プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ結願!?~四国遍路(5回目)計画中~その2

高野山奥の院
(上の図は、前回掲載したマップと対になっている、高野山奥の院のマップ。この図の左端と、前回の図の右端が重なります。なお、この図はクリックすると拡大します)

前回からのつづき)

 前回は、今年高野山が開創1200年を迎えて各種イベントが行われることを知って「えっ!」と思ったところまででした(※)。

※ 前回は「だである」調だったのに、今回は「ですます」調になってます(^_^;) 統一感ゼロですが、直すのも面倒なので、このままにしときます。

 その続きを書く前に、前回言い忘れていたことがあります。いつもは3月下旬から4月上旬にかけて行くのですが、今年は4月上旬から遍路を始めます。というのは、母校が春のセンバツに出場することになり、テレビで観戦するのはもちろん、甲子園にも行こうという目論見があるためです。

 高野山のニュースを聞いてぼくが「えっ!」となったのは、「こりゃ、高野山混むかも」と思ったからです。真言宗の総本山で100年に一度のイベントが行われるとなれば、観光客はもちろん、全国から真言宗の僧侶が押しかけて来るでしょう。となると、宿坊を早めに予約する必要があるかもしれません。

 慌ててそのイベントなるものを調べてみました。すると、4月2日から5月21日にかけて毎日大法会が開かれることが分かりました。まさに私の行く時期がすっぽり含まれています。「こりゃヤバイ!」と思い、続いて高野山の各宿坊の空室状況を調べてみました。

 高野山の宿坊には、ネット上で空室状況を公開している所といない所があります。ネット上で空室状況が分かる所を片っ端から当たってみると……。

 なんとまあ、当たる宿坊、当たる宿坊ことごとく、4月2日から5月21日の期間ずっと空室ゼロ----空室カレンダーにずらっと×印が並んでいるのです。10カ所以上調べましたが、全部そう。想定以上の事態です。

 もっとも、だからと言って、その時期は宿坊に泊まれないかというと、必ずしもそんなことはないかもしれません。高野山の宿坊の予約を一手に引き受けている高野山宿坊協会というのがあって、そこに申し込めば、空いている宿坊を探してくれるので、空きが見つかる可能性も少なからずありそうです。

 でも、“何となく”そこに申し込む気になれませんでした。希望の宿坊に泊まれないだろうとか、泊まれたとしても高野山が混雑するだろうとか、いろいろ理由はありますが、それより何より、出鼻を挫かれてしまったというのが大きいように思います。

 というわけで、計画を再検討することにしました。主な選択肢は、①このまま強行する、②時期をずらす、③高野山へのお礼参りだけ別に実施するの3つです。作った計画表とにらめっこしながら、あれこれ悩みましたが、①~③のいずれもしっくりきません。

 悩んだときは原点に帰れで、ガイドブックや遍路体験談を再び取り出して、読み返してみました。そうしているうちに、あることに気づいたのです。

 遍路では桜や紅葉を見るのも楽しみのひとつで、それもあって4月上旬や11月に行くようにしているのですが、今回回るルートでは、前半に桜の名所が多く(尾道、しまなみ海道、琴弾公園、丸亀城など)、後半に紅葉の名所が多い(五色台、栗林公園、大窪寺など)のです。ここから導かれる答えは・・・・・・もうお分かりですね。

 そう、④今回予定していたルートの前半のみを4月に実施し、後半を秋に回す----です。そうすれば遍路最後の年に、桜と紅葉の両方が楽しめ、しかも高野山宿坊問題も解決します(おそらく)。しかも、行程に余裕ができるため、寄るのをあきらめた観光地や行うのをあきらめたアクティビティを復活させることができます。旅費は少し追加になりますが、それを補って余りあるメリットがあります。

 というわけで、四国遍路は今回では結願とはならず、次回結願ということに相成りました。
(お・し・ま・い)
スポンサーサイト

COMMENT

No title

高野山のイベントと重なってしまうとは
まだまだ、お遍路しなさい、ということなのか?
成り行きで考えるというのも良いですね。

高野山は後半戦ですか、それもいいかも^^v
桜と紅葉、両方楽しめますね。

なんか、私もワクワクしそう^^

> 高野山のイベントと重なってしまうとは
> まだまだ、お遍路しなさい、ということなのか?
そうかもしんないですね(ポン!←膝を打った音)
そう考えると前向きになりますね。

> 高野山は後半戦ですか、それもいいかも^^v
> 桜と紅葉、両方楽しめますね。
災い転じて福となすって感じですかね(^_-)-☆

No title

事細かに計画を立てられ
それも又事細かに記録に残されて
本当に頭が下がりますネ。
お遍路は全く経験が無い私ですが
たまにプチ旅行をしても(旅行に限らず)
全てが適当ですから、直ぐ忘れてします始末。
もったいない事です^^;
桜と紅葉の両方を楽しむ。。。
いいですね♪最高!!

Re: No title

とらみさん

見抜かれてしまいましたねv-290
事細かに計画を立てるのは、私の性分なんです。
心配性の取り越し苦労、その上に
筋金入りの効率主義者なもんでv-356

旅はあまり事細かに計画を立てない方が
楽しいことも多いんですけどね。
それに、そもそもお遍路は
行き当たりばったりが本来の姿ですから、
そうすべきだと主張する人も多く、
私もそうしたいと思ったりもするんですが、
性分には勝てなくて(^^;

でもまあ、人それぞれなんで、
それぞれが自分の性分に会った楽しみ方を
すればいいのかなと思ってます(^^)v

なるほど!

ナイスな計画に仕上がりましたね
秋にも楽しみが増えて良かったです

しかし、開創1200年の行事が一ヶ月半も及ぶとは
高野山の宿坊の皆さんもてんてこ舞いになりそう!
長期で大変でしょうね、と心配になります〜

甲子園の方も楽しみですね
うちの息子も母校が甲子園出場になったら
ぜひ応援に行きたいと言っているのですが
なかなか、機会がありません ( ̄.  ̄;)

楽しいことはどんどん作りましょう!

No title

ピットママさん
ありがとうございます。

宿坊の経営はともかく、現場で働いているのは
修行中の若いお坊さんだそうです。
ですから、忙しくなるのも修行のひとつなのでしょう。

息子さんの母校も甲子園有力候補なんですか?
夢が実現するといいですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。