プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議なテイストの読書案内~『ドミトリーともきんす』



 科学好きなら、タイトルの「ともきんす」という言葉からあるものを連想するはず。そうそのとおり、『不思議の国のトムキンス』シリーズである。著名な物理学者ジョージ・ガモフが著した科学読み物の名著中の名著だ。

「ドミトリーともきんす」というのは、本書の登場人物・とも子ときん子の母娘が経営する下宿(と言っても、きん子はまだ幼いので、実際に経営しているのは母親のとも子だが)。とも子ときん子で「ともきんす」というわけだが、もちろん「トムキンス」を意識している。

 下宿人は、ユカワくん、トモナガくん、ナカヤくん、マキノくんの4人。これも科学好きなら(あるいは、そうでなくとも)ピンとくるはず。そう、ノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹と朝永振一郎、雪の研究で有名な中谷宇吉郎、植物学者の牧野富太郎である。

 ここまで来れば、この本が自然科学を扱っていることは容易に想像がつくだろう。正確には自然科学そのものを扱うのではなく、自然科学書を扱っている。つまり、自然科学書のガイドブックを漫画でやってしまおうという試みである。

 漫画によるガイドブックというのが他にあるかどうか、僕の乏しい知識では判断がつかないが、きわめて珍しいことは確かだ。果たしてその試みは成功しているのだろうか。

 著者らしい、ひょうひょうとして人を喰ったような不思議なテイストはこの作品でも発揮されていて、それなりに読ませる。しかし、ガイドブックとしてはあまり機能していないように思う。

 下宿人の諸作に加えて『不思議の国のトムキンス』シリーズを取り上げているのだが、ガイドブックのキモである「その本を読みたくさせる」力があまりないのだ。著者が感じ取った各作品のエッセンス(?)を数ページの漫画で表現した後、著者の感想と作品の概要を文字で表すという構成なのだが、内容が薄く、その本の何が面白いのかあまり伝わってこない。

 それとも自分に、この本のよさを理解できるだけの鑑賞力がないのだろうか?--そう思いたくなるくらい巷の評価はきわめて高い。
【じっちゃんの誤読的評価:★★☆】
スポンサーサイト

COMMENT

No title

科学、化学、物理、学生時代、やるにはやりましたが
文系なので専門的なことは分からずです^^
苦手を通り越して別次元。

しかし、主婦なので毎日化学実験?をやってますよ。
一日三度の料理
これは、食物の加熱による化学変化~~(笑)

STAP細胞も最初はすごいな~、と思っただけ。

今は小保方さんが心配ですが…

No title

アイマイさん

私はもと理系(コンピュータ技師)なので、科学的なことに興味があり、科学読物は結構読んでます。

小保方さん、心配ですね。STAPの件は、すべて小保方さんが仕組んだこととは思えません。事件の裏に何か陰謀があるような気がしてなりません。

No title

本を読むことを4~5年前から
全くしなくなりました^^;
目が疲れやすくなったを言い訳に、駄目ですねぇ、、(笑)
お稽古の先生が、綺麗な日本語を使うことが
上達に繋がるから、読書はいいことなんですよって
言われてるんですが(・.・;)
小保方さん・・どこかで再度力を発揮してほしいです。

No title

本は娯楽ですから、
無理して読む必要はありません(^_-)-☆
読みたくなったら読みましょう。

ところで、とらみさんは何のお稽古をされているのでしょう?
そんなことも知らなくてすみません。

安い!

僕が持っている「陽だまりの樹」も、文庫版全8巻です。

それが1500円しない値段なんて安いですね~!

うちの近所の下北沢には漫画専門の古本屋があるのですが、そこは安く買い取った(一冊数10円)古本を、定価の半額から6~7割で売るというボロイ商売をしているようです。

僕もこれからはアマゾンで中古をあれこれ漁ってみたいと思います。

「陽だまりの樹」、関岡さんのブックレビューを読みたいですね。

それと、僕のブログで「Spoil」の件に関して少し書きたいのですが、関岡さんとのコメントのやり取りを、関岡さん(じっちゃんさん?)の実名入りで紹介させて頂いてもよろしいでしょうか? また、更によろしければ記事中にリンクも張らせて頂きたいのですが、如何でしょう?

No title

トキバエさん、
今回「陽だまりの樹」を買ったのは
ブックオフオンラインというインターネット古書店です。
(最近は中古もアマゾンで買うことが多くなったのですが)

古書店は「高価買取」とか言っておきながら、
こちらが知らないと思って
貴重な本でも一般の本と同じような値段で
買い取ることがあるので油断ができません。

ご依頼の件、すべてOKです。
ご自由にどうぞ。
記事になるのを楽しみしています。

るきさん

ずっと以前に
高野文子さんの「るきさん」を読みました。

のほほんとした感じが結構気にいったことを覚えています。先日もこのコミックを手には取ったのですが~
そういう難しい内容だったのですか?
大判のせいか コミックにしてはやや高いので
やっぱりやめました。




 

No title

nonさん、
『るきさん』は僕も読みました。
あれはとてもよかったです。
だから『ともきんす』も読んだのです。

『ともきんす』についてここに書いたことは
あくまで僕の感想です。
百人いれば、百人の感想があります。
・・・・・・とだけ言っておきます。

はじめまして

はじめまして。
私のブログへのコメント、有難うございました。
実は、私もこちらを訪問していたのですが、コメントを残していませんでした。
これからどうぞよろしくお願いいたします。

No title

morinoringoさん、
ようこそ!

ご訪問していただけるだけでうれしいです。
コメントは気が向いたときだけで結構です(^^)v

そうそう、面倒なら、
記事の一番下にある「拍手」ボタンを
クリックしていただくだけでも結構です。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。