プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな宿初めて!

 宿の部屋に案内されて驚いた。まるでアパート(よく言えばワンルームマンション)の一室なのだ(写真1,2)。





 元アパートだったものを民宿に転用したのだろう。人生長しといえど、こんな宿に泊まったのは初めて。研修用の宿泊施設を民宿に転用したというのはあったけどね。でもあれは、ビジホに近かった。

 キッチンはともかく、バストイレ付きというのはよい。おまけにワードローブもあれば、洗濯機も付いている。ところが。

 この洗濯機というのが、骨董品もの。平成時代のものではないのは間違いない。二槽式でしかも洗濯・すすぎが自動ではない。洗濯が終わったら自分ですすぎを設定しなければならないし、すすいだ水の入れ替えも自分でしなければならない。しかも部屋干し。まあいいや。昔に帰ったような貴重な体験でした。

 ちゃぶ台ふうの丸テーブルがあったので、それでくつろいでる体の写真を撮ってみた。



 しかし、問題は部屋よりも夕食。果たしてアレが出るだろうか?
スポンサーサイト

COMMENT

おお! なんとレトロな!
今時こんな宿屋があるとは
お遍路を多く受け入れる地域ならでは?
楽しいですね~^^v

アイマイさん

楽しかったですよー。宿もお遍路の醍醐味のひとつですね〜

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。