プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妃は船を沈める

妃(きさき)は船を沈める (光文社文庫)妃(きさき)は船を沈める (光文社文庫)
(2012/04/12)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

犯罪学者・火村英生が探偵役をつとめる「学生アリス」シリーズの最新作。作者の大ファンである私は飛びつくようにして買った。

長編という触れ込みだが、本を開いてみたら、中編2作が並んでいてちょっと失望。2作の中編に密接な関係があるのは確かだが、両編が全体としてひとつの大きな物語を構成しているわけではなく、長編と称するには無理がある。せいぜい言っても「連作長編」だろう。

しかし、そんな失望は作品を読むにつれ消し飛んだ。恐怖小説の名作『猿の手』が思いがけない形で事件の解決に寄与する第一部。突如の地震の発生が物語りの様相を変えてしまう第二部。どちらも、提示される謎、解決に至る道筋が魅力的で、ぐいぐい読まされる。クイーン張りのロジックに基づく推理には相変わらず冴えが見られ、大いに堪能した。

そして登場人物が魅力的なのもこの作品の美点だ。火村、アリスのコンビはもちろん、容疑者、関係者、警察側の人間、いずれも魅力的。ことに両作品に共通で登場する「妃」の人物造形は面白い。

ページ数にして250ページ程度と分量も少なく、サクサクっと楽しく読めて、読後感もいい佳作。

【じっちゃんの誤読的評価:★★★☆】
スポンサーサイト

COMMENT

おっと!
今回はかなり出遅れてしまいました
有栖川さんのご本、前にじっちゃん様のこのサイトで
紹介されて以来、読みたいなと思いつつも読んでいなかったのです
お気に入りのシリーズでしたね~
感想を拝見して益々読まなくてはと思いました!
来月、護さんに買ってもらっちゃおうかな~

今日はラウンジレッスンに行ってきたんですよ
じっちゃん様のお薦めサイトでも初級を毎日やってます~
クリックする場所を間違えてしまったりと汗ってます
指が言うことを利いてくれないのです!
困ったものです v-40 v-41

ピットママさん、こんばんは。
有栖川さんの作品は、ミステリファンにはたまらないですが、
ミステリになれていない方には「?」かもしれません。
読まれるのであれば、こころして読まれんことを。

>じっちゃん様のお薦めサイトでも初級を毎日やってます~
お役に立ててうれしいです~。

ところで、あと二日ですね。
楽しみにしております。
ピットママさんも美人ぞろいのわが家族(ウソ)に
ご期待あれ~。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。