プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月下旬(前半)は道長くんに酔った

【凡例】★5つが満点。☆は★半分。

相変わらず京都本を読んでいる。

まずは小説。
『この世をば(下)』(永井路子、新潮文庫)★★★★
 藤原王朝の頂点を極めた藤原道長を主人公に据えた歴史物語。上巻の面白さはそのまま下巻に引継がれる。道長は感情の起伏が大きい平凡人として描かれ、落ち込むとすぐ「もう辞める!」と駄々をこねる。そんな道長像が愉快。それにひきかえ道長の姉、妻、娘はみなしっかりもの。女性が歴史を動かしているとの著者の主張も説得力がある。清少納言や紫式部との交流があまり描かれていないのが残念。

続いてガイドブック。
『京都の寺社505を歩く(上)(下)』(槇野修、PHP新書)★★★★
 新書版ながら上下2分冊・合計約800ページの分量の中に505もの神社仏閣がぎっしりと詰まっている。だから、普通のガイドブックでは取り上げられない、マイナーな寺社も取り上げられている。それが貴重。著者は言う、有名どころでなくとも見るべき寺社は多いと。例えば、平等院近くの興聖寺。観光客はほとんど訪れないこの寺についての著者の説明・・・「寺社の境内へ向かうアプローチの美しさにおいて、この琴坂は数々の寺社の中でも三指に数えてよく(中略)・・・琴坂を抜け出ると、ちぎれ雲の流れる青空が豁然として開け、仏徳山の万緑を背景に興聖寺諸堂の黒々とした甍があらわれる」・・・どうですか、どうしたって行きたくなるってもんでしょ。「平等院に行くにはJR奈良線宇治駅からではなく、京阪宇治駅から宇治橋を渡って行け」などお役立ち情報も満載。京都の神社仏閣のガイドブックの決定版と言い切ってしまおう。・・・と力を入れたところで本のタイトルを見たら、すでに「決定版」と書いてあったf(^-^;)

京都本でないものも。
『読むだけですっきりわかる日本史』(後藤武士、宝島社文庫)★★★☆
 帯の文句にあるように「マンガのようにおもしろい」かどうかは別として、サクサク・すいすいと面白く読めた。ただ、語られるのは日本史の幹と太~い枝のみ。小さな枝はもちろん、かなり太い枝もばっさばっさと切られる。まあ、でも文庫本1冊に日本の歴史を凝縮するというのだから、それ以上を求めるのはないものねだりと言えよう。私にとっては日本史の流れ、特に平安時代から戦国時代までの流れが理解できたことで満足。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。