プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異様な謎と異様な結末~連城三紀彦の新作『女王』



 近所の書店で書棚をぶらぶらと見ていたら本書が目にとまって驚いた。えっ、連城三紀彦?!

 著者死して1年あまり。まさか新作が出るとは思っていなかった。しかも分厚い。単行本で厚さ4センチはある。恐らく著者最長の作品だろう。

 思わず手に取る。そして巻末の解説に目を通してみれば、邪馬台国がテーマだという。連城三紀彦と邪馬台国……いかにもミスマッチである。大いに好奇心をそそられる。こうなると読まずにはいられない。

 邪馬台国を取り上げたミステリは何作かある。(僕が知るかぎり)そのほとんどは、邪馬台国の謎(つまり、邪馬台国はどこにあったか)を主なテーマに据えた歴史ミステリである。さて、この作品はどうか。もちろん著者のことだ、ストレートに邪馬台国の謎に迫るはずがない。それくらいの想像はつく。

 物語は異様な設定で始まる。生まれる前の記憶があるという男がいきなり登場する。しかも、その記憶は鮮明で、それなりの証拠もあって、いちがいに妄想で片づけられない。

 これから読む人の興をそがないため、これ以上詳しくは書かないが、この後、ひとつの謎が解決されれば新たな謎が加わるというふうに異様さがどんどん膨れ上がっていく。こんなに風呂敷を広げちゃって大丈夫なのか、SF的な設定でも持ち込まないかぎり風呂敷をたためないのじゃないかと心配になる。

 大丈夫、風呂敷はたたまれる。しかし、残念なことに、不器用に。異様な状況が解決された後に残ったのは、別の意味の異様さだった。それを詳しく書くのはやはりやめておこう。その異様さを是とする読者としない読者がいるだろう、僕は後者だったとだけ言っておく。そうそうもうひとつ。不器用にたたまれると言っても、くしゃくしゃにたたまれるわけではない。それなりにたたまれ、謎はちゃんと合理的に解決されるので、その点はご心配なく。

 ただ、時の壁を飛び越えるトリックは鮮やかで、意表をつかれた。こんなトリックは記憶にない。その分☆ひとつプラスしておこう。

 さて、邪馬台国の謎についてはどうなったか。ちゃんと取り上げられ、ちゃんと解決されている。僕は支持しないけどね。
【じっちゃんの誤読的評価:★★☆】
スポンサーサイト

COMMENT

邪馬台国

昔、紀伊國屋さんでパートをしていた時に
この種の謎について書かれた本を担当してました〜
結構、売れていたのを記憶しています

一冊も著書を読んだことがないですが連城三紀彦さんは
昨年、亡くなられたんですね
知りませんでした お若いのに残念ですね

本屋さんをブラブラするのが好きでした
昨今の書店は書店じゃない事が多くて閉口します
店員さんに尋ねても全然、知識がなくて呆れます〜

書店は特別な場所です
文字を持つ人間にとって、これは素晴らしいアイテム
じっちゃんの目にたくさんの本が目に止まり
こちらで紹介され感想を読むのを来年も楽しみにしています
(*^ . ^*)エヘッ

No title

ピットママさん

私も以前は本屋さんをブラブラするのが好きで、
休日といえば新刊本屋さんか古本屋さんに行ってました。
最近はネット書店が発達して、そちらばかりで、
書店にわざわざ行くことはほとんどなくなりました。

うちの近所の小さな書店も
店主が息子さんに変わってから、
ほとんど喫茶店にみたいなってしまい、
本の品ぞろえが極端に悪くなりました。
まあでも、小さな書店は生き残りに必死ですからね。
仕方ないです。

No title

連城三紀彦さん、その昔、新聞小説で「飾り火」を読んだだけで、男女物を書く人だと思っていました。渡辺淳一さんと同類かと思っていたのに、ミステリ作家だったとは!

それも邪馬台国ですか、畿内説か北九州説か謎ではありますが、連城さんはどちらだったでしょうね?

SF風に盛り上げるのは、読み応えがあったかも?
最近、本が面白くないので、ミステリも良いかもですね^^

ただ今読書中の本は、天童荒太さんの「歓喜の仔」です。
全部読む気になるかしら?

No title

アイマイさん

連城さんはミステリ作家から出発して、
恋愛小説に守備範囲を広げた方です。

連城さんが畿内説か九州説かはたまた別な説か、
そのあたりはヒミツにしておきましょう。

天童荒太さんは『永遠の仔』を読んだことがあります。
大変面白い小説でしたが、
大変重いテーマを扱っていて
重苦しい気持ちになっていたのを覚えています。

No title

私も「永遠の仔」を読みました。
同じく、重苦しい気持ちになりました。
「歓喜の仔」も、面白いのですが
最初から重苦しい題材が、これでもか、とあります。

救いがあれば、もう少し読みやすいのですけどね~

一気に読めなくなってますね(^^;

No title

アイマイさん

天童さんは重苦しいテーマがおハコですからね~。
私は年取ってから重苦しいテーマや
陰惨な内容のものは読まないと決めていて(^^;
だから天童さんのものは『永遠の仔』以来
読んでません。

はじめまして

アイマイさんのブログのコメント欄でお見かけてして
やってきました。
関西在住のnonです。よろしくお願い致します。

翻訳家さまでいらっしゃるのですね~
私には憧れのお仕事です。
実は私 長年 通信講座で翻訳の勉強をしていますが
なめらかな日本語には訳せるかも~と始めたつもりが
英語の基礎レベルで いつもつまづいていて
万年生徒のまま終わってしまいそうです(笑)

邪馬台国の謎~というタイトルには
敏感に反応してしまいます。
これまでも色々な説を読みましたが
なるほど それもそうだな~と
どれにもなびいてしまいます。



No title

nonさん、はじめまして。
当ブログをご訪問いただきありがとうございます(^^)/~~~

翻訳のお勉強をされているんですか。
ぜひ夢を実現されるよう願っております。
翻訳というのは英語力も必要ではありますが、
それよりも大事なのが(よい)日本語を書く力です。
本をたくさん読むなど、そちらの方の勉強も怠りなく。
(エラそうで申し訳ありません(^_^;))

アメリアという翻訳家・翻訳家志望者向けの
会員制サイトがあります。
年会費が1万5千円かかるので、
気軽にはお勧めできないのですが、
翻訳に関するいろいろな情報が得られるほか、
毎月課題文を提出して添削をしてもらえますし
(これでいい点をもらえると特典がある)、
翻訳会社の求人などもあって、
テスト(トライアルと言います)に合格すれば
お仕事ももらえます。
現に私はアメリアを通して今の仕事を獲得しました。
本気で翻訳家を目指していてる方ならとても
有用なサイトです(ただし、中級程度の
実力は求められます)。
ご検討ください。urlは以下です。
⇒https://www.amelia.ne.jp/userTop.do

このサイトには会員にならなくても読めるものが
いくつかありますのでご参考になさってください。
ちなみに"Flavor of the Month"というコラムに
私のインタビュー記事が載っています。
ご興味があれば、読んでいただけるとうれしいです。
こちらのurlは以下。(平岡孝というのが私の本名です)
⇒https://www.amelia.ne.jp/user/reading/flavor90_01.jsp

邪馬台国に関しては膨大な本が出てますもんね。
私もたくさん読んでいますが、
確かにそのたびにその説になびいてしまいます。
ただし、十分に説得力のある説はまだ出ていないように思います。

No title

honnyaku nituite


翻訳について詳しく説明してくださってありがとうございます。
え~っと
実は私 長年アメリアの通信教育を受けているのです。
今はマスターコースで勉強中です。

インタビュー記事も読ませて頂きました。(^-^)

面倒くさがりで すぐあきらめてしまう私には
翻訳などは無理だと何度も落ち込んでは いや でも~と
細々続けております。

でも また来年からの講座に申し込んでしまいました。
頑張ります! 

No title

nonさん

案の定釈迦に説法になりましたね(^^;
失礼いたしました。

私は通信教育も通いの講座も受けず、
独学+アメリアの定例トライアルだけで勉強して、
翻訳家になりましたが、
翻訳家になってから一度だけフェローアカデミーの
マスターコースを受けたことがあります。
自分から積極的に受けたわけではなく、
アルク社の翻訳コンテストの入賞賞品として
受講権をいただいたもので。

通信教育を行っているフェローアカデミーと
アメリアは経営母体は同じですが、
組織は異なりますよね。
nonさんはアメリアの会員にも
なっておられるのでしょうか。

マスターコースを受講されているとすると、
かなりの実力がおありだと思いますので、
アメリアの定例トライアルで腕試しするのも
いい勉強になるかもしれません。
クラウン会員になれば、
お仕事ももらいやすくなりますしね(^_-)-☆

もっとも、マスターコースが終わってからでも
いいかもしれません。同時並行は大変ですからね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。