感はないことです。
「珍説」(by 私)云々よりも、そこのところが『英語力』に
満点をつけられない理由かも知れません。

この本を読む前に期待していたのは、やっかいな句動詞の
理解が進むことでした。これについては西巻氏の主張する
「句動詞では動詞よりも副詞や前置詞の方が重要」という
のはとてもよくわかりましたが、だからといって句動詞の
意味がこれまでよりも格段に分かりやすくなったという
実感は得られていません。これはもちろん私のSVOP方式に
対する理解がまだ足りないからなのかも知れません。

また、私の言う「珍説」については、私の鈍い頭が理解
できないだけで実はご指摘の通り「卓説」なのかも
しれません。コペルニクスの天動説やダーウィンの進化論
を持ち出すまでもなく、卓見はしばしば凡人には珍説と
見えることがありますからね。

それら「珍説」について丁寧にご解説いただいたにも
かかわらず残念ながらまだ理解できていません。
私に「理解しよう」という気持ちがないためかも
しれませんので、もう一度『英語力』をひもといて
読んでみようと思います。他の方に教えてもらおうと
するのではなく、自分で理解しようとしなければ物事の
本質はつかめませんからね。

ご紹介いただいた『英語感覚が身につく実践的指導・コア
とチャンクの活用法』は読ませていただきたいと思います。
ご紹介ありがとうございました。

Wackyさんとじっちゃんの丁々発矢の?打々発矢?丁々発止?打打・・・?
あぁこんなところで躓いてしまいました~)^o^(

・・・・・のやりとりが最高!\(◎o◎)/!
こういうの大好きです。

勝気なじっちゃんが頑張って冷静さを保っているのが愉快!(^O^)

Wackyさん是非またいらしてください。
じっちゃんも歓迎だと思います。(^_^)v

ケイさん、高みの見物を決め込んでますね(⌒_⌒)

>勝気なじっちゃんが頑張って冷静さを保っている
誤解を招きそうなことを言わないでくださいよぉ r(´ゝ`;)
私はいつでも謙虚かつ冷静なんですから(^^*)

>じっちゃんも歓迎だと思います。(^_^)v
それは間違いありません。

そうでした!
じっちゃんはもともと沈着冷静な方でした!<m(__)m>
あ、謙虚もですねっ。(^O^)

なにか言われるとすぐカチッとくるのは私です。^^;
B型だから同じだと思っちゃいましたよ~)^o^(

とにかくいつも同感だったり、いつも同意見では進歩がなくて楽しくないですからね。

私は反論したくてもじっちゃんより知的レベルが低いのでできません。

だからたまにへそ曲がりコメントをしています。

これから楽しみです。(^_^)v
(Wackyさんて日本人なのかなぁ?ウィッキーさんのもじりかなぁ?)

ケイさん
>なにか言われるとすぐカチッとくるのは私です。^^;
>B型だから同じだと思っちゃいましたよ~)^o^(
いや、同じです(;^_^ A
でも、最近、そういうのはいい面もあるけど、害悪の方が
多いんじゃないかなと思い始めてます。
だから、最近は自分を抑えることを学ぼうと考えてます。

>ウィッキーさんのもじりかなぁ?
それはないんじゃないでしょうか?
いや、あったりして・・・。

何だか当方が留守の間に、ビッキ-だかウィッキ-だか色々噂されておるようですが。。。A^^;)

じっちゃんとケイさんの掛け合いが面白くてチョットばかし見物してても良かったのですが(爆)、何を隠そう当方は純粋培養の関西人です!
Wackyは単に名字を捻っただけのことです、ハハハ。(^o^)V

ところで、当方は例の西巻氏とは実際にお会いしております。

1度目は06年8月に東京での【VSOP短期講習】(金欠の当方は高速バスで8時間掛けて行きました!)で、そして2度目は昨年5月に大阪で開催された著作出版記念講演においてです。

いずれも、当方は一番前の席に陣取り熱心に聴いていましたから、御本人はすぐ分かると思いますよ。(^^;)

う~ん、西巻氏の印象はどうなんでしょうねえ???

じっちゃんが仰るように、説明の仕方に若干の歯切れの悪さがあるのは否めないかも知れませんね(苦笑)。

あ、ですけど日本の正しい英語教育の発展に対し、情熱をもって真摯に取り組む姿には当方は大変好感を持てましたよ。

じっちゃんも機会がありましたら、ぜひ東京・広尾の講習会に足を運んでみては如何でしょうか。

さ、本日はこんなもんにしときましょか。
暫くは御二方のやり取りを眺めつつ、頃合を見てコメントさせて頂きますね。ではでは。(^-^)

Wackyさん、おはようございます。

タイミングよく、アマゾンに注文していた
『英語感覚が身につく実践的指導・コア
とチャンクの活用法』が昨晩届きました。
早速今日から通勤時に読みます。

西巻さんの講演(講習会)は一度聴いてみたいですね。

作者なり筆者なりに直接会うと肌で感じるものがあって、
解釈も微妙に変わってくることもあるでしょうね。

関西人のWackyさんはきっと脇阪兵庫とかいう名前ですね!

ケイさん

でしょうね。

脇坂は当たりかも!

じっちゃん、御無沙汰しております。
あれから半年ほど経ちましたが如何御過ごしでしようか?(*^-^*)

じっちゃんの事ですから、きっと英語の読解力は飛躍的に伸びておられるのでしょうね。

さて、当方はその後も相変わらず『VSOP英文法』で英語と向き合っていますが、学べば学ぶほどその理論の完成度の高さに驚くばかりの毎日です。

そんな当方ですが、ふと思い立って来月下旬に『TOEIC』を受けようとただ今勉学に勤しんでいます。

米国バロン社より出版されているテキストを使っているのですが、『Reading』課の文法用語の羅列には閉口してしまいましたね。(苦笑)

いかに現行の英文法教育が、『5文型と他の例外』という呪縛に囚われているかがよく見えてきます。

全てSVOPで解釈すれば問題そのものはさして難しいとは思えませんが、如何せん当方は単語力不足が致命的だということが明らかになり困惑しております。(^^;)

ところで、当方は西巻氏の理論を基にした英語習得ブログをただ今作成しております。

『VSOP』では4つの成分についての説明がほとんどですが、当方はそれを発展させて『次から次へ言葉を繋ぐ英語思考』をコンセプトにした自論をブログ上で展開していきたいと思っております。

現在コンテンツの充実を図っている最中ですので、今しばらくお待ち下さい。

完成の暁にはアドレスをお伝えしますので、ぜひとも御訪問頂けたらと思います。

じっちゃん、また近々こちらに遊びに来ますね!(^o^)

PS、脇坂・・・惜しい!本名は『脇』です。(笑)

Wackyさん、お久しぶりです。

おススメいただいた『英語感覚が身につく実践的指導・コア
とチャンクの活用法』読みました。
非常に充実した内容で感銘しました。

>西巻氏の理論を基にした英語習得ブログ
楽しみにしております。
西巻氏のVSOP理論はすばらしいと思いますが、
まだまだ未完成ですし、説明もイマイチお上手でない
ところがあるので(西巻さん、ゴメンナサイ)、
そこのところを補完いただければと期待してます。

著書名を思い出せないのですが、最近何かの著書で
「英語は文型なんか関係ない。SとVをおさえるだけでよい」と
書いているものがあり、共感したしだいです。
西巻氏も主張されているように五文型の弊害は
本当にその通りだと思います。

じっちゃん、こんばんは!(^o^)

朝晩はかなり冷え込むようになりましたね。

さて、先日お伝えした『英語習得法』のHPがある程度形が出来上がりましたので御報告致します。

まだ工事中の箇所も幾つかありますが、取り敢えず公表していきますね。

じっちゃんが仰るように、西巻氏のテキストだけを読むと確かに説明不足の感はありますね。

「SVOPという一文型しかない」と思い違いをなされても不思議ではないような気がします。

詳しくはHPを御覧頂きたいのですが、ようは『常にSVOPではない』ということなんです。

恐らく、もったいぶって次に出版するテキストでその辺りを解説するんでしょうね。(苦笑)

ここは先取りして、当方なりの解釈で『VSOP英文法』を御説明させて頂きますよ!(^0^)v

あと『Basic English』についての情報も公開していますので、合わせて御読みになって頂ければと思います。

当方のHPが、じっちゃんのお役に立てれば嬉しいですね。

それではまた遊びにきますね!(^o^)/ 

HP・・・http://la-mondo.com

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。