プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄(メトロ)に乗って

『流星ワゴン』に続き、タイムスリップものです。そしてテーマも同じく「父と子」。

父が高名な企業家で息子の主人公は平凡な勤め人、高圧的ですぐ暴力をふるう父とそれに反発する主人公、実は陰で主人公に期待している父等々、父と子の関係も『流星ワゴン』と驚くほど似ています。『地下鉄に乗って』の方が発表が早いので、真似をしているとしたら『流星ワゴン』でしょう。少なくとも重松清は『流星ワゴン』を書く際に『地下鉄に乗って』をかなり意識していたはずです。ただ、『流星ワゴン』の場合は主人公(=息子)とその父の関係に加えて、主人公(=父)とその息子の関係も重層的に描かれる点が大きく違います。

この本のタイムスリップの仕掛けは書名にもあるとおり「地下鉄」です。ある日地下鉄の通路に見かけない出口を見かけて、そこを主人公が上って行くと...。ってわけです。また『流星ワゴン』と比較して申し訳ありませんが、こちらの方がタイムスリップの仕掛けとしてはずっとスマートですし、すんなりと入ってきます。具体的な作品名としては、今は萩原朔太郎の大傑作『猫町』しか思い出せませんが、見知らぬ道を見つけて入り込むと地図にものっていない不思議な場所に迷い込んでしまうという、昔からある伝統的な手法の延長ですしね。

この本は札幌出張の往復にかけて読もうと思って持っていたのですが、読み始めたら...

--------------------
...あまりにおもしろくて一気読みしてしまい、"往"の途中で読み終えてしまいました。おかげで、"復"用に札幌で本を一冊(※)買う羽目になりました...<(@^_^@)

※:前から気になっていた法月綸太郎さんの『生首に聞いてみろ』

さすが浅田次郎。物語作りは天下一品です。その抜群のストーリーテリングに加えて、主人公とその周囲の人間設定も魅力的で、特に主人公の勤め先の社長がいい味出してます。

ただ、父と子の和解というテーマの処理には不満が残ります。ネタバレになるので詳しくは言えませんが、読んだ人だけにわかるように言っておくと、ひとつは描かれる時代に関係することで、ひとつは描く視点に関すること、最後に落差の問題です。

そのせいもあってか、思ったよりほろりとくる場面が少なかったのも意外でした。

でも、ラスト(大トリではなくって、その前のトリに相当する部分)はびっくりでした。びっくりするとともにほろっとしました。これもネタバレになるので詳しく書けないのがもどかしいですが、地下鉄に例えれば、単線だと思ってたらいきなり脇を別の電車が通り抜けたって感じでしょうか。

【じっちゃんの評価:★★★】

スポンサーサイト

COMMENT

おかえりなさい。スープカレーって、おいしいんですね。
浅田次郎の本、好きですが、これは知りません。
私も旅行のお供に本がないと禁断症状がでます。
雑誌はあまり読まないなあ。

おむすびさん、まいどですー。

この『地下鉄に乗って』は今度映画化されるんですよ。主役は堤真一。父親役に大沢たかお、恋人役に岡本綾。

詳しくはこちらで
⇒http://www.walkerplus.com/movie/report/report4115.html

こんばんは。
いつかグアムに
だれでも気軽に空を楽しめる施設を
つくりたいとがんばっています。

できたら遊びに来てください!

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。