プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『暗い鏡の中に』



※この作品は、僕よりずっと読書家でミステリ愛好家のsugataさんにご紹介いただいた。sugataさん、素敵な本を紹介いただき、ありがとうございました※

 読んだのはほぼ1カ月前、遍路の初日、2日目である。当の本は、荷物減らしのために現地で捨ててきてしまった(※1)。スマホで読書メモを書いてはいたが、いま読み返しても意味不明な記述が少なくない。自分の記憶の危うさに驚くしかないが、そんな事情なので、ぼんやりとした印象だけを書くことにしよう。

※1 以前は読み終わった本を捨てられず、本がたまって困っていたが、今のマンションに移るときにバッサリ捨てて(※2)以来、読み終わった本はこだわらずに売るか捨てるかしている。
※2 中には幻のミステリ雑誌『幻影城』の全巻ひと揃いもあった。今思うと惜しかった


 もっとも、この作品は何を書いてもネタバレになるおそれがあるので、ぼんやりとした感想の方が、これから読む読者には親切かもしれない。

 この作品ではとても魅力的な謎が取り扱われているのだが、それが何かを言うわけにはいかない。その謎が明らかになるプロセスが、この作品の読ませどころのひとつになっているからで、読者からその楽しみを奪うのは犯罪にも等しい(※3)。ただひと言、理屈では説明ができない摩訶不思議で強烈な謎とだけ言っておこう。

※3 この本の解説やアマゾンのレビューなどは絶対に先に読まないように。その点、この本のカバーの作品紹介は抑制されていて素晴らしい。この本の面白さが読者に伝わるか危惧されるくらいだ(^^;

 もちろん、ミステリなのだから、最終的にはその謎も理屈で解明される。しかし、そこにたどり着くまでに読者は、ホラー映画並みの怖さと、ヒッチコックの映画のようなサスペンスにハラハラドキドキさせられることになる。作者の筆致が煽るような書き方ではなく、あくまで知的で静謐で上品なのが、逆にその恐怖とサスペンスを盛り上げている。その意味で、翻訳の質も素晴らしい。

 謎の真相は、下手をするとチャチと評されかねない危うさをもっていて、それを救っているのが、作者の語り口に加えて、探偵役のベイジル・ウィリング博士の知的で上品な人物造形である。博士が真相を明かす頃には、すっかり博士の信奉者になっていて、「博士の言うことなら全部信じちゃう」という気分になっているもの。ともあれ、ここのところをどう受け止めるかで作品の評価が大きく分かれてしまう。

 僕はう~んとうならされたし、万が一そうでなくとも、ここまで来るサスペンスの盛り上げ方がうまいので、許してしまったと思う。

 最後の最後の、余韻を残す締めくくり方も絶妙だ。紛れもない傑作だと言ったところで、予想どおりグダグダになった感想を締めくくろう。
【じっちゃんの誤読的評価:★★★★】
スポンサーサイト

COMMENT

No title

ピットママのパソコンの不具合なのか〜?
先ほどは、この本のアップが表示されなくなってしまいました
今は、ちゃんと表示されていますね
良かった!

海外の作品なんですね
ホラーを本で読んだことがないです
もちろん、映画も苦手ですしテレビも苦手
本のホラーのイメージが湧きません (^o ^;

でも、この方の本、この本は貴重なんですね!

No title

ピットママさん

>>ピットママのパソコンの不具合なのか〜?
>>先ほどは、この本のアップが表示されなくなってしまいました

これ、僕のせいです(^^;

まだ推敲していない段階で公開してしまい、
あわてて引っこめたのです。
ピットママさんが読んだのは
その推敲前の貴重な(?)原稿だと思われます。

女性にはホラーが苦手な人が多いですね。
うちの嫁さんもそうで、
テレビで心霊写真的な怖い話をやっていると、
手で顔を覆い、その隙間から見ています(^^;

No title



こんばんは、ミステリーやホラー、私も怖くて読めません。過去に読んだような記憶があるのですが、その時は若かったので、すぐに忘れたような?
昔の映画の「吸血鬼ドラキュラ」も怖かったです。

もし、今読めば、怖さで胃が痛むくらいでしょう。

じっちゃんさんは、読書範囲が幅広いですね。
色んな分野が読めるというのは素晴らしいです。

私は明るくて軽い物が最近は良いです。
快食快便読書術~♪
片っ端から読んで片っ端から忘れ
また図書館で同じ本を借りたりしてます(笑)

でも、よく読み直すのが、故・河合隼雄氏の
「対話する生と死」です。

No title

アイマイさん、

私はホラー映画はダメですが、
ホラー小説は何とかいけます。
嫌なら本を閉じればいいですから(^_-)-☆
お化け屋敷は入れません。
逃げ場がないですから。
もう何十年も(大人になってからずっと?)
入っていません。

河合先生の本はいくつか読んでいますが、
『対話する生と死』というのは知りませんでした。
興味深そうな本ですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。