プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骸の爪(むくろのつめ)

骸の爪 / 道尾 秀介
【じっちゃんの評価:★★★】

第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞した処女作『背の眼』を読んで作者(道尾秀介さん)のファンになり、以来道尾さんの作品はすべて読んでいます(といってもまだ3作しか出ていませんが(^-^;)

道尾さんの作品は、確かに若さから来る未熟で荒っぽいところもあるけれど、冒頭の謎や事件で読者を惹きつけ、その後も意外な展開の連続で読者を引っ張っていくストーリーテリングのうまさが魅力です。読者を面白がらせたいという意気込みが感じられます。

例えば第一作の『背の眼』。これは探偵役に霊現象研究家・真備を、ワトソン役にホラー作家・道尾を配した、ホラーと本格ミステリを巧みにブレンドした小説ですが、冒頭で3つの強烈な謎が提示されます。

--------------------

①ワトソン役の道尾が白峠村(作品の舞台)の河原で耳にする「──レエ……オグロアラダ……ロゴ……」という幻聴のような不気味な声(これが聞こえてくるシーンには背中がそそけ立ちました)、②本書のタイトルにもなっている、被写体の背中に二つの眼が写る心霊写真(しかも全員が自殺している!)、③白峠村で起きた未解決の児童連続失踪事件。

もうこれだけでその後の展開への期待で胸がわくわくしてきます。そしてその期待に作者は見事に応えてくれます。「──レエ……オグロアラダ……ロゴ……」の意味が解けるシーンではホント文字通り背中がぞわぞわしました。

その後の展開もどんでん返しに次ぐどんでん返しで息をつぐ暇もありません。最後の大団円まで一気読みです。唯一肝心の「背の眼」の謎がすっきりと解決しないのがすっきりしませんが、これはホラーとしての余韻を残すためだと解釈しましょう。

巷で京極さんの作品と比較されているようですが、京極さんの作品が重量級で読み通すのに多少骨が折れるのに比べて、こちらはひっかかりなくすいすい読めます。

で、『骸の爪』です(※1)。これは仏所(仏像を作る工房)が舞台になっています。闇の中で笑う木彫りの仏、その闇から聞こえる「マリ…マリ…」という声、頭から血を流す仏、連続する謎の失踪者、駐車場に突如現れる血糊の文字と、今回も最初から飛ばしてくれ、いやがおうにも期待はふくれます。

前作の謎(「──レエ……オグロアラダ……ロゴ……」&背の眼)が強烈過ぎて、それと比べるとやや弱さが感じられますが、それは贅沢というものでしょう。

問題はそれよりもその後の展開のもたつきです。探偵役の真備が必要以上に秘密主義で(本格物にはよくあることですが)、わかっていることをもったいぶって教えてくれず、最後に(例のごとく)関係者全員を一同に集めて一気に謎解きをします。トリックを実際に再現したり、犯人が意外な動きを見せたりと作者も長丁場を飽きさせない工夫をしていますが、どうしても説明口調にならざるを得ず、読者に平板な印象を与えてしまいます。真犯人は誰かを含め大きな謎は最後にとっておくにしても、それ以外は少しつづ謎解きしていく手法をとるべきだったのではないでしょうか。

とはいえ、謎解きされて初めて「アッあれが!?」と気がつく巧みな伏線、意表を突くトリック、意外な真相と読みどころは満載で、そんじょそこらのミステリに比べれば遥かに楽しめます。当分道尾さんのファンでいようと思った次第です。

※1:『背の眼』と『骸の爪』の間に『向日葵の咲かない夏』という作品があり、これも大変ユニークな
   作品ですが、真備・道尾シリーズではないので、とりあえず後回し。

スポンサーサイト

COMMENT

はじめまして

晴耕雨読さんのブログをチェックしてたら、「骸の爪」トラバしてくださってたので、
わたしのも、とトラバしようとしましたが・・・うまくいかなかった。
ブログ屋さんがちがうとむずかしい・・・
「道尾秀介」今後もよろしくお願いします。
いまどきの若いものにしては特に性格のいいやつです。とおもいます。

わー、初めてのコメントです。感激です。ありがとうございます。

おむすびさんは道尾さんの叔母様なんですね。ブログってすごいですね、こうして人と人のネットワークが作られていくかと思うと。

道尾さんの作品は、ブログにも書きましたけれど、欠点はあるんですが、なんというか志が感じられて、そこが好きです。志っていうと大げさなんですが、読者を喜ばせたい、面白がらせたいという意欲ですね、それが感じられます。

これからも道尾さんの作品は追っかけて行きたいと思います。

※追記
 トラバの方法なんですが、私の記事の最後の方にある「この記事に対するトラックバック」にあるトラックバックURL(例えばこの記事なら"http://jitchan.blog67.fc2.com/tb.php/6-53577e49")をそちらの記事の「トラックバックに送信」とか「トラックバック送付先」にコピペして「送信」ボタンなり、「保存」ボタンを押すなりすることによりできると思います。(こんなこと先刻ご承知でしょうが)

本格的評論ありがとうございます

 彼の作品をお読みいただきありがとうございます。
そこまで上手に表現するのが難しかったのですが、
評論にある指摘は私も同感です。

 だいぶ前ですが関西に帰って来た時、水琴窟の音色が聴きたいと
わざわざ京都のお寺へ一人ででかけたことがあります。

 いつか作品にでてきたらいいな、と思っています。
今後とも暖かく見守ってやってください。

晴耕雨読さんへ

コメントありがとうございます('-'*)アリガト。
晴耕雨読さんは道尾さんのおじ様にあたるんですね。
これから会社なのでとりあえずお礼まで。

はじめまして、しんちゃんです。
コメントありがとうございました。

ほんと気が合いそうですね。でも自分は洋書・翻訳はムリです。
気付けばカタカナが苦手になり、翻訳を読まなくなりました。
学生時代はクリスティを読破できたのですが。

カテゴリの増田明美を見てニヤリでした。
この本はパスしましたが、スポーツものは好きです。
箱根駅伝を観て、「風が強く吹いている」を再読したくなりました。

話が変わりますが、ブログ間のリンクをさせてもらえると嬉しいです。
よろしく~♪

しんちゃんさん、ご訪問ありがとうございます。
d(^-^)ネ!感想似てるでしょう?

なるほど、翻訳ものは読まれないんですね。
私も今は翻訳ものはあまり読みません。
昨年読んだ、コミックを除く94冊中10冊だけが翻訳もの。
それも英語圏以外とか、小説以外が多いです。
最近は翻訳で読むくらいなら原書でっていうスタンスですね。

『風が強く吹いている』て三浦しをんさんですよね。
あれってスポーツものなんですか!

相互リンクの件、了解です。
私も早速リンクさせていただきます。


リンクの件、ありがとうございます。

「風が強く吹いている」
寛政大学そばにある竹青荘というおんぼろアパートは、実は寛政陸上部の合宿所であった。なにも知らない学生たち9人が住む竹青荘。ハイジはついに10人目の入居者を見つけた。銭湯からの帰り道に、万引き犯を追いかけ、その走る姿に一目惚れ。走(カケル)だった。
ハイジは皆を集めて、この10人で箱根駅伝を目指す!と宣言した。

うちで内容紹介した文章ですが、こんな感じのスポーツものです。
これと佐藤多佳子さんの「一瞬の風になれ」はマイベストです。
機会があればぜひ!

しんちゃんさん、おはようございます。

箱根駅伝ですか。面白そうですね。
三浦しをんさんは未読なので、トライを検討します。

佐藤多佳子さんは『しゃべれどもしゃべれども』を読んだことがあります。
でも、あまり感心しませんでした。
また、『神様がくれた指』は途中まで読んで放棄。
『一瞬の風になれ』は大評判になったことを知っていますが、
そういった過去の経緯があって、手を伸ばしませんでした。
仲直り検討してみます。

女性作家は鬼門のようで、
森絵都、上橋菜穂子、川上弘美、宮部みゆき、篠田節子、恩田陸・・・(その他多数)と
有名どころとことごとく喧嘩別れしています。

はじめまして、私も道尾作品ははじめてですが、「骸の爪」を読んでみました。

>京極さんの作品が重量級で読み通すのに多少骨が折れるのに比べて、こちらはひっかかりなくすいすい読めます。
 たしかに、京極作品のような、膨大な蘊蓄はなかったですね。個人的には、蘊蓄満載の作品が好きなのですが、この作品は、様々な大小の謎が伏線となって、最後はうまくまとまっているという感じがなかなかよかったと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

骸の爪/道尾秀介

本格サークルで最近話題の道尾秀介を初めて手に取りました。骸の爪道尾 秀介 幻冬舎 2006-03売り上げランキング : 77648Amazonで詳しく見る by G-Toolsなるほど。評判になるのも解る気がする。本格スピリットに溢れた

「骸の爪」道尾秀介

骸の爪 / 道尾 秀介 「背の眼」の続編です。 滋賀県の南端、三重県と接するあたりの山間に、暮ノ宮という小さな町があり、瑞祥房はその町...

骸の爪

 初めて読んだ道尾秀介の作品、「骸の爪」(幻冬舎)。「背の眼」に続く、霊現象探求家・真備庄介シリーズの第二弾だ。  ホラー作家の道尾が訪ねた滋賀県の仏像工房・瑞祥房。彼はそこで恐怖の体験をする。不気味に笑う千手観音に頭から血を流す鴉枢沙摩(うず...
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。